上皇ご夫妻に誕生日のあいさつをするため、仙洞御所に入る愛子さま=23年12月1日 代表撮影

 天皇、皇后両陛下の長女・愛子さまは12月1日で22歳に。次世代の皇室を担う愛子さまのこれからに期待することとは? 愛子さまが誕生されたころから皇室番組の放送作家をするつげのり子さんに話を聞いた。

*  *  *

「愛子さまへの国民からの期待が高まっていますよね」と話すのは、愛子さまが誕生された2001年から皇室番組の放送作家をするつげのり子氏。

 22歳になり、来年3月には学習院大学を卒業予定の愛子さまだが、成年皇族となっての初めての記者会見以降、世の中の愛子さまへの期待感は確かに膨らんでいる。現在、追い込み中と思われる卒業論文のテーマも気になるところだ。

「愛子さまはいま卒論を書かれている真っ最中だと思います。卒論のテーマは発表されてはいないのですが、おそらく『源氏物語』などの平安時代の古典文学など、まさに日本文学の原点に関心があり、そのあたりをテーマに挑んでいらっしゃるのではないかと思われます。

 最近も、11月21日に東京国立博物館で特別展「やまと絵ー受け継がれる王朝の美ー」を天皇陛下と雅子さまとご一緒に鑑賞されました。その時に、源氏物語絵巻の夕霧をご覧になって、愛子さまが物語の登場人物の関係性について“親近感がある”と話されていたと報道されていました。

 この言葉から拝察するに、愛子さまは『源氏物語』を何回も何回も読み込んでいらっしゃる。それぞれの登場人物を反芻するように思い出されているからこそ、“親近感がある”とおっしゃったのではないかと思いました」

特別展「やまと絵―受け継がれる王朝の美―」を鑑賞する天皇、皇后両陛下と長女愛子さま=23年11月21日 代表撮影

 卒業論文の提出を終えると、来年3月には学習院大学を卒業予定だ。卒業後の進路に関して、国民の生活を鑑みて「留学をしないのではないか」とも一部では報じられているが、つげ氏はこう推察する。

「天皇陛下もそうであったように、学習院大学卒業後は大学院に進学する可能性は高いと思います」

 天皇陛下は、1982年3月に学習院大学文学部史学科を卒業後、学習院大学大学院人文科学研究科博士前期課程に進み、83年からイギリスのオックスフォード大学マートン・カレッジに留学している。

「特に愛子さまの場合、コロナ禍で3年間はオンライン授業で、大学に通うことができませんでした。実際に大学に登校され、キャンパスライフを経験できたのは今年の春からでしたね。卒業後、大学院に通うことで、学生時代にしかできない経験を積み重ねられるのではないかと思います」

 さらに、つげ氏は愛子さまの大学卒業後の進路は天皇陛下と同じ道を歩むのではないかと話す。

「大学院での生活を経て、海外に留学されるのではないかと思います。時期に関しては、何年先になるかはわかりませんが、天皇陛下も雅子さまもお二人とも留学経験があり、留学で得た経験をそれぞれ大切にされています。そのことから、我が子にも留学を経験してほしいと考えていらっしゃるのではないかと思います。

 天皇陛下ご自身も学習院大学大学院在学中にオックスフォード大学に留学されていますので、愛子さまも陛下と同じステップを踏まれるのではないかと思います。

 陛下はオックスフォード大学時代、自分のことを日本のプリンスだと知っている人がいない中で自由な時間を味わうことができたという経験がおありなので、我が子、愛子さまにもそんな経験を、というのは、親心としては自然に湧いてくるものではないかと思います」

23年8月、髪を肩までの長さにバッサリ切ってイメチェン。那須御用邸附属邸ご滞在の愛子さま 代表撮影

 留学経験はこれからの皇室を担う愛子さまにとって「大切な経験」とつげ氏は考える。

「愛子さまが皇族の一員として務めを果たされるようになれば、国際親善が重要視される公務を担う場合も多くなるはずです。留学経験は外から日本を見るという観点からも大切だと感じます。語学を習得する以上に、海外で暮らすと、その国の文化や習俗に対して理解が深まり、海外の方たちとの接し方を習得できるので、留学はこれからの愛子さまにとって有意義で貴重なプラスの経験になると思います」

 愛子さまには、天皇陛下と雅子さまという、海外生活の「経験者」が身近にいる。進路の相談をするにも心強いことだろう。

 また、卒業後の進路とともに、注目が集まるのが初の単独公務だ。

「一般参賀や佳子さまと雅楽鑑賞、天皇ご一家で展覧会鑑賞などへのお出ましはありますが、単独公務というのがまだ実現しておらず、いつになるのかと期待されています。おそらく、卒論を終えて、大学を卒業されるといよいよ単独初公務に臨まれるでしょう。近郊から始めて、徐々に地方へと行かれることになると思います。

 公務では、皇室の方は、初めて訪れる場所で、初めて会う方たちとお話しをされます。愛子さまはご自身の性格を“人見知りのところがある”と話されていますが、成年の記者会見では、笑顔を絶やさず堂々と話されていたので、いざ単独公務となっても完璧にできてしまうのではないでしょうか。

 そう期待してしまうほど、愛子さまは成年の記者会見で見事な力量を見せてくださいました。人見知りという性格から公務は緊張されるかもしれませんが、かえって自然な感じでやりとりできるのではないかと思います。

 愛子さまは自然な笑顔をされるので、ご自身のペースでやっていかれたらいいのではないかと思います。愛子さまの自然な笑顔を見ている側も自然と笑顔になり、『笑顔の連鎖』になると思います。22歳になられ、これからの活躍が本当に楽しみです」

 愛子さまの笑顔は、確かに見ているこちらも微笑んでしまう、温かい引力がある。笑顔あふれる22歳の愛子さまに期待はますます高まる。