コロナ禍で特需となっている風俗店が暴力団の資金源になっているという。愛知県警は12月5日、風俗店で働く女性を勧誘した職業安定法違反(有害業務の募集)の容疑で、風俗店グループ「ブルーグループ」の実質的経営者である佐藤義徳容疑者(64)ら3人を逮捕した。

 

 佐藤容疑者は愛媛県松山市で実質的に経営している風俗店で、店のスタッフと共謀し、2020年11月、12月にスカウトから紹介を受けた18歳と19歳の女性2人に対し、店で働くよう勧誘したという。佐藤容疑者は、愛知県や四国などで広く風俗店などを経営。

「名古屋の風俗王」として知られ、店名に「ブルー」という名前がつくことが多いことで「ブルーグループ」と呼ばれていた。六代目山口組の司忍組長の出身母体「弘道会」との関係は有名で愛知県警作成の<弘道会壊滅戦略>というチャート図には<佐藤義徳グループ>と紹介され、六代目山口組幹部と<韓国旅行に行く><弘道会の資金源と思われる>と記されている。

 佐藤容疑者は六代目山口組の最高幹部の詐欺容疑の共犯として2011年に逮捕された。また2014年、佐藤容疑者は愛知県警の警察官をそそのかし情報を漏洩させた地方公務員法違反などで実刑判決を受けている。

 その時の名古屋地裁の公判で佐藤容疑者は、名古屋市内に建築を予定していた家について「六代目山口組(司組長の)家じゃないか」と疑われていたことを認めていた。

 また愛知県警の警察官の自宅などを探り、「ビビらせろ」などと部下に指示していたことも、立証されている。

「弘道会の有力な資金源である佐藤容疑者の逮捕は、暴力団壊滅の大きなポイントになる。佐藤容疑者の前に松山市の風俗店のスタッフが先に逮捕されていた。そこからの内偵捜査で佐藤容疑者の関与がわかった。今、風俗店はコロナの影響もあって儲かるそうだ。暴力団も警察の監視強化で、苦しい中、風俗店は有力な資金源になっているとされる。事実、佐藤容疑者の松山市の関係先をガサしたところ、億単位の現金が発見された。それも1億、2億円じゃない金額だ。これから、佐藤容疑者とつながりが深い弘道会に捜査を拡大していけるかだ」(捜査関係者)

 

 佐藤容疑者と同じく、東海地方で風俗店を経営しているグループのオーナーはこう話す。

「コロナ禍で当初は、まったくお客さんがいませんでした。しかし、次第にコロナが当たり前のようになって、お客さんが増え始めた。その理由は接客にあたる女性にありますね。コロナ禍で仕事を失った若い女性が風俗業界に転職してくるのです。コロナ前なら、キャバクラ、ラウンジなど水商売もあったが、すっかりダメになってしまった。働ける選択肢が大幅に減ってしまったため、容姿端麗な若い女性が増えているので風俗店のレベルが高くなっている。だから、リピーターも増えているので好況なのです。名古屋のような大都市や地方でも同じような傾向があります。これまで名古屋なら車で2、3時間のところに住む女性を出迎えに行き、寮に住まわせて働いてもらうということもあった。それぐらいしないと、女性が集まらなかった。それが今は募集したらすぐ集まります」

 だが、その一方で兵庫県尼崎市にある遊郭「かんなみ新地」は兵庫県警の規制強化からか11月末に一斉に閉店して70年余りの歴史に幕を閉じた。山口組傘下の元組長だった作家の竹垣悟さんはこう語る。

「愛知県警が佐藤容疑者を立件する、兵庫県警がかんなみ新地を閉鎖に追い込んだのには理由がある。それだけ風俗店が暴力団と密接であり、大きな資金源という裏返しですね。昔から風俗店はさまざまなトラブルがあり、早く解決するなら少々のカネがかかろうが警察より暴力団を使うという業界でした。佐藤容疑者が捕まっても、かんなみ新地がなくなっても、また新しい勢力が出てくるのが風俗業界です。そのバックにいるのが、暴力団ですわ。暴力団から見ても、風俗業界は安定した稼ぎになる業界ですから。持ちつ持たれつというところでしょう」

(AERAdot.編集部 今西憲之)