7月29日、福岡県中間市の私立認可保育園「双葉保育園」で倉掛冬生(とうま)ちゃん(5)が送迎バスに閉じ込められて熱中症で死亡するという痛ましい事故が起きた。園の送迎バスの降車時に、運転していた園長が冬生ちゃんを降ろし忘れるという信じられない行為による死亡事故だっただけに、園にも批判が殺到した。なぜこのような悲惨な事故が起きてしまったのか。送迎バスは園児にとって「安全」ではないのか。元保育園の園長が自らの経験を元に、この事故の“不可解さ”を語った。



*  *  *
「置き去りにされてしまった理由として、園長が話した『泣いている子をなだめるのに気をとられていた』という言い訳はあり得ません。保育士は送迎バスの中では忘れ物ひとつでさえ気を使う。今の時代は本当に親のクレームが怖いですし、バスの中に忘れ物が発覚しただけで、園もスタッフも大騒ぎになるほどです。だからこそ、なぜこんなことが起きてしまったのか、いまだに信じられない思いです」

 関東地方で2年前まで保育園の園長をしていた山崎芳江さん(仮名)はこう語る。園長時代には、山崎さんもバスでの送迎に同乗したことがあったという。その経験から、今回の行為がいかにあり得ないことかを話す。

「長靴や水着バッグなど、毎日の持ち物以外の持ち込みがあったときは、登園時に子どものロッカーに『長靴あり』と札を出して、降園準備をするスタッフに申し伝えをします。車内の忘れ物を確認するだけでもそれだけ必死ですし、神経を使っています。ましてや、子どもをバスの中に置き去りにしてしまうことなど、想像もできません。バスに乗り降りする際、目視だけでなく、必ず人数を確認します。そうした基本動作すらできていなかった背景には、園の人手不足もあるような気がします」

 今回、バスを運転していたのは40代の女性園長だった。園長自らがバスを運転して死亡事故を引き起こしたことから、「園長なのにとんでもない」というバッシンングも起こった。だが、山崎さんは「園長しか運転手を確保できなかった可能性もある」としてこう話す。

「子どもを預かる施設はどこもスタッフが不足していて、運営は大変です。薄給のうえ、労働時間も長いため、十分な数の保育士を確保することが難しいからです。限られたスタッフで園にいないといけない人を確保しようとすると、朝の忙しい時間帯は『じゃあ、園長行ってきて』みたいな状況になってしまう。私はドライバーはやりませんでしたが、毎日が綱渡りの状況であることは確かです」

■送迎バス問題の裏にあるもの

 送迎バスの運転手も確保も問題で、常時「運転手募集」が貼られている園も少なくない。

「私が園長を務めていた園の送迎運転手さんは50歳くらいの独身男性で、介護が必要な高齢の両親と同居していました。そのため、限られた時間、限られた地域での仕事しかできない事情からドライバーさんをやっていた。薄給でしたが、介護しながらできる仕事がそれだけだったという感じでした」

 送迎バス問題の裏にはそんな社会問題が色濃くある。

「バスによる園児の送迎は便利だとか、小さい子が保護者と歩いて登園するより安全だとも思う人もいると思いますが、事故の元にもなっていることも確かです」

 もうひとつ、山崎さんが違和感を覚えたというのは事故後の園の対応だ。園長がマスコミの前で事故の状況を話したことは「園の危機管理ができていない」と感じたという。

「あの場で当事者がしゃべってはダメでしょう。保護者に対しては事故の状況を本人がきちんと説明しなければならないと思いますが、マスコミに対しては運営者の福祉法人の代表が話すのが普通です。なぜ、あんな対応をしてしまったのか。これから登園記録からお散歩の記録まで、当局によって徹底的に調べられると思いますが、そちらでもほころびが見つかる可能性が非常に高そうな園だと感じました」

■監査では「問題なかった」

 山崎さんによると、保育園には「ヒヤリハット報告書」という文書があり、園での事故、事故未遂は必ず記録し、それを一定期間保管することが義務づけられているという。書式に沿って、発生日時、事故を起こした人、目撃者の名前を書いて、最後に園長が印鑑を押す。それに基づき、再発防止のためのミーティングも行う。

「子どもの命を預かる仕事なので、バス内の忘れ物とか、水がこぼれて危ないとか、もう、びっくりするくらい些細なことでも徹底して書くんです」

 それに対する行政による抜き打ち査察もある。

「『あなたのところ、ちゃんと運営している?』って感じで突然やってきて、ヒヤリハット報告書も含めて、すべての書類を見られます。もし、園長の印鑑がなかったりしたら大変なことになる。それくらい厳しいものです」

 私立の幼稚園や保育園の場合、査察の結果が行政からの助成金に直結する。それだけにシビアなチェックが行われるようだが、双葉保育園の場合はどうだったのか。

 同園を管轄する中間市保健福祉部こども未来課の担当者は「査察ではなく、監査です」としたうえで、「(双葉保育園にも)毎年、監査を行ってきましたが、特に問題は見つからなかった」と言う。

 ただし、監査は抜き打ちではなく、事前に園に通知したうえで行われてきたという。

「福岡県の場合は、どこもそうです」(同)

 送迎バスの運行については通常、運転手のほか、保育士が同乗し、園に到着後は車内の確認を行ってから下車するそうだが、保護者が児童を送迎バスに乗せる際、どのような手順が定められていたかまでは、市は把握していなかったという。

■アメリカとの大きな違い

 ちなみに、スクールバスによる通学が一般的なアメリカではさまざまな安全対策がとられ、日本とは大きく状況が異なるという。

 NPO法人 Safe Kids Japan事務局の太田由紀枝さんはワシントンに拠点を置くSafe Kids Worldwideのスクールバスの担当者に取材した経験からこう語る。

「今回は園長先生が運転していたわけですが、日本では車種に合った運転免許を持っていれば誰でも送迎バスを運転できる現状があります。アメリカではドライバーの資格ひとつとっても、まったく違います」

 スクールバスのドライバーになるには選考段階で性犯罪を含めて犯罪歴がないこと、ドラッグやアルコールの問題がないこと、重大な交通事故を起こしていないことなどがチェックされる。

 そのうえで試験を受け、合格したのちも応急手当てや心肺蘇生術なども習得しなければならない。

「アメリカの場合、就学児の約95%がスクールバスで学校に通っていますが、『子どもの安全な通学』ということに対する気迫が日本とはまったく違います。私はアメリカに暮らし、子育てをした経験からも、日本との違いを痛感しました」

■置き去り感知センサーの設置を

 さらに太田さんは今回のような子どもの置き去り事故について、目視などのチェックだけではなく、別のアプローチも必要という。

「子どもの事故については、個人を非難しても事故の予防にはつながらない。人間の注意力に頼っていては、また同じような事故が起きてしまいます」

 欧州には自動車の安全性能の評価を行うユーロNCAP(エヌキャップ)という組織があり、2022年から新たな審査項目として、子どもの置き去りを感知するシステムが加わる。それだけこの問題が注視されているということだ。

「これは乗用車の話ですが、世界的な傾向として、そういう方向に進みつつあります」

 ただし、日本の状況に目を向けると、楽観はできないという。

「通園バスにはシートベルトもチャイルドシートもない状態ですから、とても置き去り感知システムがすぐ実装されるとは思えない。それに幼稚園や保育園の多くはそのための予算も計上していません。国が働きかけることで、自治体なりが助成して、システムがすべての送迎バスにつくようになるといいですね。社会全体がそれを後押ししてほしい」

(取材・文=AERA dot.編集部・米倉昭仁)