作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、岸田首相の内閣改造について。

*   *  *

 杉田水脈氏が総務政務官に任命された。岸田さんという人が、よくわからなくなってきた。

「女性はいくらでもウソをつける」との暴言が大きな問題となり、辞職を求める署名に13万筆超が集まった杉田衆院議員。雑誌への寄稿に「LGBTは生産性がないから税金で支援する必要がない」といった趣旨を記したこともある。イギリスBBCが伊藤詩織さんの性被害に関するインタビューをした際は「(被害者には)女性として落ち度がある」「(誘いやセクハラを)断ったりするのもスキルのうち」と答えていた。国会の演説で「男女平等は絶対に実現しえない反道徳の妄想です」とキッパリ断定していた姿は目に焼きついている。

 そういう人を、岸田さんは総務政務官に任命したのだ。自民党がそれだけ人材不足ということか、それともあえて挑発的人事に挑戦したのか。杉田氏を批判する“私たち”の声など、どうでもいいということか。

 いったい、岸田さんとは、どういう人なのだろう。

 総裁選のとき、岸田さんは自らの「聞く力」を、ボロボロのノートを手に、さんざんアピールしていた。「(このノートに)国民の声を書き留めてきた。1年で3冊、10年間で30冊!」と。衝撃だったのは、そのノートがポケットサイズ(A6)で48枚のミニノートだったことだ。フツーに考えて「国民の声を書き留めた」と自慢する量ではない。今になって岸田さんには聞く力がそれほどあるわけでもないことがわかってきた……というか、そもそも本当に聞くつもりがあったのかどうかが、わからなくなってきた。

 私の周りでは岸田さんの評価は決して低くはなかった。安倍・菅政権の流れから比べたらずっといいと言う人もいた。「広島出身の人だから」「自民党の中では話のわかる人だから」と、期待をする人も少なくなかった。それもこれも今思えば、岸田さんがどういう人かよくわかっていなかったからこその期待だったのだろう。安倍さんが亡くなってから今回の内閣改造まで、岸田さんを見る目が、私自身、どんどん変わってきている。

 世論を分断させるような「国葬」に対する強硬姿勢もそうだが、「岸田さんて、やばい人?」と不安が確実に深まったのは、7月26日に加藤智大死刑囚に刑を執行したときだ。死刑執行の順番や時期がどのように確定されるのかは一貫して伏されているが、「山上徹也容疑者は死刑になるのか?」ということが話題になっていた時期に、山上容疑者と同世代であり、ロスジェネの不遇の象徴のように語られてきた加藤死刑囚を刑に処する内閣の意図は無視するわけにはいかない。無自覚であればそれはそれで恐ろしく、意図的であるとするならばそれはそれでさらに怖いというものだ。

  いったん「この人怖い人?」と思うと、何でも怖く感じてしまうが、8月14日に妻としたというゴルフレッスンも怖かった。報道によれば「近くとる夏休み中にゴルフをする予定があり、そのための事前練習とみられる」……そうである。ゴルフをやらない私には全くわからない感覚なのだが、ゴルフに行くためのゴルフ……というのは、仲間の安倍さんの四十九日も済んでいないとき、国葬に対する世論が分断されているとき、コロナの新規感染者数が世界最多になってしまっている今、よくわからない内閣改造で世間がモヤモヤしている最中でも、絶対にしなくてはいけないものなのだろうか。というか、夏休みを待ちきれない様子の首相の姿が、私には不思議で怖い。

 岸田さんが、夏休みのゴルフのためのゴルフレッスンに行った8月14日は、1991年、「慰安婦」にさせられた韓国人女性の金学順さんが声をあげた日だった。死にゆく戦場の男たちを癒やすロマンのように語られてきた日本軍「慰安婦」が、凄絶(せいぜつ)な性暴力であったと告発された日だ。この日は世界中で、金学順さんの勇気をたたえるイベントなどが行われ、私もオンラインイベントに参加し、「最後の証言」というドキュメンタリーを見た。金学順さんが1997年に亡くなる直前に撮られたインタビューを元にしたものだが、2015年に突如発表された「日韓合意」に抗議する若者たちの姿が中心に描かれていた。映像の中には、岸田さんの姿が幾度も映っていた。

  ああ、そうだったと思い出した。2015年12月28日、電撃的に発表された「日韓合意」のとき、外務大臣として表に立っていたのは岸田さんだった。日韓合意では、「慰安婦」問題は最終的で不可逆的に解決した、とされた。内容は、韓国政府が設立する「慰安婦」女性の生活支援団体に10億円を日本政府が払うこと、韓国政府は少女像を適切に解決すること、今後「慰安婦」問題に関する非難を控えることなどが記されていた。日本のメディアは、私が知る限り産経新聞以外はこの「合意」を好意的に扱い、新しい日韓関係の幕開けのように報じていた。

 一方の韓国では、この「日韓合意」をきっかけに、当時の朴槿恵政権の崩壊が始まったと言ってもいい。韓国政府が「慰安婦」女性の生活支援のためにつくった「和解・癒やし財団」に抗議し、市民たちが自ら「正義記憶財団」を立ちあげた。性暴力被害者が求めるのは、金による和解と、“忘れられる”ことによる癒やしではなく、加害者が処罰される正義と、被害が記憶されることだ、という意思を市民が表明したのだ。その後、朴大統領の弾劾を成し遂げるキャンドルデモが始まり、民主主義革命がなされたのだった。被害者の声を聞かずに、時の政権が一方的に「合意」した内容は受け入れられないと、社会が動いたのだ。

 一方、日本ではどうだったろう。その後起きた、森友学園問題でも、加計学園問題でも、桜を見る会の問題でも、日本社会は安倍政権を厳しく追及することができなかった。安倍さんは長期政権を維持し続けられた。そして、日韓合意の立役者となった岸田さんは首相となり、「慰安婦」女性をさんざん口汚くののしってきた杉田氏のような議員を、重要なポジションにつけた。

 岸田さんは、いったいどういう人なのだろう。何がしたくて政治家になった人なのだろう。いったい、この国をどこに導こうとしているのだろう。涼しい顔をし、清潔そうな雰囲気を身にまとった岸田さんの、はかりしれない闇のようなものが、ちらりちらりと見えるようになってきた。ああ怖い。怖い、というか、あえて怖がらせようとしているの? そんなふうにこちらを疑心暗鬼にさせる政治家が一番怖いのだということを、岸田さんの涼しい顔を見て思う。国葬には、しつこく反対したい。