国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭の開会式に出席される天皇、皇后両陛下=23年10月15日

 皇后雅子さまは12月9日に60歳の誕生日を迎えられた。昨年、59歳の誕生日に「人生のちょうど半分ほどを皇室で過ごしてきたことに感慨を覚えております」と感想をつづられたが、還暦を迎える今年はご成婚から30年、令和になって5年の節目の年だ。雅子さまが皇室に、そして私たちのもたらしたものとは? 象徴天皇制に詳しい歴史学者で名古屋大学人文学研究科准教授の河西秀哉氏に聞いた。

*   *   *

 長かったコロナ禍が明け、一般参賀や園遊会など復活した皇室行事も多かった2023年。コロナ禍は、私たちの実社会にさまざまな変化をもたらした。名古屋大学准教授の河西秀哉氏は、その変化が「雅子さまにとってよいほうに働いたのではないか」と指摘する。

「一般にお代替わりの儀式というのは大変ですから、雅子さまのご負担は大きかったかと思います。もし、雅子さまがずっとお代替わりの儀式後も様々な公務を継続せざるを得なかったとしたら、どこかでお疲れが出てしまわれたかもしれない。

 コロナ禍があったことで、もちろん国民のことを思って精神的に気を使われた部分は多かったと思うのですが、さまざまな活動が制限されたことで、体調と相談しながら公務に関わることができる機会になったかもしれません。

 コロナ禍も落ち着き、この一年、皇室行事や公務が再び行われるようになってきました。そうした公務が、雅子さまのご体調に過度な負担にならないようにしなければならないと感じます」

■”働き方”を考える時代

 河西氏はコロナ禍を経て、「いままでと同じでよいのか、私たちも考えるべき時に来た」と話す。

「私たちにとっても、“24時間働けますか?”という時代はもう終わりました。社会状況も働き方を問われる時代ですから、公務の在り方そのものも考えなければならないときにきていると感じます」

 確かに、実社会でも働き方改革という視点があり、また、コロナ禍を経て、働き方にも変化があった。河西氏はこう話す。

「コロナ禍はオンライン行幸啓というのがありました。最近はほとんどなくなってしまいましたが、その経験を活かして、現在も公務にオンラインを活用するのも“あり”だと思うんです。

福島県三島町の「社会福祉法人みしま 特別養護老人ホーム桐寿苑」をオンラインで訪問する天皇、皇后両陛下=23年1月25日午後、皇居・御所「大広間」、宮内庁提供

 例えば、いまや報道番組でもゲストのオンライン出演は当たり前になり、それで事足りていることもあります。皇室だけがすべてをオンラインからリアルに戻さなければならないというのは、違うなと感じます。もちろん、オフラインの良さもあります。それと、オンラインの良さを、雅子さまの体調を考えながら、両方とも採用できるといいですね。

 コロナ禍を経て、私たちはオンラインとリアルのハイブリッドでやっている。雅子さまを含む皇族の方々の公務に関しても、そういう方法も検討しなければいけないのに、現在はあまりそのようにはなっていない。雅子さまをはじめ皇族の方々から“オンラインにしてください”と言うことはできないでしょうから、私たちや宮内庁が考えていかなければならないのではないか」

 河西氏が提案するのは、あくまでもリアルとオンラインのハイブリッドとそれぞれの役割分担だ。

「もちろん“来てほしい”という要望があれば検討するべきですが、オンラインには遠方とすぐにつながれたりするオンラインの良さもあります。また、天皇、皇后両陛下が、何が何でもお二人そろって行事に臨席しなければならないというわけでもないとも思います。

 例えば、国体の開会式には天皇陛下だけが参加し、その前後の地方視察には雅子さまも同行されるのでいいと思うのです。

 典型的な儀式ばったものへの参列ではなく、国民とのリアルな触れ合いの方を雅子さまが担われるのがいいと思います。

 雅子さまは、病気療養があったからこそ人の苦しみがより理解できる部分もあったり、愛子さまを育てたことによる母としての考えなどをお持ちだったりすると思うのっで、“うちにも来て、こっちにも来て”という形で行事に参列するのではなく、国民との直接的な触れ合いを重視するよう、宮内庁が差配しながらやっていくべきではないかと思います」

 令和になって5年がたち、雅子さまがもたらした変化を河西氏が感じることがあるという。

■印象的で大きな変化が

「ここ最近、海外から大統領夫妻など要人が訪問さだれたときに、その方たちと天皇、皇后両陛下は“円形”に並ぶようになりました。

 例えば、他国の大統領夫妻が来日されたとき、いままでは皇后陛下は大統領夫人の隣に座り、夫人とお話しをするという座席の配置でした。いまは、円形に並び、テーブルを囲んでいます。

会見に臨むフィリピンのマルコス大統領夫妻と天皇、皇后両陛下=23年2月9日、皇居・御所「小広間」、宮内庁提供

 小さなことのように見えますが、これは印象的で大きな変化です。天皇、皇后両陛下と来賓が一緒になって対等に話されているような印象を受けました。

 天皇、皇后両陛下が立場上対等だとはいいませんが、雅子さまはご自身の立ち位置を理解されていて、これからも積極的に国際親善に取り組まれていかれるのではないでしょうか」

 コロナ禍が明け訪日客が増えているが、さらに海外要人の来日も多くなるだろう。「そこはやはり外務省出身の雅子さまの持前のセンスが光るところだと思います」と河西氏は話す。

「雅子さまの様子を見ていると、海外の方との交流の中でも細やかな気づかいをされている。エリザベス女王の国葬でイギリスに訪問されたときや今年の6月にインドネシアの公式国際親善に行かれたときに、大切な方を雅子さまが呼び止められてあいさつされていたり、話しかけたりされている様子をお見受けしました。

 さすがの心遣いだと思いました。雅子さまは、天皇陛下のパートナーとして、国際親善をはじめ、海外公務でも積極的に活躍されていくのだろうなと思います」

 雅子さまの活躍の場は、今後一層広がっていくに違いない。(AERA dot.編集部・太田裕子)