楽天を自由契約になった安楽

 ショッキングなニュースが流れた。楽天・安楽智大が複数のチームメートにパワハラ行為をしていたことが複数のメディアで11月下旬、一斉に報じられた。森井誠之球団社長は仙台市内で30日に記者会見を開き、安楽のパワハラ行為を認めたうえで、「契約保留選手名簿」から外して自由契約となった。

 球団の発表によると、在籍する選手やコーチら計137人にアンケートを実施。92%が回答し、被害を受けたのは約10人、ハラスメント行為を見聞きしたのは約40人に上ったという。具体的には、公式戦のロッカールームで倒立させたチームメートの下着を脱がすなどして下半身を露出させた、「バカ」「アホ」などの暴言をチームメートに浴びせた、忘れ物やミスをしたチームメートから「罰金」と称して現金を徴収したことなどがパワハラ行為として確認された。

 楽天を取材する記者は憤りを口にする。

「倒立させて下半身を露出させるなんてパワハラの一言では済まされないですよ。被害に遭った選手はトラウマになってもおかしくない。こんな異常な行為が止められない環境で優勝なんかできるわけがない。今回の件で一番悪いのは安楽ですが、退団することで解決したというわけではない。問題はもっと根深いですよ」

 かつては、チームで実績十分の主力選手が横柄な態度を取って、若手選手にパワハラまがいの行為に及ぶことを見聞きしたことは何度もあった。パ・リーグ球団のOBは、「理不尽なパワハラは日常的にありましたよ。夜中の3時に『酒を持ってこい』と後輩を宿舎の部屋に呼びつけたり、理不尽な理由で朝まで電話で延々と説教したり。今の時代では通用しないですけどね」と漏らす。

謝罪する球団関係者
1軍で絶対的な主力とはいえなかった

 パワハラではないが、チームメートへの暴行が判明した事例で思い出されるのが、今オフに出場機会を求める自身の希望で巨人を自由契約となり、中日に移籍した中田翔だ。日本ハムに在籍していた2021年8月4日のエキシビションマッチ・DeNA戦(函館)の試合前にベンチ裏で後輩のチームメートと会話していた際、突発的に腹を立てて手を出したことが判明。日本ハムは統一選手契約書第17条(模範行為)違反で1軍・ファーム全ての試合の出場停止処分を科した。現役続行の危機を迎えたなか、中田は巨人に無償トレードで電撃移籍することが同20日に両球団から発表された。

 日本ハムでかつて、中田とチームメートだった球界OBはこう振り返る。

「中田さんが後輩に手を出したことは決して許されませんが、嫌われていたかというと違う。神経は繊細な人で後輩の面倒見が良かったですから。安楽のパワハラ行為はどうなんですかね……。ここまで調子に乗らせたのはチーム内に『パワハラを黙認する空気』があったように感じます。詳細は分からないけど、被害に遭った人間が10人もいれば周りもたいがい気づいているはずです」

 安楽と親交がある他球団の関係者も同調する。

「楽天は先輩、後輩の関係が近くアットホームなイメージがあったのでびっくりしました。安楽は人なつっこくて、先輩になつくのがうまい。でも後輩へのイジリはきつい時がある。パワハラなんて言語道断ですよ。ウチなら先輩が即座に厳しく注意してやめさせる。野球の成績うんぬんではなく、人として間違っていますから。何で周りが止めなかったんですかね」

済美高校時代の安楽

 今回の問題で球界内から驚きの声が聞かれた共通点として、1軍で絶対的な主力とはいえない安楽がパワハラ行為に及んでいたことだった。21年から3年連続で50試合以上に登板し、今季は57試合登板で3勝2敗10ホールド、防御率3.04をマークしたが投球内容を見ると決して安定しているわけではない。注意する人間がいない大ベテランならともかく、安楽はまだ27歳と若い。グラウンド外の常軌を逸した言動、行動に注意できる人間が周りにいなかったのか――。

 他球団の編成担当は、「今回の一件は対岸の火事ではない」と厳しい表情を浮かべる。

「良好に見える関係でも、SNSの普及で裏では何が起きているか確認できない部分がある。昔より先輩、後輩の上下関係が緩やかになった分、先輩が間違った行動を注意しにくくなっている空気があるかもしれない。パワハラを受けたら我慢せず球団フロントに伝えることができる環境づくりを徹底する必要があります」

 安楽は猛省しているという。ただ、自身の愚行で失った代償はあまりにも大きい。安楽個人、楽天球団内の問題と捉えず、球界全体で今回の事態を重く受け止めなければいけない。

(今川秀悟)