11月30日、秋篠宮さまは57歳の誕生日を迎えられる。その直前となる22日、改修工事が終わった秋篠宮邸の内部が公開された。老朽化していた旧宮邸。宮内庁が以前から改修を打診してきたものの、国民への負担を思い、秋篠宮さまが長年断り続けた末の工事だった。皇嗣家として皇室を支える秋篠宮家だが、国民とのすれ違いは続くのは、なぜだろう。

*  *  *

「秋篠宮殿下は国民の血税を使わないように、予算を越えないように、と繰り返しおっしゃっていたと聞いています」

 そう話すのは、元宮内庁関係者。

 一方で、「こうした方が…」といった変更が続いて現場は混乱した、との話しも宮内庁から漏れてきたという。

 秋篠宮邸の改修工事が終了した。総工費は約30億円。鉄筋コンクリート造で地下1階、地上2階建。広さ(全体の延べ面積)は改修前の約2倍となる2972平方メートルだ。

 主に、広くなったのは、皇嗣として来客を接遇する公室部分と職員が働く事務スペースの面積だ。そした使われたシャンデリアや大理石の棚板は、秩父宮邸として建設された1972年当時の部材をできる限り活用した。

■「わざとらしい」と受け取られる

 元宮内庁職員の山下晋司さんはこう解説する。

「30億円の総工費について批判的な声もありますが、何も贅沢な暮らしをするための豪邸ではありません。10月にはブータンの王女と王子を秋篠宮邸(御仮寓所)に招いて接遇されました。皇位継承順位1位の皇嗣となれば、宮邸で外国王族などの賓客を接遇する機会も少なくありません。それ相応の場所でもてなさねば相手に対して礼儀を欠くことになりかねません。宮内庁は、相応の施設や予算が必要であることを堂々と説明すればよいと思います」

 山下さんが気にかかったのは、宮内庁が「大理石やシャンデリアは旧秩父宮邸のものを使用した」とわざわざ説明した点だ。こういう釈明めいた説明がまた国民に「わざとらしい」という感情を持たれてしまうのではないだろうか、と感じる。

 天皇ご一家が暮らす御所の改修費は、8億7千万円と公表された。ほとんど内装の修復も増改築の必要もなかったため、その金額におさまった。だが、結果として比較されることになってしまった。

「秋篠宮さまは、国民の税金で皇室の費用を賄っていることはよくご存知です」

 そう話すのは、秋篠宮家と長年親交があり『秋篠宮』の著者でもあるジャーナリストの江森敬治さんだ。

 築50年となる旧秩父宮邸は、老朽化が進んでいた。眞子さんと佳子さま、悠仁さまも成長し、住居部分も手狭になった。見かねた宮内庁が増築を打診しても秋篠宮さまは、

「やめておきましょう」

 と断ってきた。

■築60年元職員宿舎の新居

 そもそも、1990年に結婚した秋篠宮ご夫妻の新居は、驚くほど質素だった。昭和の初めに「乳人(めのと)官舎」として建てられた築60年近い木造の平屋。この元職員宿舎は、仮住まいを意味する「御仮寓所(ごかぐうしょ)」と呼ばれた。

 総床面積はわずか100平方メートル余り。直前に新築された高円宮邸(690平方メートル)と比べても、極端に小さかった。総務省の「平成30年住宅・土地統計調査」によれば、持ち家で戸建て住宅の場合、総床面積の全国平均は129平方メートル。一般の平均的な戸建て住宅より狭い住まいだったことになる。

 当時、ご夫妻は3畳の書斎にパソコンを置き、夫婦で仕事や勉強をした。それ以外の部屋は、寝室とアコーディオン・カーテンで仕切られた各10畳ほどの居間と食堂。お客と会うときは、近くの皇族共用殿邸や旧秩父宮邸を、その都度、借りていた。

 97年に眞子さんが生まれ、10畳と6畳相当の洋間2部屋が増築された。

 2000年には、旧秩父宮邸につなげる形で鉄筋コンクリート造り二階建て(8室、総床面積472平方メートル)の増築部分が完成。公的なスペースとして使っていた旧秩父宮邸を含む総床面積は1417平方メートルとなった。

 江森さんは、築60年の木造平屋が新居であったころから宮邸を訪ねている。印象に残るのは、植物の化石である珪化木(けいかぼく)と細長い神木のマンザカベニタニだった。江森さんは、この化石を何度見ても価値がわからない。

 しかし、秋篠宮さまにこんな話を聞いたことを思い出した。

 初対面の人が部屋に来た時に、部屋に珍品が置いてあれば、「これはなんでしょうか?」と尋ねられ、それをきっかけに話しが弾むことがあるのだという。

「自分はシャイで社交ベタ」

 そう自認する秋篠宮さまらしい工夫だと、江森さんは感じる。

■ジェンダーレスの考え

 江森さんは、秋篠宮さまとお会いするたびに、世間の印象と実像にギャップがあることに気づかされる。巷間では、学生時代にサングラスをかけて外国車を乗り回していた自由奔放な次男坊の印象が抜けきっていないように思われているかもしれないが、先の話のように実際は洞察力に富み、深く考え慎重に行動する人だ、と感じている。

 時代に合わせた皇室の在り方についてもそうだ。たとえば、秋篠宮さまは仕事の面で宮家職員を男女の性差で区別しない。秋篠宮家を支える皇嗣職の職員の数は50人ほど。侍従や女官といった名称を廃止した。

 江森さんが言う。

「もともと秋篠宮さまは、男だから女だからこの仕事と、決めつけることをしません。適性や能力に応じて仕事を割り振る柔軟さや合理性をお持ちです」

 秋篠宮さまは、こうしたジェンダーレスの考え方を以前から口にしていたと話す。

 悠仁さまが生まれた2006年の誕生日会見でのこと。「女性皇族の役割」について質問された秋篠宮さまは、こう答えている。

「私たちは、社会の要請を受けてそれが良いものであればその務めを果たしていく。そういうことだと思うんですね。これにつきましては、私は女性皇族、男性皇族という違いは全くないと思っております」

 江森さんは、秋篠宮さまがこう話したのを耳にしている。

「これからは、女性の皇嗣職大夫や女性の宮務官長も十分にありえます」

 価値観が多様化した社会へ令和の皇室がどう向き合うのか。そうした姿勢も問われる時代になったのだ。

■宮内庁が皇嗣家を支える重要さ

 秋篠宮さまは、合理的で時代に即した思考を持ち、新しい皇室を感じさせる発言を実際にしている。一方で、宮内庁が秋篠宮さまをフォローする姿勢が見えてこないという指摘もある。秋篠宮さまが新しい皇室の在り方を打ち出しても宙ぶらりんになってしまっている、という分析だ。

 いずれにせよ、発言が素直に国民に受け止められているとは言い難い。なぜだろう。

「秋篠宮さまは、兄の天皇陛下を支え、助けながら、少しずつ新しい皇室を築かれると思います。コロナ禍の影響で令和皇室は、動き出したばかりです。これからではないでしょうか。期待しています」(江森さん)

 前出の山下さんも、宮内庁が秋篠宮さまを支える体制がとれていない点は気にかかると話す。 

「令和も5年目に入ります。皇室と宮内庁の足並みがそろうことで、国民との信頼関係もより深まるのではないでしょうか」

(AERA dot.編集部・永井貴子)