独自の感覚でテレビが作り出す空気感を切り取ったナンシー関さん。歯に衣着せぬ言葉を発信し続けた彼女は、ことし没後20年を迎えた。本誌連載「小耳にはさもう」では、郷ひろみさんについて語ったことも。当時(131回 1995年9月8日号)の連載を再掲する。※敬称略。名前、肩書などは、当時のまま掲載しています

*  *  *

「浮気をしたら、すべてのものをあきらめてとは言われてます」

※郷ひろみ発言 八月二十日 「おしゃれカンケイ」にて 浮気をしたら離婚されるかどうかという質問に対して

 郷ひろみはおもしろいなあ。もちろん郷ひろみ本人の言動がおもしろおかしいわけではなく、郷ひろみという存在のしかたがたまらなくおもしろいのである。

 私が小学校の四年か五年のときに郷ひろみはデビューした。デビューした途端、私はファンになった。小学生だからマジだ。全肯定のファンである。いくら親から「歌が下手くそ」と言われようが、クラスの男子が「男女キモチワリィ」とけなそうが、関係ない。「歌が下手なところも好き」という論理もあるワケだが、当時はあくまでも「下手じゃないもん」というスタンスであった。子供だった私の「全肯定」とはそうだった。

 しばらくすると、アイドルを全肯定すること自体ができなくなってきて、それほど熱心じゃなくなった。そして郷ひろみも、路線変更をしはじめる。まず嫌だったのは「勉強」といってはよくアメリカへ行ったこと。アーチストという言葉が使われはじめたころでもあったが、私は郷ひろみにアーチストなんかになってほしいとは思っていなかったのに、どうやら本人はアーチストになりたいらしいということを子供ながらに察知し、そのズレが寂しくもあった。あと決定的に嫌だったのは、フリオ・イグレシアスのカバー曲を歌ったことだ。あんな辛気くさい歌ではなくて、私は「花とみつばち」とか「誘われてフラメンコ」みたいな歌を歌っててほしかったのに。

 そしてさらにそのあとには、「郷ひろみは本当は実業家になりたいらしい」という話も出て、もう私にはフォローしきれず、一気に「郷ひろみ大嫌い」という反動すら起きた。「私の好きだった郷ひろみを返せ」とまで思ったような気もする。

 私の思う郷ひろみの最悪の時期は、結婚したあとだ。ニューヨークに住んでたっけ。何やってたんだ。あのころ、たまにテレビで見ると顔がヘンだった。ダラーッとしてて、特に目の付近がむくんでいた(田原俊彦が現在この状態に陥っている)。普通このままポシャるのだが、郷ひろみはこのところめっきりもち直したのがすごい。顔つきも戻ったし。

 で、このような浮き沈み(本人は沈んだつもりはないかもしれないけど)を、どんなときでも「郷ひろみ」でやってきたというのが、いろんな意味でおもしろいと思うのだ。

 この日の番組は、スタジオにファンの女性(OLばっか)を入れていて、しまいには「哀愁のカサブランカ」と「会いたくてしかたない」を生で歌い、感激のあまり泣きだすOL続出ということになっていたが、現在の郷ひろみってそうゆう意味の存在なんだなあ、と思った。

 私も小学生のときの「全肯定」をずっと貫いてきていたら、「哀愁のカサブランカ」で泣けたのだろうか。歌う郷ひろみと泣くOLという画面を見て、ちょっと笑ってしまったが。何じゃこりゃ、って。

※週刊朝日  2022年8月19・26日合併号