深田恭子

 女優の深田恭子(41)が結婚間近とみられていた不動産投資会社「シーラテクノロジーズ」の杉本宏之会長と破局したことを5日、スポーツニッポンなどが一斉に報じた。

 2人は2018年11月から交際。一時期は破局したと言われながらも関係は続き、最近は結婚も取り沙汰されていた。

 今年4月、同社の米国ナスダック(NASDAQ)市場への新規上場が承認された際には、深田の資産管理会社が同社の株を保有しているといった報道もあり、杉本氏も「恩返しができたのかなと思います」と語っていた。

 だが、スポニチの報道によると、深田は過去に主演したドラマに携わった男性演出家と“急接近”し、東京・六本木の隠れ家風のバーで一緒に仲良く飲んだり、この演出家が深田所有の都内のタワーマンションを1人で訪れたりしていたという。また、男性演出家が深田に送ったとされるLINEのメッセージの内容なども掲載している。

 杉本氏は同紙の取材に対し、「お別れしたのは事実です」と認めて「彼女の幸せを願っています」とコメント。深田の所属事務所は「プライベートは本人に任せています」と破局をしなかったという。

「うる星やつら」のコスプレをする深田恭子

■結婚願望はあまりない?

 深田の“浮気”が原因とも取れる破局報道だが、これに対してSNS上では「なんか結婚しない気がしてた」「何となく想像していた結末。独身だし、どっちが悪いとかはないんじゃないかな」など、深田を批判するようなトーンの書き込みは少ないようにも感じる。

 それはなぜなのか。芸能ジャーナリストの竹下光氏はこう語る。

「深田さんは昔から“恋多き女”として世間に認知されており、電撃破局とはいえ、意外性に乏しいという要素もあるのではないでしょうか。それに加えて、今回の破局記事では私的なLINEのやりとりの内容なども記されていましたが、これは当事者にかなり近しい人間しか知り得ない情報であり、その暴露の仕方に違和感を覚える人が多かったということも関係していると思います」

 深田といえば、過去にはジャニーズタレント、脚本家、お笑い芸人、ミュージシャンなど数多くの男性たちとの熱愛が報じられてきた。

 熱愛報道が途切れないことから“恋愛体質”であることはうかがえるが、結婚までには至らない。その理由について、さる芸能事務所のマネジャーは「深田さんは結婚願望はそれほど強くないのでは」と分析する。

深田恭子(写真:アフロ)

■サポートしてくれる「主夫」がほしい

「深田さんは中学生の時にデビューして以来、25年以上にわたって芸能界の最前線で活躍し続けており、根っからの“女優体質”でもあります。仕事が好きすぎるところもあるように感じます。21年5月に適応障害の治療のために芸能活動を休止した際もわずか4カ月ほどで復帰しましたが、仕事をしている方が気持ちが安定するからではないかと言われました。実際、過去には『この仕事が大好きでずっと続けたいからサポートしてくれる主夫が欲しい』と話していたくらいですからね。結婚して家庭に入るよりもバリバリと仕事をこなす方が性に合っているタイプで、やり手実業家の杉本さんとの交際が伝えられた時から正直、その組み合わせに意外な感じがありました」

 恋愛体質ではありながらも、今はまだ、家庭を築くよりも仕事に情熱を注いでいたいタイプなのかもしれない。

(立花茂)