TOKYO FMのラジオマン・延江浩さんが音楽とともに社会を語る、本誌連載「RADIO PA PA」。「アナザーエナジー展:挑戦しつづける力‐世界の女性アーティスト16人」について。



*  *  *
 アーティストは鋭い感覚で時代の匂いを嗅ぎ、作品にする。アートを通して僕らは時代の「先端」と「歴史」、そして「現状」に触れることができる。

 森美術館の「アナザーエナジー展:挑戦しつづける力─世界の女性アーティスト16人」は72歳から106歳まで、50年以上のキャリアを持つ女性作家の作品展。

 NYから帰国中の美術評論家、梁瀬薫に誘われた(僕の従妹だ)。彼女によると「アートは西側諸国の白人男性優位の価値観から始まった」

 南米、アジア、東側の女性が注目されたのはここ15年程。この展覧会ではアーティストの年齢と出身地を敢えて打ち出し、「アートを通して挑戦し続ける意味」をインタビュー動画も交え示している。「地球環境、国際政治、ジェンダーの意識がわかるの」

「わからないという状態が私にとっては制作で、新たな冒険をする動機であり続ける」(フィリダ・バーロウ)、「大多数(社会)に『ノー』といわれたすべての人たちに『イエス』というもの」(センガ・ネングディ)……。

「進むためのエネルギーは自分の中にあり、それが良いか悪いかを前もって知ることはない」というリリ・デュジュリーは、時間をテーマに創作している。粘土をこねた手の動きが見てとれる彫刻のキャプションには「手が触れたものは全て、私たちの中に記憶として残る」

 スザンヌ・レイシーの『玄関と通りのあいだ』は、NYブルックリンに集った365人の活動家が女性の問題について討論、約2400人がそれを傍聴したパフォーマンス作品。「性別、人種、フェミニズムについて議論するアート」だという。

「私は長い間待っていました。『バスを待っていればやがて来る』という言葉があるでしょう。私はバスを一世紀近くも待った」とキューバ生まれで106歳のカルメン・ヘレラは語る。

 ホイットニー美術館で大規模な回顧展を開いたのが101歳。ハバナで建築、NYで絵を学ぶが、「あなたは女性だから個展を開くつもりはない」と画廊の女性に告げられ、「平手打ちされた気持ちでその場を去った」との記憶は痛切だった。

「誰も私が画家だとは知らなかった」

 コロナのパンデミックで世界では既成の価値や常識がリセットされつつある。コロナ禍を突発的な疫病というだけでなく、「グローバル化」や「SNSの普及」「ポピュリズムの台頭」などと同様に世界を変える要素ととらえているのが村上春樹さんだ。「村上RADIO」に関するインタビューで「それらの要素が一緒に来て絡み合っていた、という気がする。僕が一番心配なのはこの状況で若い人がどう感じ、どんなふうに変化していくのかということ。良くも悪くもなる可能性がある。少しでもポジティブなものを作って提供していくのが小説家やラジオなどの役目、責務だと感じる」と語っている(日本経済新聞6月29日)。

「少しでもポジティブなものを提供していく」役割はアートにも通じる。

 展覧会タイトルに「アナザーエナジー」とあるが、僕は今回の展覧会でジェンダー問題から社会の不具合を正そうというアーティストのほとばしる「エナジー」を感じた。

延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

※週刊朝日  2021年8月6日号