【※ネタバレ注意】以下の内容には、映画、今後放映予定のアニメ、既刊のコミックスのネタバレが含まれます。

 10月10日、『鬼滅の刃』アニメ2期のスタートを飾る作品として、テレビ版オリジナル「炎柱・煉獄杏寿郎」が放送される。そこで注目したいのが煉獄杏寿郎の「表情のちがい」である。劇場版と原作コミックスでは、ところどころで「煉獄の表情」が異なり、彼の苦悩や悲哀に“あるニュアンス”が加えられていた。特に煉獄の大きな特徴である「目」の描かれ方は、鬼滅ファンの間でも話題になることが多い。ここでは、表情のちがい、特に目の描写に注目して煉獄の“心のうち”を考察してみる。

■原作に忠実な劇場版・アニメ版の作画

 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)の戦いが、物語の中心をなしている。

『鬼滅の刃』は、劇場版もアニメ1期も原作を忠実に再現していた。それが、鬼滅の劇場版とアニメ版の評価の高さにつながっていることは間違いない。劇場版「無限列車編」のラストを飾る、煉獄と母との邂逅シーンは、原作の感動がそのままよみがえる名場面となっていた。

 しかし、劇場版の煉獄の「表情」は、全場面が「原作そのまま」というわけではなかった。この劇場版ならでは「表情」の見せ方は、「煉獄の魅力」の多面性を描き出しているのだが、原作版とは具体的にどう違うのだろうか。

■劇場版「無限列車編」に加えられたシーン

 劇場版の煉獄杏寿郎は、鬼殺隊の最高位である「柱らしさ」が、全面的に押し出されている。そして、彼の「長男らしい」優しさ、「ヒーローらしい」カッコよさが、オリジナル場面の挿入によって、効果的に強調されている。

 無限列車編では、柱である煉獄を中心に、炭治郎(たんじろう)と禰豆子(ねずこ)、伊之助(いのすけ)、善逸(ぜんいつ)らが鬼と戦う。

 映画の冒頭では、煉獄が炭治郎に対して、まるで弟に話しかけるように、自分の隣の座席をトントンとたたき、「ここに座るといい」と優しく話しかけるシーンが挿入されている。「長男気質」が特徴づけられている炭治郎が、自分よりも「兄らしい」煉獄にうちとけていく様子が描かれる。

 さらに、劇場版には、煉獄が戦う「2体目の鬼」がオリジナルで追加されていた。この鬼が現れた際、逃げ遅れた客が1人いたが、その乗客を助けぬままに敵に突っ込んでいった伊之助のミスを、煉獄はうまくフォローしている。鬼の攻撃をかわしつつ、伊之助を安全な所に移動させ、さらに男性乗客を軽々と「お姫様抱っこ」のポーズでかかえる煉獄のカッコよさに、観客は目を奪われた。

 炎柱の象徴である白いマントがたなびく様子は、原作よりもはっきりと描写され、観客が煉獄に見とれる場面が、いくつか追加されている。

■劇場版で見せた煉獄の余裕

 煉獄が冒頭で鬼2体を倒した後に、夢を強制的に見せて敵を撹乱する、下弦の壱の鬼・魘夢(えんむ)が登場する。煉獄が、魘夢の攻撃から目覚めたシーンは、名ゼリフとともによく知られている。

<うーん! うたた寝している間に こんな事態になっていようとは!! よもや よもやだ>(煉獄杏寿郎/7巻・第60話「二百人を守る」)

 原作にもこのシーンはあるのだが、原作では素早く日輪刀を構える煉獄に対して、劇場版の煉獄は悠然と歩きながら、このセリフを口にしている。「鬼に乗っ取られた列車」という異常な状況に全く動じない、煉獄の柱らしい余裕が伝わってくる。

 劇場版では、この場面より前に、逃げ惑う乗客たちと“逆の方向”を向き、敵と対峙する煉獄の単独のショットが画面に映し出される。その時の煉獄の表情にぜひ注目してもらいたい。鬼への怒りや憎しみといった、感情のブレを一切感じさせない、「炎柱・煉獄杏寿郎」の姿がここにある。

