皇后陛下、雅子さまは12月9日、58歳の誕生日を迎えた。外務省のキャリア官僚としてバリバリ働いていた生活から、皇室に入った雅子さま。その歩みは平坦ではなかったものの先日、長女の愛子さまが成人を迎えられた。令和の皇室における雅子さまの存在の大きさと役割について、皇室ジャーナリストの神田秀一氏に聞いた。

*    *  *
 ふりかえれば、雅子さま(当時・小和田雅子さん)が天皇陛下(当時・皇太子)との婚約会見を行なったのは1993年1月19日のこと。雅子さまは婚約会見で「6年近く務めた外務省(北米2課)を去ることに、寂しさを感じないと申しましたらうそになると思います」と率直に語った。半年後の6月9日に結婚の儀をあげた。

 神田氏は、当時の様子をこのように語る。

「雅子さまが結婚した頃、私は宮内記者会の一員でした。東京都目黒区の小和田邸にもちょくちょく出向いて、取材したものです。たくさんの取材陣や見物人が黒山のようにいましたね」

 婚約会見から28年11カ月の歳月が流れた。神田氏によると、雅子さまは皇室に「5つの貢献」を果たしてこられたという。

 まず、国賓を日本に招いた時の雅子さまの貢献。

「雅子さまは外務省の外交官として通訳官もしていたほどに英語が堪能ですから、海外から国賓を招いた時、言葉に不自由しないんですね。宮中晩餐会が催されても、国賓と心が通った会話できる。その国との絆が強くなり、見えない“外交”で貢献なさったと思います。さらに、相手に通訳がついている時は、雅子さまは出しゃばらず、目で合図して通訳に任せるんですね。そうやって気を配る人なんです」

 2つ目の貢献は、皇室の人気や気品を保ったこと。

「雅子さまがご結婚した頃は、英国のダイアナ元妃が日本でもプリンセスとしてお茶の間で話題になっていました。雅子さまもプリンセスのイメージがあって、追っかけ主婦が登場するほどの人気となりました。雅子さまが車の窓を開けてお手ふりする姿が“絵”になるんですね。気品があり、海外のどこの国に出しても安心できる皇后だと思います」

 体調がすぐれない時期もあったが、令和の時代になると国民の人気は復活。平成から令和へのお代替わりで行われたパレードでは、沿道につめかかけた多くの国民が「雅子さま〜」と熱心に呼びかけた。雅子さまも感極まって、目がうるみ、そっと手を添える印象的なシーンもあった。

 3つ目の貢献は「適応傷害」に苦しみながらも、女性皇族のトップとして公務をこなしていること。雅子さまは2004年6月、適応障害の診断を受け、長い療養生活に入った。天皇陛下は当時の記者会見で「雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」と発言した。天皇陛下が雅子さまを温かく守っていることも垣間見えた。

「皇室に入って苦しんで病気になられた。美智子上皇后も一時期、声が出なくなったことがあった。皇居の中は古くて、息苦しい世界なのです。天皇家には姓がなく、名前しかない。これ一つ取っても 一定の縛りの中で生活しているということです。結婚した女性は男子を生むことを期待される。皇室典範によってふるまいなどさまざまな制約を受け、勝手なことができないようになっています。雅子さまは日本国民として生まれながら、一般国民とは全く違う生活を送らなければならないのです」

 なぜ雅子さまが体調を崩したのか、だれかが雅子さまをイジメるようなことがあったのか、神田氏も取材でかけずり回った覚えがあるという。

「具体的な推測をする記者もいました。体調不良の原因となったことはわからずじまいです。だけど、女性皇族はかくあるべしというものは変えられずに依然として残っていますね。ティアラやローブ・デコルテの正装も明治天皇の時代でできあがったものなんですよ。皇室のしきたりは、時代に合うようにそろそろ見直してもいいのではないかと思います」

 4つ目の貢献は保護犬を育て、ご養蚕の伝統を守るなど、生き物を大事にされていること。

「天皇ご一家は動物好きで、赤坂御用地に迷い込んだ犬が産んだ子犬2匹も飼っていました。現在の愛犬・由莉(ゆり)も、保護犬。ご養蚕については明治天皇の妻である昭憲皇太后から始まり、歴代皇后の伝統として引き継がれてきた“私的行為”。 美智子上皇后から引き継いで伝統を守っていますね」

 5つ目の貢献は、愛子さまを成人皇族に育て上げたこと。

「愛子さまがあんなに立派に成長し、20歳を迎えられたのは、雅子さまがいつもそばにいて大切に育て、女性皇族としてのお手本を示して来られたからだと思います。女子が生まれたことで、『女性天皇』『女系天皇』の皇位継承の議論にも火がつきました。小泉政権の時には女性・女系が容認する方向となりましたが、その後、気運はしぼんで、流れてしまいましたが」

 現政権下では、政府の有識者会議が皇位継承のあり方を議論し、年内にも報告書をまとめて、政府が国会に報告する予定だ。

「だけど、あまり期待できなさそうですね。皇族が減少しており、手を打つことは必要だと思います」

 神田氏は雅子さまがバースデイを迎えたことをこう祝福した。

「一国民として、誕生日おめでとうございますと申し上げます。もしも、どうしても解決できない問題があったら、リモートの時代ですから、スマホやPCなどを使って、ヨーロッパの王室の方々とも意見を交わしながら、日本の皇室のために力を尽くしていただきたいと思います」

 来年1月2日の恒例の皇居の一般参賀は密を避けるため、残念ながら中止。雅子さまはコロナ後の皇室の「ニュースタンダード」をどのように作ろうとしているのだろうか。多くの国民が期待している。(AERAdot.編集部 上田耕司)