安倍晋三元首相の襲撃事件から1カ月が経ち、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が8月10日、日本外国特派員協会(東京都千代田区)で記者会見を開いた。会見時間の約1時間10分のうち、40分間は田中富広会長が原稿を読みながら主張する場面が続いた。会見後、出席した外国人記者からは不満の声が上がった。

 午後3時から始まった会見には、田中富広会長と法務担当者の2人が出席した。

 会場で最前列に座っていたフランスの公共ラジオ局「ラジオ・フランス」と新聞「リベラシオン」の特派員、西村カリンさんは、質問時間に入ると手を上げ、最初にこう質問した。

「冒頭で謝罪して、その後40分かけて何も悪いことをしていないという意味のことを言っていた。田中さんの謝罪の意味をもう一回、説明してもらえますか」

 この質問に対し、田中会長は、

「主にこんにちの報道は、2009年以前の私たちのいわゆる負の部分がクローズアップされております。そのことがメディアを騒がせ、多くの混乱を招いているということに対する謝罪です」

 と答えた。

 西村さんはその場面の率直な感想をこう語る。

「(田中会長らの)謝罪の場面があり、頭を下げていましたね。それなのに、自分たちは悪いことをしていないということを言い続けたのはとても矛盾すると思います。形だけの謝罪で、写真を撮らせただけ。謝罪ではなく、あなたがたマスコミが悪いとかいう話をしていた。何の謝罪だったのか。フランスの記者会見では、謝罪する時は、何が悪かったかをちゃんと話します」

 さらに、おかしいと違和感を感じたことがあった。

 田中会長が、こう語ったところだった。

「私たちの法人並びに友好団体は創設以来、共産主義とは明確に対峙(たいじ)してきた。共産主義問題に明確な姿勢を持っている政治家に対しては国造りに向かって手を合わせて来たと思っています」

 この説明について西村さんはこう批判する。

「田中さんの考え方は、1960年代の古い考えで、時代遅れです。彼らにしてみれば、共産主義者はファシストで、排除すべき対象だというミッションがあるみたい。それに協力してくれる政治家は仲間ですと言っている。フランスにもコミュニズム政党はありますが、普通の政治政党として扱われていますよ。今のコミュニズムはそういう扱われ方はされていない」

 さらに、こう続ける。

「日本でも、共産党の人たちはまともなことを言う人が多いじゃないですか。共産党の(「桜を見る会」の疑惑を告発した)田村智子さんらには共感もある。共産主義が大嫌いだからそれを排除しようというのは、宗教団体の役割ではない。実質的に政治活動をしていて、それなのに名称変更の時に宗教団体として登録できたことがおかしい」

 田中会長は会見の意味をこう語った。

「異常な宗教迫害とも言えるヘイト感情が誘発され、当法人、信者に対して身体的危害が加えられたり、暴力行為による新たな被害が発生することを真剣に危惧するものです」「私たちの取り組みが、より変化を求められるならば、多くの方々の意見を受け止めて、よりよい法人のあり方を求めて、変化はなお続けたいと思っております」

 これに対し、西村さんは、もし二つ目の質問ができたならば、聞きたいことがあったという。

「旧統一教会は被害者であるという意味ですかと聞きたかった。彼らは今、被害者を強調していたから」

 同じく、会見に出席していたパキスタン人の宗教評論家H.A.ムガールさん。テレビ朝日の討論番組「朝まで生テレビ」でもおなじみだ。会見後、ムガールさんはこう感想を話した。

「きょうの会見は、旧統一教会のプレゼンテーションの場でしたね。教会のピーアールになってしまった。田中会長は40分を超えて一人でスピーチして、いつ終わるのか、いつ終わるのかと思っていました。台本通りなんでしょうね。質問したいと思っていたんですけど、質問の時間が少なかった」

 ムガールさんは旧統一教会系の団体「UPF」のイベントに参加したことがあるという。

「政治家とか、安倍晋三元首相のこともよく知っている。宗教団体がバックアップしてやっているから、切り離してやるべきです。宗教と政治が合体しているのが問題。政教分離が大切です」

 司会進行役を務めた、ビデオニュース・ドットコムの神保哲生さんは、田中会長が会見開始から40分以上も、ずっと話し続けている間、「そろそろスピーチのほうはやめていただいて」などと、何度か制止をする場面もあったが、田中会長は「全部話させてください」と言い、制止を振り切って話し続けた。

 会見直後の会場で、神保さんはこう話した。

「(事前に)30分くらいスピーチをしたいと言っていた。また、午後4時には帰るとも言っていた。長い原稿があって、この原稿は何がなんでも読むというのが先にあった。スピーチの途中で、隣に座っていた(法務担当の)人の原稿を見たら、まだ原稿が5〜6ページ残っていて、これはダメだなと思って、『そろそろ』と切り出したんです」

 それでも、スピーチを止めようとしなかった田中会長。

「マイクを取り上げるわけにもいかなかった。その代わり、午後4時が終わりの会見を4時10分くらいまで延ばしてくれた」(神保さん)

 どうして、田中会長は制止を振り切ったのだろうか。

「原稿を読んでいるだけ。組織決定されているものを読んでいたみたいで、自分で勝手に短くしたりもできないんでしょうね。僕はそう思いました。だって、同じ原稿を広報の人もみんな持っていたんですから」

 前出の西村さんはこう話した。

「これからは、こんなことにならないように、冒頭のスピーチは5分とかなしということも対策として考えないといけないと思います」

(AERA dot.編集部・上田耕司)