ガラス瓶に美しい青いラベルが印象的な「キンミヤ焼酎」が人気だ。甲類焼酎でホッピーやサワーのベースとして好むファンが増え、売り上げは右肩上がりを続けている。記事の前編<下町の名脇役「キンミヤ焼酎」が右肩上がりの売れ行き 小瓶に変えたら人気上昇の意外な理由>では、酒造会社の当時の社長による“奇策”について触れたが、会社が守り続けた矜持も、成長につながっている。

*  *  *

「下町の名脇役」のキャッチフレーズで知られるキンミヤ焼酎。作っているのは三重県四日市市の酒造会社「宮崎本店」だ。1846年創業と歴史のある酒蔵で、キンミヤは1915年に製造を始めた。

 かれこれ100年以上の歴史をもつキンミヤ。現在では、一升瓶に換算し年間500万本を販売。06年と比較し、約6.5倍にまで成長した。貯蔵タンクの増設が必要になったほど好調だ。キンミヤを飲める居酒屋は47都道府県に拡大し、特に近畿地方で売り上げが伸びているという。海外では、台湾で取り扱う店が増加中だ。

 現在の人気ぶりに至るには、世相も追い風となった。

 2003年ごろからホッピーが流行りだし、そのベースにキンミヤが合うと飲食店関係者の間で、徐々に口コミが広がっていた。酎ハイの人気が出始めたこともプラスに作用した。インターネットで、「見慣れない青いラベルの焼酎」の情報が、どんどん拡散されていったという。

■東京三大煮込みの名店に愛され

 宮崎本店が大事にした、下町の店とのつながりもここで生きた。

 同社の勤続最年長社員。営業畑でキンミヤとともに歩んできた伊藤盛男・東京支店長(65)はこう語る。

「例えば東京三大煮込みと呼ばれている北千住の『大はし』さん、森下の『山利喜』さん、月島の『岸田屋』さんは昔からキンミヤを扱ってくださっているのですが、こうした名店を訪れたお客様がネットでキンミヤの情報や写真を紹介してくれたり、地方から来店した飲食店関係者が『この見たことがない焼酎はなんだ』と地元で口コミを広めてくれました。キンミヤを大切にし続けてくださった老舗様のおかげで、反響につながったと思っています」

 ただ、そうした要因があったとはいえ、肝心の味が悪ければ長くは流行らない。製造法や原料になにか秘訣があるのかと思いきや、そうではないようだ。

 甲類焼酎は主にさとうきびの糖蜜が原料で、繰り返し蒸留して作られるが、その点はキンミヤも同じだという。

「大きな違いは、使っている水です。弊社では鈴鹿山系の伏流水を工場内の地下150メートルの井戸からくみ上げています、ミネラル分が非常に少ない軟水なんです。アルコール度25パーセントの焼酎なら75パーセントは水です。この水のおかげで、他社様の甲類焼酎とは違ったまろやかさと口当たりの良さが生み出せているんです」(伊藤さん)

 水がキンミヤの命。大地震などで水脈が変わったら一大事になると、井戸は2カ所設置しているという。

■「顔が見える」を大事に

 好調な業績に浮かれても良さそうなものだが、伊藤さんにそうした雰囲気はない。

 同社には、昔から培ってきた営業の矜持がある。老舗の得意先を大切にし、新規の取り引き先も、「顔が見える付き合いができる」ことをなにより大事にしている。利益が期待できたとしても、取り引きの要請に応じないこともある。販路拡大だけを目指すのではなく、培ってきたその矜持を守っているのだ。

「どんな人がやっているお店で、どんなお客さんたちがいて…。店主と顔を合わせて話をしながら、時にはお客様と一緒にワイワイ飲みながら営業をした方がやりがいがあるし、なにより楽しいんですよ。昔からキンミヤを大切にしてくださった個人店の店主さんたちや、好きになってくれたお客様たちが口コミで広めてくれたおかげでキンミヤの今がありますからね。これからもキンミヤらしさを大事にしていきたいと思っています」(伊藤さん)

 取材中、伊藤さんの話にはキンミヤが飲める個人経営の居酒屋が何軒も登場し、店主らとの付き合いを語るその表情は実に楽しそうだった。

 秋田市では、伊藤さんも交流のあるキンミヤ愛好家が、なじみの店にキンミヤを紹介し続け、約40店舗が扱ってくれるようになったという。

 また、同社では2012年に、キンミヤ自体を凍らせてシャーベット状にし、ホッピーなどで割って楽しむパウチ入りの「シャリキン」を開発し人気商品になった。きっかけは、都内のある得意先がキンミヤを凍らせるメニューを独自に出していることを知ったこと。それをヒントに商品化に至ったという異例の形だ。

「顔の見えるお付き合いをする中で、こうしたいい商品を生み出すことができたと実感しています」(伊藤さん)

 人がまさに財産なのである。

■「キンミヤ・ブルー」のインパクト

 ならば、キンミヤの象徴である、あのきれいなブルーのラベルは誰がデザインしたのか。愛好家には「キンミヤ・ブルー」と持ち上げる人がいるとかいないとか。4リットルサイズの生産を減らし、見慣れない瓶が店内に並んだ時、あのラベルにインパクトを感じた人もいるだろう。

「実は、誰がどんな経緯でデザインしたのか、記録がなくわからないんです。生産当初から、おそらくあのデザインだったのだろうとは思いますが。印刷会社に元の版があるので、ずっと使い続けています」

 永遠に解けぬであろう謎。答えはさておき、キンミヤは今宵も、呑兵衛が集う酒場で「名脇役」のお務めを果たす。

(AERAdot.編集部・國府田英之)