自宅療養者が増え続ける今、もしものときに備えておきたい。水や食料品などの備蓄をイメージしがちだが、病院や保健所など事前に確認しておくべきことも大切だ。「自宅療養」を特集したAERA 2021年9月20日号の記事を紹介。

*  *  *

 モノ以外に「決めておくこと」や「知っておくべきこと」を確認しておくのも重要だ。例えば家族で誰が感染したら、誰が家事をやるか。その分担をイメージして話し合っておく。

 自宅療養者へのオンライン診療などを実施している「ロコクリニック中目黒」共同代表医師の瀬田宏哉さんはこう話す。

「そこは症状の重い人は休み、家族の中で感染していない人、症状の軽い人が協力して家事などを分散してやる。つまり元気な人がやるしかない状況になるのが現実です。子どもが感染しても、一人にさせておきにくい。家庭内の感染はしょうがない部分もでてきています。家庭の外に感染を広げないのも、大きなポイントになると思います」

家族の役割分担については、こんな可能性もあり得ると話すのは、東京医療保健大学大学院の菅原えりさ教授(感染制御学)だ。

「陽性者が比較的軽症のまま10日間の隔離期間が過ぎ、元気になったとします。陽性者の世話をした家族はあと14日間隔離ですが、理屈上、この陽性者は『フリー』になり、買い物など濃厚接触者のケアができる。そんなことも知っておくといいかもしれません」

 もし家族で陽性者が出たら、どの部屋に隔離するのがベストか。これについても、事前に決めておけば事はスムーズに運ぶ。日本在宅医療連合学会代表理事の石垣泰則さんはこう話す。

「たとえば家の間取り図を描いてみて、隔離する人の動線も想定して『トイレに近いからこの部屋かな』『消毒液や使い捨て手袋はここに置こう』など色分けをしてみる。コロナ対策について家族で話し合う、いい機会にもなると思います」

■「頼れる先」を探そう

 いざ自宅療養になったときに「頼るべき先」はどこか。石垣さんは、それをいまからきちんと知っておくと、慌てずにすむかもしれないとも指摘する。

「自分の地域の保健所はもちろんですが、保健所からの支援依頼を受けて24時間対応の医療相談や電話などによる健康観察、食料品の配送をしてくれる『自宅療養者フォローアップセンター』もあります。また、気持ちがつらくなったときは『こころといのちのほっとライン』などの相談窓口もある。こういったサービスの一覧は地域の行政機関で用意されていることが多いので、情報を集約し、手元に置いておくことが重要です」

「頼るべき先」として真っ先に思い浮かぶのは「かかりつけ医」だ。しかし、ずっと健康だった人ほど、かかりつけ医がいないという皮肉な現状もある。かかりつけ医を「つくる」ために、たいしたことのない症状で受診するわけにもいかないだろう。瀬田さんは言う。

「何かあったらここを受診しよう、とあたりをつけておく。近所の評判や、『ここは発熱外来を夜何時までやっている』『オンライン診療もやっている』ということを、調べて把握しておくことが重要だと思います」

 ロコクリニック中目黒の共同代表医師、嘉村洋志さんは「かかりつけ医がいて、ふだんから服用している薬がある場合、自宅療養になったら電話のやりとりで処方してもらえるか、日頃から確かめておくといいかもしれません」と話す。

「ただ問題は薬をどうやって自宅まで届けるかです。『誰も取りに行ってくれる人がいません』とおっしゃる自宅療養の患者さんは多いんです。郵送したり、届けてくれたりする薬局もありますが、そういうときに代わりに取りに行ってくれるなど、『頼れる知人や友人』がいるかどうかが大事でしょうね」

■ネット決済に慣れる

 瀬田さんも続ける。

「自分で思い浮かべてみて、明らかにそういう存在がいないという人は、誰か見つけて『何かあったらお願いね』と言っておいた方がいいかもしれません。その点で不安そうにしている方は、とても多いと感じます」

 もう一つ重要なのは、ネットや宅配を活用した買い物や、SNSの大切さを認識しておくことだ。高齢者など使いこなすのが難しい人もいるかもしれないが、可能な範囲でうまく使えれば、自宅療養を乗り切る上で大きなアドバンテージになる。

 例えば夫婦共に感染して外出できない場合、スマホ決済の「PayPay(ペイペイ)」を使って「頼れる友人」に代金を送って買い物してもらい、玄関の前に「置き配」してもらう。そんな非接触の買い物も考えられる。

「ネットスーパーで生鮮食品を買い物したり、ウーバーイーツなど宅配で食事を調達したり。そのあたりの情報の幅を持っておくと、自宅療養の生活にせめてもの彩りになると思います。また、隔離している家族の体調を顔色も含めて確認したい時など、LINEのビデオ通話などを活用できるようになっておくと便利です」(瀬田さん)

 もちろん、そんな日は来ないほうがいい。ただ、少しでもベターな自宅療養を送り、自分も家族も無事生き延びるために、今からできることはたくさんある。(編集部・小長光哲郎、野村昌二、ライター・羽根田真智)

※AERA 2021年9月20日号より抜粋