7月23日夜、東京五輪の開会式に天皇陛下は一人で出席し、開会宣言を行った。世界が新型コロナウイルスの脅威と向き合う中、込められた思いとメッセージを読み解く。AERA2021年8月2日号から。



*  *  *
「私は、ここに、第32回近代オリンピアードを記念する、東京大会の開会を宣言します」

 天皇陛下は7月23日、開会式でこう宣言した。五輪憲章が定めたcelebratingという言葉を「祝う」でなく「記念する」としたことが注目された。陛下には、既定の道だったように思う。

 選手はリスペクトする。が、コロナ禍での五輪開催は憂慮している。陛下のそういう思いが要所要所で伝わってきたのだ。始まりは6月24日、宮内庁の西村泰彦長官の定例会見だった。開会式まで1カ月というタイミングで、「五輪開催が感染拡大につながらないか、(陛下が)ご懸念されていると拝察している」と長官が発言した。

■国民感情を共有する

 陛下の思いを、「拝察」にくるんで国民に伝えた──。そういう理解が広がった1週間後、宮内庁が発表したのが、「7月1日に陛下と雅子さまが、日本オリンピック委員会と日本パラリンピック委員会に金一封を贈った」というニュースだった。「日本選手団を奨励するため」ということだった。選手は奨励する、五輪の運営は懸念する。それがお二人の思いなのだと伝わる実に絶妙なメッセージと感じいった。

 五輪開催について「国論が二分されている」と言われる。だが、分かれているのは運営側への不信の濃淡ではないだろうか。選手は応援したい。そこまでは皆、同じ。コロナ禍での運営への不安。そこも同じ。その先の不信の濃淡が違う。

 そう思うと、「ご懸念→奨励」とは、ごく普通にある国民の感情そのものだ。お二人は、それを共有している。絶妙にそれが伝わってきた。そしてその5日後、また絶妙な出来事があった。

■英語で「懸念と奨励」

 7月6日、「天皇陛下が新型コロナウイルスのワクチンを接種した」と宮内庁が発表した。が、雅子さまの接種についての発表はなかったのだ。当初は陛下の接種も公表しない方針だったが、「国民の象徴である陛下については公表するのが適当」と判断し、陛下の了解を得た上で発表したという。

 接種は、住んでいる場所や職場で差が出ている。そういう状況の中で「打った、打った」と語るのは、品のいい振る舞いとは言えない。お二人はそう思ったのだろうと勝手に拝察した。それが普通の国民の感情だからだ。そして、こう思った。お二人の行動基準は「国民の普通の感覚」。そのことを、コロナ禍と五輪がはっきり見せてくれた、と。

 7月20日、宮内庁は陛下の開会式出席を発表した。開会式の3日前のことで、雅子さまは同席しないとのことだった。

 22日に陛下はバッハ会長らIOC関係者と面会した。23日にはジル・バイデン米大統領夫人や各国首脳らと面会した。続いた面会はいずれも陛下だけの臨席だった。宮内庁は「各国首脳らに合わせてのこと」という趣旨の説明をしていたが、お二人の意志ではないかと思う。

 昨年4月、感染症対策専門家会議の尾身茂副座長(当時)を招いて以来、お二人はいつも並んで進講を受けてきた。コロナ禍について初めて国民に語りかけた今年1月1日のビデオメッセージも、お二人一緒だった。五輪にあたっての面会や開会式もそうすることはできたはずだが、しなかった。陛下単独という形でコロナ禍での五輪であることを示したのだと思う。

 7月22日と23日、陛下は英語でお言葉を述べている。2日とも共通していた言葉がある。最初から2番目の文章の「現在、世界各国は、新型コロナウイルス感染拡大という大変に厳しい試練に直面しています」と、最後の「皆様と共に全てのアスリートのご健闘を祈ります」。

 懸念と奨励。お気持ちが率直に表現されている。陛下と元外交官の雅子さま、お二人が練った文章ではないだろうか。(コラムニスト・矢部万紀子)

※AERA 2021年8月2日号