訴状、蹶起趣意書、宣言、遺書、碑文、天皇のおことば……。昭和・平成の時代には、命を賭けて、自らの主張を世の中へ問うた人々がいた。彼らの遺した言葉を「檄文」という。

 保阪正康氏の新刊『「檄文」の日本近現代史』(朝日新書)では、28の檄文を紹介し、それを書いた者の真の意図と歴史的評価、そこに生まれたズレを鮮やかに浮かび上がらせている。今回は、2019年に執り行われた上皇陛下の退位礼正殿の義でのおことばから。

*  *  *
<退位礼正殿の儀の天皇陛下のおことば(平成31年4月30日)>

 今日をもち、天皇としての務めを終えることになりました。
 ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。
 即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。
 明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

■天皇の素朴な「人間の声」─天皇の退位についてのおことば

 天皇が生前退位するのは、近代史の時にはなかったが、現代史に入って初めて実行されることになった。近代日本の天皇制は、「皇室典範」によって終身在位であり、加えて男系男子の継承が決まっていた。

 明治、大正、昭和と三代の天皇は、自らの死が天皇としての役割を終える時であった。その日まで寝たきりの状態であろうが、天皇としての役目が課せられていたのである。平成の天皇は、こういう制度がいかに非人間的かを訴えて、生前の退位を認めるように訴えた。それが平成28年(2016)8月のことであった。

 その時の「おことば」の中には、「(私も)既に80を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています」という一節がある。「天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます」とも訴えている。そういう事実を語ることによって、生前退位の方向を認めてほしいといった意味合いを強調されている。

 このおことばは、その趣旨は以上のようなことになるのだが、もう一面でご自身が天皇に即位してから28年、「私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ました」とも話されている。国民との間に、相互にコミュニケーションが成り立ったことを何よりも喜びとしている心中も明かしている。

 天皇自身がそのようなお気持ちを、国民に直接明かすというのは極めて重要なことである。これまでの天皇には考えられなかった。それだけにご自身のお考えになっている皇室安泰の心情は、いかに深いかを感じさせることにもなっている。平成の天皇のおことばは、本来ならこちらの方がより重大であるようにも思うのだが、本書ではこの国民への呼びかけではなく、このおことばが結局は実り、政治の側の配慮で生前退位を認める立法措置が決まった、そして退位をされることになったその時(平成31年4月30日)の「おことば」を引用している。

 ここに引用したおことばは、生前退位を認めてほしいと訴えた国民むけのおことばと一体になっていると理解すべきであろう。私自身は、退位を訴えられる前の数年間、作家の半藤一利さんと平成の天皇と皇后にお会いしたことがあった。昭和史について雑談を行うという懇談会でもあったのだが、こういう機会にお二人の歴史に向き合う真摯な姿勢の一端を知り、深い感銘を受けた。そのことは記しておきたいと思う。

 改めてこの「おことば」を分析してみたい。いくつかのことに気がつくはずである。私は極めて重要なこととして次の3点をあげておきたい。

1、自らの考えに沿った立法措置に対して感謝されている。
2、象徴天皇の確立を国民に伝えている。
3、令和が平成の精神を継ぐ形になってほしい。

 この3点を、さして長くないおことばから吸収するべきであろう。私は、実はこうしたおことばの伏線になっているのが、この年の2月24日に行われた在位30年を祝う式典でのおことばだと思う。平成の天皇は、この時に次のようなことを述べられた。

「平成の30年間、日本は国民の平和を希求する強い意志に支えられ、近現代において初めて戦争を経験せぬ時代を持ちましたが、それはまた、決して平坦な時代ではなく、多くの予想せぬ困難に直面した時代でもありました」

 全文千500字程度の中に盛られた一文である。無論これは重要な意味がある。はっきり言ってしまえば、平成という時代には戦争がなかった、国民に多大な犠牲を要求する戦争がなく、そのことは「天皇のために」と叫んで死んでいく国民がいなかったことが、自分にとっては最大の喜びであると言っているのに等しい。天皇という務めを果たすことができたのは、国民の象徴天皇制への協力のおかげであり、自らがそういう国民とともに象徴天皇像を作るために、精一杯努力してきたことが実ったというのは喜びであるという意味でもあった。

 平成の天皇が、その役割を終えるにあたって国民に示した「おことば」は、前述のように3点の骨格から成り立っている。やはり重要なのは、2であるということになるであろう。象徴天皇制とはどのようなものか、そのことを確認し、ご自身も納得しておられるというのが自負になっていることがわかる。結果的にと言っていいのだが、近代天皇制は明治、大正、昭和(昭和の場合は前半期になるのだが)のいずれの時代にも天皇制絶対の超国家主義的国家として、天皇は位置付けられていた。天皇は自らの意思を表にださない君主のような存在であった。平成の天皇はそういうシステムの時代ではない時に育った。いわゆる戦後民主主義の時代の天皇である。

 この時代の象徴天皇制は、どの天皇も挑んだことのない天皇であった。平成の天皇は、美智子皇后とともにその像の確立を目指して努力を続けた。まさに手を携えてである。といってもその中心はあくまでも天皇であり、天皇の強い意思を皇后が支えるという図式だったのである。

 象徴天皇は平成の天皇が皇后の協力で独自につくり上げた天皇像であるということは、歴史的にも妥当性を持っているとの理解から出発しているのであろう。その部分は在位30年の式典でも以下のように語られている。

「憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く、これから先、私を継いでいく人たちが、次の時代、更に次の時代と象徴のあるべき姿を求め、先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています」

 ここに盛られている内容は、象徴の像はどのようなものか、それははっきりとした形はない。私は私の思う形で、象徴像をつくってきた、しかしそれとて完全とはいえない。いや、むしろ象徴天皇像を求める道筋はあまりにも長い。私に続く天皇はぜひ私のつくった像の不足部分を補ってほしいと、みずからの天皇像の継承を訴えていたのである。

 それゆえに天皇という立場を離れる平成の天皇の、このおことばはまさに歴史的意味を伴って、私たちに時代の移り変わりを教えているというべきであった。