26日に婚姻届を提出し、皇籍を離脱した小室眞子さんと夫の圭さんが同日、都内のホテルで記者会見に臨んだ。会見では、冒頭に2人が結婚に対する思いや、報道に対する考えを述べた。事前に提出した質問については文書で回答した。皇室ウォッチャーでコラムニストの辛酸なめ子さんは、2人の言葉をどう受け止めたのか。

* * *
 2人そろって臨んだ会見。眞子さんと圭さんが文書を読むかたちで交互に発言した。眞子さんはたびたび文書から目を離して正面を見据えて話し、圭さんは時おり口元に笑みを浮かべる様子が印象的だった。

「すごく緊張するような場面なのに、2人とも堂々としていました。小室さんにはニューヨーク帰りのこなれ感が漂っていましたし、眞子様には目力があり、結婚への気迫を感じられました。2人とも内定会見よりもたくましくなられたように思います」

 辛酸さんが「こなれ感」と話すように、会見での圭さんの表情はやわらかく、余裕が感じられた。

「メンタルの強さを感じました。普通だったら緊張して表情が固くなってしまうような場面ですが、あの場で笑みを浮かべられる精神力を持つ小室さんだからこそ、眞子さんはお好きになられたのだと思います。勝利宣言のようなものを感じました」

 一方の眞子さんは、複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されていた。

「ご公務をたくさん経験されてきたからか、人前に立つのに慣れているようで、堂々とされていました。そしてお声がかわいらしく、30歳よりも若い印象を持ちました。複雑性PTSDと聞いて心配していましたが、思っていたよりもお元気そうで安心しました」

 辛酸さんは、2人の使った「言葉」にも注目する。

「感謝を表す言葉も多かった一方で、『謂れのない物語』といった強い表現も目立ちました。厳しい印象を受けたので、もう少し場の空気をやわらげるような言葉があっても良かったと思います。会見での強い言葉からは、信用できる人とできない人を分けている印象を受けました。私を含む国民一人ひとりが果たしてそのどちらだったのか、胸に手を当てて考えてみないといけないなと感じました」

 事前に提出された質問には口頭ではなく、文書で回答。日本雑誌協会は、圭さんの母親の金銭トラブルなどについて質問。それに対しては「このような質問に会場で口頭でお答えすることを想像すると、心の傷がさらに広がりそうで、口頭で質問にお答えすることは不可能であると思いました」と眞子さんは回答した。

「『心の傷』という言葉からは、『これ以上、何も言わないで』という感じを受けました。眞子さんにとって、今まで目にしてきた意見はすべて誹謗中傷だったのかな……。我々国民は、『謂れのない物語』の中にいたんじゃないかという虚しさは感じましたね」

 会場で配られた文書には、事前に寄せられた5問の質問に対して回答が記してあった。これらに加え、「3年間も離れていたのに、どうやって恋愛感情を保てたのか聞いてみたかった」という辛酸さん。会見でも2人の「純愛」を感じたという。

「圭さんのアメリカ留学も眞子さんの希望だったと明かしたように、眞子さんが圭さんをかばうような場面もありました。いろんな試練を乗り越えられたということで、盤石な愛を育まれたのだと思います。小室さんへの信頼や思いがにじみ出ていた。小室さんが冒頭で『愛しています』とおっしゃられて、眞子さまはパワーアップした印象です。インターナショナルスクールに通った小室さんだからこそ、真っ先に『愛してます』と言えたのかも。日本人の男性であんなふうにオープンに思いをさらけ出せる方はなかなかいません。この発言は、ネットで『男らしい』『軽い』と意見が分かれていましたが、もしかしたら男性に対する経験値によってどう受け止めるか変わってくる気がします。私など経験値が低いので一瞬かっこいいと思ってしまいましたが……」

 会見では、圭さんの母親の金銭トラブルの解決金の話についても触れられた。

「これまで明らかにされてきたことと、それほど変わりはない内容でした。小室さんはお母様について発言されていましたが、小室さんにとってお母さんの存在は絶対なのだと思われ、親子の絆を感じられました。会見では(解決金を)払う意向はあると語られていましたが、小室さんが日本に滞在している短い期間で果たして解決できるのか、気になるところです」

 2人の今後について、こう期待を込める。

「元皇族ということで、アメリカの華やかな社交界・セレブ界に君臨されていくのかなと期待します。その中でも、ぜひチャリティーやボランティアなどの活動をしていただいて、アメリカで尊敬や支持を集める存在になってほしいです」

 皇室ウォッチャーとして、2人の結婚問題で数年にわたり一喜一憂していたという辛酸さん。最後に自身の心境も踏まえてこう話す。

「今までの数年間で、応援や心配、いろんな感情が混ざりながら見守ってきました。気づけば、小室さんが世の中の中心になっていた。この件で世間が分断されてしまい、心が平和ではなくなっていたようにも感じます。私もこれからは自分の心を大切に守りながら、この問題から離れて穏やかに過ごしたい。そしていつか、2人の愛のパワーによって世の中に生まれた溝を平和に埋めてほしいです」

(AERA dot.編集部・飯塚大和)