國學院大・後村光星

 今年も熱戦が繰り広げられている大学駅伝。10月9日の出雲、11月5日の全日本を終え、いよいよ年明けの1月2、3日の箱根駅伝へと向かう。駒澤大が史上初となる2年連続での大学駅伝三冠達成にリーチをかけているが、その他にも見どころタップリ。今回は箱根デビューが期待される1年生ランナーに注目したい。

 最も注目される1年生ランナーが、東京農業大の前田和摩(報徳学園卒)だ。高校3年時のインターハイ5000mで4位(日本人1位)に入ると、大学入学後にメキメキと頭角を現し、6月の全日本選考会10000mでは留学生の先頭集団に食らい付いてU20日本歴代2位となる28分03秒51をマーク。そして10月14日の箱根予選会で初のハーフマラソンながら1時間1分42秒、日本人トップでゴールしてチームを10年ぶりの本戦出場に導いた。そして三大駅伝デビューとなった全日本では2区を任されると、10位から6人抜きで従来の区間記録を更新(区間3位)して見せた。その軸のブレない安定感のある走りは堂々たるもの。チームとしての目標はシード権獲得になるが、その中でもスーパールーキーの箱根“衝撃デビュー”が期待される。

“絶対王者”駒澤大は層が厚く、昨季三冠メンバーも多くの残っている中で1年生ランナーが付け入る隙はなかなかない。現に、出雲、全日本での1年生の出走はなかった。それでも期待したいのが、安原海晴(滋賀学園高卒)だ。今春の箱根で7区を走った安原太陽(4年)の弟であり、高校3年時に世界クロスカントリー選手権U20の日本代表として出場した期待のルーキー。5000mのベストタイムは13分56秒45。出雲、全日本は補欠メンバーに入りながら未出走に終わったが、コンディションや展開次第では箱根路での“兄弟出走”の可能性は大いにある。

 全日本2位で打倒・駒澤大の一番手としての期待される青山学院大では、鳥井健太(清風高卒)に注目だ。中学時代から都道府県駅伝に出場するなど経験豊富で、大学進学後もタイムを伸ばし、9月に5000mで13分36秒73のベストタイムをマーク。出雲で5区に抜擢された際は区間10位と期待に応え切れず、全日本は未出走に終わったが、11月12日に行われた世田谷ハーフで自身初のハーフマラソンながら1時間2分35秒の好タイムで見事に優勝を果たした。この調子を維持すれば箱根でも好走間違いなし。どの区間に配置するかは難しいところだが、チームに勢いを付けるという意味ではキーマンになるとも言える。

 出雲4位、全日本3位の國學院大は、伊地知賢造(4年)、平林清澄(3年)、山本歩夢(3年)の3人が軸になるが、後村光星(仙台育英高卒)と吉田蔵之介(埼玉栄高卒)のルーキーにも期待が集まる。高校時代の都大路で1区9位と好走した後村は、全日本で1区を任されるとトップから7秒差の6位と好走。箱根では山下りの6区を希望しており、注目される。一方の吉田は、11月19日に行われた上尾シティハーフマラソンで全体9位(チーム2位)となる1時間2分29秒と好走して箱根のメンバー入りをアピール。音楽グループ「ケツメイシ」のリーダー大蔵を父に持つことで話題となっているが、箱根路で自らのランナーとしての実力を見せつけたいところだ。

 さらに注目なのが、順天堂大の吉岡大翔(佐久長聖高卒)である。高校時代に石田洸介(東洋大3年)、佐藤圭汰(駒澤大2年)が更新した5000mの高校記録を大幅更新(13分22秒99)。高校の先輩にあたる大迫傑とも並び称された才能を持つ逸材ランナーだ。だが、注目された大学駅伝デビューは“不発”。出雲では1区で出走するも途中で脇腹を抑えながらの走りで区間11位。続く全日本では三浦龍司(4年)からタスキを受けての3区を走ったが区間14位に沈んだ。本来ならば東京農業大の前田和摩とのスーパールーキー対決を期待したいところだが、そこから約2カ月間でどこまでコンディションを上げられるか。

 今春の箱根で総合2位となって名門復活を宣言した中央大には、実力派の1年生が多く揃う。柴田大地(洛南高卒)は高校時代のU20クロスカントリー世界大会で安原海晴を上回って日本人1位の実績を持ち、11月12日の宮古サーモン・ハーフマラソンでは1時間3分26秒で優勝。間違いなく世代トップのランナーだ。さらに本間颯(埼玉栄高卒)は全日本で5区を任されて区間5位と好走。伊藤春輝(川崎橘高卒)、鈴木耕太郎(國學院久我山高卒)も高校時代に実績を残しており、箱根で抜擢される可能性はある。

 その他、出雲2位、全日本6位と上位争いを続ける創価大では、小池莉希(佐久長聖高卒)が出雲2区で5位、全日本4区で16位と経験を積み、織橋巧(中京高卒)は全日本1区で4位と好走して今後へ向けての大きな希望となった。また、出雲6位、全日本10位の早稲田大では、工藤慎作(八千代松陰高卒)が出雲4区10位、長屋匡起(佐久長聖高卒)が出雲6区6位と大学駅伝デビュー済み。東海大の南坂柚汰(倉敷高卒)は、高校卒業前の2月に高校記録となるハーフマラソン1時間03分15秒で走り、箱根予選会ではチーム内で2位の好走。全日本では4区を走って区間9位のタイムではあったが2人を抜く力走を見せた。

 箱根駅伝で1年生が活躍すると、そのフレッシュさとともに「あと3年も見れる」というワクワク感を抱く。果たして新春に“衝撃デビュー”を飾る1年生ランナーは現れるのか。箱根路へ向かうルーキーたちに期待したい。