日本ハム時代の西崎幸広(OP写真通信社)

 今オフは2018年のセーブ王、ソフトバンク・森唯斗が年俸4億6000万円から戦力外となり、世間を驚かせた(その後、DeNAが獲得)。過去にも高額年俸を貰っていながら、まさかの戦力外通告を受けた主力選手が何人か存在する(金額はいずれも推定)。

 エースとして開幕投手を務めたシーズン終了翌日に、青天の霹靂とも言うべき戦力外通告を受けたのが、日本ハム・西崎幸広だ。

 1986年のドラフト1位で日本ハムに入団した西崎は、1年目からリーグ最多勝(88年)を含む5年連続二桁勝利を挙げるなど、10年間通算114勝2セーブを記録。同期の阿波野秀幸(近鉄)とともに“トレンディエース”と呼ばれた。

 だが、8度目の開幕投手を務めた97年は、右足内転筋や首筋を痛め、8試合登板の3勝3敗、防御率3.12というプロ入り後最低の成績でシーズンを終えた。

 こうした事情から、西崎はFA権を行使せず、残留を決めたが、10月3日、球団から「残れば(年俸1億3000万円から)大幅ダウンだ。それにトレードもある」と思いもよらぬ非情通告を受けた。チームの若返りを図る上田利治監督の次年度構想から外れていたのだ。

「今まで自分がやってきたことは何だったんだという感じですね」とショックを受けた西崎だったが、「こうなったら何とか見返してやりたいという気持ちが強いよ」と日本ハムと対戦できるパ・リーグの球団への移籍を希望した。

 その後、西崎の実力を評価した西武・東尾修監督が「(現役時代に着けていた)21番を譲る」とラブコールを贈り、先発投手が不足するダイエーも参戦。だが、ダイエーは交換要員で折り合わず、同29日、石井丈裕、奈良原浩との2対1の交換トレードで、西武への移籍が決まった。

「戦力外通告を受けたときから、日本ハムを叩くためにパ・リーグを希望していた。復讐心がないと言えば嘘になる。(目標の)10勝のうち、8勝は日本ハムから挙げたい」。

 リベンジを誓った西崎は、翌98年は脇腹の故障などで1勝に終わったが、抑えに転向した99年は4月7日の日本ハム戦でセーブを記録し、ルーキー・松坂大輔のプロ初勝利をアシスト。「ここで逆転されたら、国民的悪者になるところだった」の名セリフを披露している。

 高年俸選手への戦力外通告といえば、年俸2億2000万円から自由契約になった2017年オフの巨人・村田修一を思い出すファンも多いはずだ。

 同年の村田は、開幕からマギーに三塁の定位置を奪われたものの、一塁も守るなど、118試合に出場し、打率.262、14本塁打、58打点を記録。減額制限を超える大幅ダウン提示はあっても、戦力外はまずないと思われた。

 ところが、10月13日の交渉の席で待っていたのは、「来季契約を結ばない」という事実上の解雇通告だった。鹿取義隆GMは「まだ十分選手としては力があると思うが、特に内野手の若返りを図るためにこういうことになった。苦渋の決断だった。(金銭や人的補償が必要なFAより)自由契約のほうが彼にも選択肢が広がるということで自由契約に至った」と説明した。

 通算2000安打まで「135」に迫っていた村田も「必要とされるところで、野球がやりたいです」とNPB他球団でのプレーを望んだが、願いは叶わなかった。

 当時、移籍先候補に挙げられながら、獲得を見送ったヤクルト・小川淳司監督は「村田がいると、つい使いたくなってしまう。しかし、それでは若手が育たない」と語っている。使いたい選手なのに獲らないのは、「そりゃ、ないよ」と言いたくなるような話だが、翌18年、ヤクルトはドラ1ルーキー・村上宗隆がシーズン終盤に三塁を守るなど、21、22年のリーグ連覇への布石を打つことができたのも事実。巨人も同年は岡本和真、吉川尚輝が一気に台頭し、両チームの新旧交代は大成功を収めた。

 村田にとっては、37歳という選手として晩年にあたる時期に、補強ポイントと合致する複数のチームで若返りプランが実行されたことが不運だった。しかし、現役最終年となった18年、BC栃木に入団した村田は「できる最善を尽くしたい」と最後まで全力プレーをまっとうした。

 減額制限を超える大幅ダウン提示をのむか、自由契約を選ぶかという事実上の戦力外通告に対し、自ら自由契約を選んだのが、オリックス・坂口智隆だ。

 11年に最多安打のタイトルを獲得し、選手会長や主将も務めた坂口も、15年は5月に登録抹消後、2軍のままシーズンを終えていた。球団は年俸7500万円の坂口に25パーセントを超える減額を提示し、「この金額か自由契約か選んでくれ」と究極の選択を突きつけた。

 すると、坂口はその場で「今までありがとうございました」と自由契約を選択。「バットとグラブだけ持って野球人として1から勝負したい」と再スタートを宣言すると、11月13日、最初に声をかけてくれたヤクルトに60パーセントダウンの年俸3000万円で入団した。金額の問題ではなく、チームに必要とされ、勝負できる環境があるかどうかというこだわりからだった。

 翌16年、「もうあとがないし、新しい自分をつくれたら」と生まれ変わった気持ちで野球に取り組んだ坂口は、主に1番センターとして141試合に出場、打率.295、39打点を記録し、新天地で見事レギュラー返り咲きをはたした。(文・久保田龍雄)

久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。