現役時代の広島・山本浩二

 38年ぶり日本一を達成した岡田阪神。日本シリーズではノイジーが2本塁打を放つなどの活躍で優秀選手賞を受賞し、改めて打線における助っ人の重要性を認識させられた。だが、過去には助っ人に頼らない純国産打線で栄光を手にしたチームもある。

 1960年代以降、多くの球団が外国人選手を主砲に据えるなか、史上最強の純国産打線を形成したのが、V9時代の巨人だ。

 球団創設以来、日系のハワイ出身選手を除き、長い間、純血路線を貫いていた巨人は、V9時代においても、ONを中心に上位下位切れ目のない“助っ人要らず”の強力打線が売りだった。V4を達成した1968年のオーダーを見てみよう。

 1番レフト・高田繁(.301、9本塁打、30打点)、2番セカンド・土井正三(.293、3本塁打、47打点)、3番ファースト・王貞治(.326、49本塁打、119打点)、4番サード・長嶋茂雄(.318、39本塁打、125打点)、5番センター・柴田勲(.258、26本塁打、86打点)、6番ライト・国松彰(.256、12本塁打、58打点)、7番捕手・森昌彦(.228、11本塁打、46打点)、8番ショート・黒江透修(.284、7本塁打、37打点)。9番を打つ投手も、一発長打のある堀内恒夫、金田正一がいて気が抜けず、代打陣も充実していた。

 その巨人も、長嶋が現役引退し、新監督に就任した75年は、長年の禁を破り、“ポスト長嶋”として現役メジャーリーガーのジョンソンを入団させている。以来、現在に至るまで助っ人を補強しつづけているのは、ご存じのとおりだ。

 けっして強力打線とは呼べなかったものの、純国産打線でリーグ優勝をはたしたのが、86年の広島だ。広島も巨人同様、長く純血路線を続けてきたが、72年に“解禁”され、75年の初優勝時にはシェーン、ホプキンスの両助っ人が活躍した。

 だが、古葉竹識監督最終年の85年、広島は投手も含めて外国人ゼロの純血路線を復活させ、阿南準郎監督に替わった翌86年は、巨人との熾烈な争いを制して2年ぶりのリーグVを達成した。同年は次のようなオーダーだった。

 1番ショート・高橋慶彦(.284、21本塁打、55打点)、2番ライト・山崎隆造(.275、7本塁打、43打点)、3番ファースト・長内孝(.254、19本塁打、58打点)、4番レフト・山本浩二(.276、27本塁打、78打点)、5番サード・衣笠祥雄(.205、24本塁打、59打点)、6番センター・長嶋清幸(.268、12本塁打、54打点)、7番セカンド・正田耕三(.288、1本塁打、11打点、小早川毅彦と併用)、8番捕手・達川光男(.274、9本塁打、46打点)。

 主軸の山本、衣笠がともに39歳とあって、夏場の8月は26試合中3得点以下が18試合と貧打に苦しんだが、質量ともに充実した投手陣とリーグ一の守備率をバックに「相手より1点多く取れば勝ち」(阿南監督)のバランス型野球で頂点に上りつめた。

 同年の優勝を手土産に山本が引退すると、翌87年はランスとジョンソンの両助っ人が加入。純血路線は2年で終わりを告げた。

 近年は純国産打線で優勝したチームこそ見当たらないが、助っ人が非レギュラーの“準国産打線”で栄光を掴んだチームもある。

 2002年の巨人は、新外国人のクレスポが打率.122、2本塁打、7打点と戦力にならず、140試合中133試合までが純国産のオーダーだった。

 1番レフト・清水隆行(.314、14本塁打、58打点)、2番ショート・二岡智宏(.281、24本塁打、67打点)、3番ライト・高橋由伸(.306、17本塁打、53打点)、4番センター・松井秀喜(.334、50本塁打、107打点)、5番ファースト・清原和博(.318、12本塁打、33打点)、6番サード・江藤智(.242、18本塁打、56打点)、7番セカンド・仁志敏久(.244、8本塁打、42打点)、8番捕手・阿部慎之助(.298、18本塁打、73打点)。このほか、元木大介、斉藤宜之も準レギュラーとして、故障で55試合出場に終わった清原の穴を埋めた。その清原も日本シリーズでは2本塁打を放ち、西武を4タテしての日本一に貢献した。

 だが、本塁打王、打点王の二冠に輝いた松井がその年のオフにヤンキースに移籍すると、ヤクルトの主砲・ペタジーニを獲得するなど、再び助っ人の力を頼るようになった。

 日本シリーズには進出できなかったものの、2018、19年とリーグ連覇を達成した西武の“山賊打線”も、メヒアの印象が薄く、実質純国産のオーダーを組んだ。特に18年は、NPB歴代3位の792得点を記録。リーグ防御率は最下位ながら、10点取られても11点取るという従来のセオリーを覆す打高投低型チームだった。

 1番センター・秋山翔吾(.323,24本塁打、82打点)、2番ショート・源田壮亮(.278、4本塁打、57打点)、3番セカンド・浅村栄斗(.310、32本塁打、127打点)、4番ファースト・山川穂高(.281、47本塁打、124打点)、5番捕手・森友哉(.275、16本塁打、80打点)、6番ライト・外崎修汰(.287、18本塁打、67打点)、7番DH・栗山巧(.256、8本塁打、52打点)、8番サード・中村剛也(.265、28本塁打、74打点)、9番レフト・金子侑司(.223、1本塁打、34打点)。ちなみに辻発彦監督はこの打線を“獅子おどし打線”と命名している。

 そんな歴史的な重量打線も、秋山、浅村、森がFAで流出し、今オフも山川がFA宣言。わずか5年で解体してしまったのは、寂しい限りだ。(文・久保田龍雄)