分科会を率いる尾身茂会長が有志のメンバーと東京五輪・パラリンピック開催の感染拡大リスクについての提言を政府と大会組織委員会に6月18日、ようやく提出した。その後の記者会見で「無観客開催が望ましい」と説明したが、有観客を前提とした内容の提言が多く、腰砕け感がにじみ出ていた。裏でいったい何が起こったのか。



「この提言の中ではオリンピックそのものの中止、延期についての言及がないのですが、これはどういう扱いをしたのか」

 会見では尾身会長が提言説明を終えた後、質疑応答に入ったが、その冒頭から司会者が厳しい質問をこうぶつけた。

 尾身会長は「菅(義偉)首相がG7サミットで五輪開催を表明したことで、当初は開催の有無を含めて検討していたが、検討の意味がなくなったので(今回は)触れなかった」などと説明した。

 その後も記者から提言について厳しい突っ込みが相次いだ。

「観客数については既に政府や組織委員会の方針が固まりつつある。提言を出すタイミングとしては遅かったのではないか」

「観客を入れる場合の具体的な指標についても提言した方がいい」

 尾身会長は国会で、「パンデミックで(五輪を)やることが普通でない」「感染リスクや医療逼迫の影響を評価するのが我々の責任だ」などと連日、強い発言をしていた。そのため、今回は感染レベルがどれぐらい悪化したら五輪中止にするのか、無観客開催が前提など踏み込んだ内容になるかと注目されていた分、トーンダウンの印象が否めない提言となった。

 ほぼ同時刻に開かれた東京五輪・パラリンピック組織委員会の記者会見で、橋本聖子会長らから「組織委員会がこれまでも熟慮を重ねてきた内容とかみ合っている」「尾身会長と思いはひとつ」などと尾身提言を歓迎する発言が相次いだ。まるで予定調和のような流れだ。政府関係者がその舞台裏をこう語る。

「尾身会長は非常にプライドが高い人。感染症とは無関係に最初から五輪に反対している野党政治家から利用され、五輪中止の言質を取るべく煽るような質問が度重なったことで嫌気がさしたようです。政党機関紙やSNSでも『反五輪戦士』のように扱われたことで、目が覚めたとも聞いています」
 
 今回の記者会見に前日(17日)、尾身会長が率いる分科会は、緊急事態宣言の解除に伴い、政府が提案したイベントの収容定員を上限1万人にする案を押し切られるように了承した。政府はこの流れを受け、「最大1万人」で東京五輪の観客上限を検討している。尾身会長のトーンダウンはこのときから始まっていた。

 そして違和感を強くしたのは、その分科会の場で尾身会長が政府に「科学とICTを用いた対策の提言」なるものを提出したことだ。五輪リスクに関する提言が注目を集めている最中、なぜ、突如としてICT提案が出されたのか。その時の分科会になぜか、DeNA職員も同席し、ICTについての質問に答える場面もあった。分科会関係者はこう打ち明ける。

「分科会に呼ばれてもいないDeNAがくっ付いてきたこと自体、違和感がありました。尾身さんのサポート役なら他にもIT企業はいくらでも大手がいます。実は尾身さんがいま、ご執心なのは、ICT対策です。具体的に言うとQRコードを使い陽性者の行動履歴を把握する新たなシステムを構築するというものです。尾身さんと慶応大学の同窓で元厚生労働省幹部、今はDeNAのCMO(最高医療責任者)に天下っている三宅邦明氏らとシステムを西村(康稔)大臣や官邸に売り込んでいます。官邸は困惑気味でした」

 記者は冒頭の会見(18日)で、唐突なICT提言に至った理由やDeNAが同席した経緯などを尾身会長に直接、質問した。

 想定外だったのか、尾身会長は「この一年ずっと問題意識があった。(現状では)クラスターのリンク(連鎖)がどうなっているのか、なかなかわからないので…」などとまとまりなく、長々と説明した。

 DeNAが同席した経緯については、「私は座長としてこのシステムに関与している人を知っているので、(QRコードについて)どういう問題があるのか、何かテクニカルな質問があった場合には答えてほしいと、リソースパーソン(中心人物)として呼んだ」と回答した。

 すでにシステム開発は進んでいるのか。DeNAに取材すると、「分科会提言案に関して技術的な助言を求められている中で、すでにあるシステムをなるべく活用することも含め要件検討や実現にあたってネックになっている課題の整理と解決に向けた準備はしている」(担当)と回答した。

 関係者によると、尾身会長らは5月ころからQRコードに関するシステムの議論に前のめりになり、大手IT企業のLINEも参加し、議論をしてきたという。この議論を尾身会長と進めたのが、DeNAの三宅邦明CMOだ。厚労省出身の三宅氏は厚生労働省新型コロナ対策推進本部参与でもある。三宅氏は厚労省に医系技官として20年以上勤め、19年からDeNAのCMOに就任。また、同じく厚労省医系技官出身の尾身会長と盟友関係にあり、「尾身さんとは厚労省で一緒に仕事をした関係と本人(三宅氏)が言っている」(DeNA担当)という。

 両氏がQRコードを使ったシステムに関して採用するように政府に働きかけた経緯を西村新型コロナウイルス対策担当大臣に質問すると、内閣府大臣官房から意外な回答が寄せられた。

「西村大臣と尾身先生とは、連日のように面談し、意見交換をしています。QRコードの利用については、新型コロナウイルス感染症対策分科会で提言されており、尾身先生と西村大臣との意見交換の際に、現在厚生労働省本部参与であり、DeNAのCMOの三宅氏が同席されたことが一度あります」

 ICT提言の背後に厚労省とIT企業とのコネクションが見え隠れするが、厚労省関係者はこう話す。

「同じ厚労省の役人ということで三宅氏からの話に前のめりになっているのではないでしょうか。17日の分科会での唐突な提言もその熱意の現れです。尾身会長の関心は東京五輪への提言よりICT提言のほうに実は移りつつあるのではないでしょうか」

 まもなく開催される東京五輪・パラリンピック。開催中の感染拡大リスクの検証がなし崩しになっていく中、これからその防波堤に誰がなるのだろうか。(AERAdot.編集部 吉崎洋夫)

※分科会関係者のコメントの中にある「尾身さんと(三宅邦明氏が)慶應医学部の同窓」という表記を「慶應大学の同窓」に訂正しました。関係者の方にお詫びいたします。