東京五輪の競泳は7月24日、金メダル候補を抱える日本勢にとって波乱の幕開けとなった。男子400メートル個人メドレー予選で、2019年世界選手権覇者の瀬戸大也(27)が予選落ちした。



*  *  *

 瀬戸は予選第4組に登場。スタートも8選手のうちで最も反応がよく、バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎを終えた時点でトップに立った。2位に1秒71の差をつけた。だが、最後の自由形で失速し、4選手に抜かれ、4分10秒52でゴールした。全体の9位で、8選手が出場する決勝には進めなかった。

 瀬戸は前回16年リオデジャネイロ五輪の同種目で銅メダル。2019年の世界選手権では同種目のほか200メートル個人メドレーも制して2冠を達成した。昨年10月に女性問題で日本水泳連盟から同年内の活動停止処分を受けたが、復帰戦となった今年2月のジャパンオープンで優勝するなど東京五輪での活躍が期待されていた。

 瀬戸はレース後、こう話した。

「(決勝ラインを)読み間違えました。調子が良かった分、残念です。また全力で泳いでいる姿を応援していただいる方々に見せられていないので、残りの2種目(200メートルバタフライ、200メートル個人メドレー)でそういう姿を見せたいなと思います」

 レース後の瀬戸と報道陣の主な一問一答は次のとおり。

――決勝ラインは何秒ぐらいを目指していた?

 (4分)11秒ゼロぐらいでしたね。読みをめっちゃくちゃ間違えました。伸びている若手もいたので最後混戦にはなるかなと思ってましたけど、順位は何番でもいいので、明日(の決勝)でベストパフォーマンスができるように気持ちよく最後自由形も泳いでて。みんなガーッと上げていたので。自分的には「行って」って感じで。

 リオ(五輪)で失敗した経験を生かせるというふうに思って予選を泳いでいたんですけど、ちょっと最後の自由形を読み間違えたというか。うーん。コマを進められなかったので。調子がよかった分すごく残念ですし。自分のいまの疲労感も、決勝に残っていたらほかの選手といいレースができて楽しかっただろうなというような疲労度というか、心地よい疲労感なので。なんかもう、すごくやっぱ、(五輪が)延期になってからもたくさんの人にサポートしていただいて、無事に迎えられた1発目でふがいないレースというか、自分の読み間違いで応援してくださった方々をがっかりさせてしまうような結果だったので、本当に申し訳ない気持ちもありますし。


 とはいえ、まだ2種目あるので、しっかりと気持ちを切り替えて、残りの種目も、予選のレベルが高いなというのも感じたので。いま自分が泳いだところで、チームメートも予選がすごくハイレベルだと分かったと思うので、そういうところで失敗しないように、ほかの日本のチーム、トビウオジャパンのみんなもコマを進めるように、自分の失敗を反面教師にしてもらいたいし、自分自身も気持ちを切り替えて残り2種目も頑張りたいなと思います。

――最後は前に行かれているのはわかっていた?

 がんばってんなって。自分は追いかけなくていいやと思っていて。残るだろうなと思ったけど。とはいえ、300(メートル)までは、まあまあいい感じで泳げていたつもりだったので、残念です。

―余力は残っていた?

 余力は全然ありました。今のこの感じで終わっていると、ラストの自由形はあと2秒上がりますし、ブレ(平泳ぎ)も2秒ぐらい。バッタ(バタフライ)は0・3秒ぐらい上げて、バック(背泳ぎ)も0・5以上は上げたかったので、5秒ぐらい。4分4秒台までどこまで伸びるか挑戦したかったので……。うーん、ちょっともう1回泳ぎたいですね。

――タッチしたあとは?

 (4分)10秒5だったので、やっちゃったかなって。8番かなと思ったんですけど、そんな甘くなくて9番でした。プールの自分のコースで見ていました。

――いつ予選落ちを知った?

 プールの中で、自分のコースで見ていました。8(位まで)バッと流れたときに下に(名前が)なかったので。ああ、やっちゃったって。

――自分が考えていたよりは?

 最後の自由形より、平泳ぎがもう少し速く泳いでおきたかった。全体的に200(メートル)まではすごくよかったですし。うーん、勝負の世界、難しいですね。率直に決勝でもう一回泳ぎたいというのはあります。

――平泳ぎ終わったときは1秒以上の差があった。

 フリー(自由形)は流していたんで。

――400個人メドレーのレベルを上げて、それにライバルも必死だった。

 そうですね。やっぱり決勝にコマをすすめて、世界のライバルたちと決勝で全力で戦いたかった。その機会が1回減っちゃったので、2バタ(200メートルバタフライ)、2個メ(200メートル個人メドレー)で4個メ(400メートル個人メドレー)を泳がない分、決勝の分の体力は余っているので気持ち切り替えて1個1個いきたい。

 ほんと調子よかっただけに、油断はしていなかったけど、読み間違えたというのはありますね。

――ここから勢いに乗っていきたいと話していたが。

 調子は悪くないですし、すごく予選からも気持ちよく泳げて、最初の200(メートル)のまわりとかも速いので、ここから距離半分になってスピードレースになってくるので。間違いなくスピードは前より出ていると思うので、自分がやるべきことをしっかりとやって決勝のところで1種目1種目、4個メで全力で泳いでいる姿を応援している方々に見せられていないので。残りの2種目でそういう姿を見せたいなと思います。

(編集部・深澤友紀)

※AERAオンライン限定記事