石川県珠洲市で6月19日、最大震度6弱の地震があった。この地域では約1年半前から 地震活動が活発化していた。その翌日に起きた北海道の宗谷地方は、活断層の影響が考えられる。いずれも警戒が必要だ。AERA 2022年7月4日号の記事から。

*  *  *

 突然の大きな揺れだった。目の前に止めていた軽トラックが左右に何度も激しくズレ動いた。

「びっくりした。知人宅にいて、ちょうど3時の休憩ということでひと休みしていたところだったんです。その少し前までハシゴにのぼって作業していたから、そのときに地震が来ていたらどうなっていたか……。命拾いしました。恐ろしいです」

 石川県珠洲(すず)市の泉浩治さん(81)はこう振り返る。6月19日15時8分、能登半島を震源とする地震が発生し、珠洲市正院(しょういん)で震度6弱の強い揺れを観測、翌20日も最大震度5強の地震が起きた。石川県のまとめによると一連の地震で7人が軽傷を負った。被害の全容はまだわかっていないが、泉さんが氏子総代を務める春日神社では鳥居が真後ろに倒れ崩壊、14基あった灯籠も12基が倒れた。

「倒れた鳥居は近くの空き地に移動しましたが、本格的な片付けはこれから。重機も人手も必要です。27日には神社の神事があるのでその準備も進めつつ、どう段取りするか」(泉さん)

有感地震160回以上

 珠洲市周辺では2020年12月ごろから地震活動が活発化しており、震度1以上の有感地震はこの1年半で160回以上を数えている。この地域の地震の研究を続ける金沢大学の平松良浩教授(地震学)は、今回の地震も「群発地震の一環とみられる」としたうえで、地震の発生要因として地下に存在する「流体」の影響を挙げる。

「群発地震が始まったのと同じころから、珠洲市周辺では局所的に地盤の隆起も観測されています。地震の発生場所の経過や地殻変動モデルを検討すると、地下の『流体』の存在が強く示唆されます。地下十数キロのところに圧力の高い水のような流体があり、それが膨張してあたりを押し広げたり、断層面に入り込んだりして地震を起こしていると考えています」

 さて、19日の地震は局所的に震度6弱を観測したが、強く揺れた範囲はさほど広くない。震度5強以上はほぼ珠洲市のみ、4以上も能登半島の北側部分だけに限られた。地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.4。平松教授は続ける。

「M5という数字は、自然現象としてはさほど大きくない。この規模は群発地震の一環として以前から想定されており、今後も起きる可能性があります。流体による群発地震としてはこのくらいが最大級ではないか。一方で、流体の影響が沖合の活断層などに及んだ場合、活断層が大きく動いてM6〜7クラスの地震が起きる可能性も否定できない。そうなると揺れる範囲や被害レベルは桁が違ってきます」

 平松教授が「自然現象としては大きくない」と言うように、M5クラスの地震は全国で頻発(ひんぱつ)している。東日本大震災の影響を受ける前の01年から10年に発生した地震記録を見ると、M5.0〜5.9の地震は平均で年140回発生していた。内陸地震に詳しい東北福祉大学の水本匡起専任講師はこう解説する。

宗谷は活断層が影響

「3日に1回程度起きているとはいえ、大半はプレート境界など海で起こる地震なので、比較的小さな揺れで収まります。しかし、内陸の浅いところを震源とした場合、M5クラスでも非常に大きな揺れを起こすことがあるんです。今回の能登半島のような流体が関与するとみられる地震は多くありませんが、活断層に関わる内陸地震はしばしば起こります」

 珠洲市で震度6弱を観測した翌朝、北海道の宗谷地方ではM4.4、最大震度4を観測する地震があった。この地震も活断層の影響が考えられるという。東北大学災害科学国際研究所の遠田晋次教授がこう説明する。

「宗谷地方には、最大でM7.6の大型地震を起こす可能性があるとされるサロベツ断層帯がある。活断層があるということは、地殻がズタズタに破砕していて、いろいろな割れ目がその周辺に分布しているのです。今回の地震はその小さな割れ目のひとつが動いたと考えられます」

 この地震が直ちにサロベツ断層帯の「本丸」に影響する心配は小さいものの、日本に2千以上あるとされる活断層のどこかが近い将来、M7クラスの大地震を起こす可能性は否定できないという。遠田教授は続ける。

「活断層は大きな地震を起こす周期が千年程度のものもあれば、3万年ほどと考えられるものもありますが、大雑把に平均すると1万年に1回程度。つまり、5年に1度ほどで2千ある活断層のどこかが大地震を起こすということ。歴史的な地震記録を見ても、活断層による大地震は概ねその頻度で起きています」

 活断層による地震は内陸の浅い場所を震源とするケースが多く、M7クラスの大型地震が起きるとしばしば甚大(じんだい)な被害をもたらす。1995年の阪神・淡路大震災を引き起こした兵庫県南部地震(M7.3)、00年の鳥取県西部地震(M7.3)、04年の新潟県中越地震(M6.8)、08年の岩手・宮城内陸地震(M7.2)、16年の熊本地震(M7.3)などはいずれも、内陸の活断層による地震だ。そして、熊本地震以降、活断層型の顕著な大型地震は起こっていない。(編集部・川口穣)

※AERA 2022年7月4日号より抜粋