10月23日、秋篠宮家の長女、眞子さまは30歳の誕生日を迎えた。皇族として最後の誕生日となる。眞子さまと小室さんの結婚は3日後に迫るが、いまだに周辺は落ち着かない。

*    *  *
 深いボルドー色のニットとまとめ髪が落ち着いた雰囲気を醸し出している。

 眞子さまが30歳を迎えた日、妹の佳子さまと住まいのある赤坂御用地を散策する映像が公開された。眞子さまが皇族として過ごすのは残り3日余り。名残を惜しむように姉妹は、池のほとりを歩き、優しくほほ笑みあう。

 秋は皇族の誕生日が続く。3日前の10月20日は、上皇后美智子さまの87歳の誕生日だった。誕生日に際して側近の上皇職が公表した文書には、眞子さまについてこうつづられていた。

<今月26日に皇室を離れられる秋篠宮眞子さまのことは、両陛下とも常に大切に愛おしんでおられましたので、お別れはお寂しいことと拝察いたします>

 結婚を祝福する直接的な言葉は見当たらない。そのため、「お寂しい」という言葉が強い響きを帯びた。

 その日、紀子さまの父親で、眞子さまの祖父にあたる川嶋辰彦さん(81)が、「東京都内の病院に緊急入院していた」との速報が流れた。前日の19日、眞子さまは皇居の宮中三殿を結婚の報告のために参拝したが、その午後に、紀子さまと眞子さま、佳子さま、悠仁さまが川嶋辰彦さんのお見舞いに病院を訪れていたことが報じられたのだ。

 容体によっては結婚の延期もあるのでは、と言及したワイドショーもあった。

 しかし、状況はやや違うようなのだ。川嶋辰彦さんはもともと都内の病院に入院しており、19日は治療の都合に合わせて計画された転院だという。

「川嶋さんの容体はいいとはいえませんが、危篤で今日明日にもといった状況ではないと聞いています」(皇室記者) 

 結婚前日の25日には、眞子さまは仙洞仮御所を訪問し、私的に上皇さまと美智子さまにあいさつをする。川嶋辰彦さんへのお見舞いは、病床にある祖父への結婚のあいさつも兼ねていたと見ることもできる。

 このように世間は落ち着かないものの、26日の午前中に宮内庁職員がふたりの婚姻届を自治体に提出する予定だ。眞子さまは午前のうちに住み慣れた秋篠宮邸を後にする。そして午後、眞子さまは、「小室眞子さん」として都内のホテルで小室圭さんとともに記者会見にのぞむ。

 記者会見の会場は、もともとふたりが式を挙げる予定だった帝国ホテルも候補のひとつとして検討されたようだが、決まったのは別のホテル。警備の行いやすさと同時に、サービスに対して料金の手ごろさで知られる。会場費は、「小室夫妻」の私的な費用でまかなわれるが、ホームページに掲載された料金表では正規料金でも20万円程度。関係者の割引があればさらに、リーズナブルな料金となるだろう。

 国民の関心が高い記者会見で、特に注目が集まるのは、小室家と母、佳代さんの元婚約者の金銭トラブルが、どのように説明されるのかである。

 26日の結婚と記者会見の前に、小室家が金銭問題にある程度のめどをつけるのでは、との見方もあった。

 帰国後、小室さんが外出したのは18日。秋篠宮ご夫妻に結婚のあいさつをするために、赤坂御用地内にある赤坂東邸を訪問した。午後にパラリーガルとして勤務していた奥野総合法律事務所を訪問したあとは、すんなり横浜の自宅に戻った。

 果たして金銭問題は、解決に向けて話が進んでいるのだろうか。元婚約者の代理人によれば、眞子さまの複雑性PTSDが公表された直後、元婚約者は熱を出して会社も休み、ふせっていたという。

「ショックを受けた末の心労もあるのでしょう。解決金の件も進展はありません。小室さんサイドの代理人である弁護士からは、とくに解決につながる連絡はありません。連絡を待っていましたが、いま(22日)はもう金曜日の夜ですから、火曜日の記者会見までに何か動くということはないでしょう。そもそも金銭問題と眞子さまと小室さんの結婚は、別の問題ですしね」

 もう一つ、国民の関心事といえば、民間人となった眞子さまが米国に出発するまでの間、どこに滞在するのか。出発までの期間がそう長くないことを考えるとマンションなどは現実的ではない。また、「儀式なし婚」のけじめをつけた父、秋篠宮さまの性格を考えると、民間人となった眞子さまを宮内庁の関連施設に滞在させる公私混同も考え難い。ホテルの滞在が現実的では、と見られている。

 皇室の事情に詳しい人物がこう話す。

「会見会場は実は、雅子さまが皇太子妃時代に、友人らとお忍びで食事会をしたホテルでもあります。皇太子妃のお忍びの会場に選ばれるくらいですから、警備も手堅い。小室圭さんは、仕事の関係で早々に米国に戻るようですが、記者会見場のホテルにそのまま滞在なさるのが安全に思われます」

 眞子さまの結婚は3日後に迫った。記者会見では、小室家の金銭トラブルに触れた厳しい質問も出ると見られている。

「小室夫妻」は、何を語り新しい生活へとどのようにして踏み出すのか。国民が見守っている。(AERAdot.編集部 永井貴子)