■煉獄杏寿郎の「目」

 さて、劇場版「無限列車編」で、初めて煉獄杏寿郎を見た人にとっては、煉獄は頼りがいのあるリーダー、長男気質の優しい人物、という印象が強いのではないだろうか。

 それに対して、『鬼滅の刃』を『週刊少年ジャンプ』連載当時から見ている人や、コミックスを見ている人たちの間では、煉獄の「どこを見ているのか、わかりづらい目」が話題になったことがあった。

 煉獄は快活で明朗な性格ではあるが、そんな印象とはうらはらに、彼は表情、とくに「目線」がわかりにくい人物だ。目は見開かれていることが多く、感情のとらえどころが難しい。

 煉獄の初登場シーンは、炭治郎が鬼の妹を連れていることを断罪する「柱合会議」の場面であるが、煉獄は竈門兄妹の処刑を主張している。この時の煉獄の目からは真意が読み取りづらく、「斬首する!」という言葉が恐ろしく聞こえる。

 そして、無限列車の任務で煉獄と再会した炭治郎は、最初、煉獄の目線に対して、とまどいの気持ちを口にしていた。

<待って下さい そしてどこ見てるんですか>(竈門炭治郎/7巻・第54話「こんばんは煉獄さん」)

 この煉獄の「目」と表情に注目すると、原作と劇場版のそれぞれで強調されている、彼の性質が明らかになっていく。

■煉獄杏寿郎の表情のちがい

 煉獄家では母の病死後、炎柱だった父が無気力で粗暴な人物へと変わっていった。ある日、煉獄は炎柱就任報告のため、明るい表情で父に話しかけるが、父からは心ない返答がなされた。

<柱になったから何だ くだらん…どうでもいい>(煉獄槇寿郎/7巻・第55話「無限夢列車」)

 原作では、父の言葉を聞いた瞬間に、煉獄の顔には驚きと悲しみが入り混じる。しかし、劇場版では驚きだけが強調されていた。それはなぜか。

 このあと、場面は弟・千寿郎との会話シーンに移るのだが、原作の煉獄はうつむく場面が複数あり、悲しみを隠しきれない様子だ。それでも弟のことを思いやり、何とか自分の気持ちを立て直そうと、煉獄は大きな声で弟に語りかける。

<どうでもいいとのことだ しかし! そんなことで俺の情熱は無くならない! 心の炎が消えることはない!>(煉獄杏寿郎/7巻・第55話「無限夢列車」)

 ここで原作では、あの「どこを見ているのかわからない」煉獄の表情に戻ってしまう。しかしその目は、悲しみと落胆のただ中にあっても、未来を、人々を助ける自分の責務を、ただただ一心に見すえるため、耐えているようにも見える。

 この原作の描写に対して、劇場版での煉獄は眼前にいる弟をしっかりと見つめ、穏やかに話しかけていた。強く優しい兄の姿。劇場版では、原作での「煉獄の悲しい表情」が、極限まで減らされていることが分かる。劇場版の多くの場面では、煉獄の悲しみは、煉獄のバックショットや、顔が映されないカットで表現されていた。

■「強い炎柱」が子どもの心に戻るまで

 このように劇場版では、みんなが見てきた、強い「炎柱・煉獄杏寿郎」の姿が中心に描かれていた。それに対して、原作の煉獄は、彼自身の胸の痛みや苦悩の表情が見てとれる。私たちは、原作と映画、そしてアニメを通じて、この煉獄の2つの顔を見ることができるのだ。

 しかし、やはり、どちらの煉獄の姿も痛ましい。煉獄が最期に見せる、母への笑顔は劇場版と原作版で寸分の違いもない。責務を果たし、まるで子どもに戻ったかのような「本当の煉獄杏寿郎」の笑顔が画面いっぱいに映し出される。それを目にする私たちは、煉獄喪失の悲しみに再び包まれることだろう。

◎植朗子(うえ・あきこ)
1977年生まれ。現在、神戸大学国際文化学研究推進センター研究員。専門は伝承文学、神話学、比較民俗学。著書に『「ドイツ伝説集」のコスモロジー ―配列・エレメント・モティーフ―』、共著に『「神話」を近現代に問う』、『はじまりが見える世界の神話』がある。