長打力がずば抜けている阪神の佐藤輝明

 日本球界を代表する選手たちが次々にメジャーに挑戦している。山本由伸がポスティングシステムでドジャースに移籍し、上沢直之は同システムでレイズとマイナー契約を結んだ。松井裕樹も海外FA権を行使し、パドレスに入団した。

 ただ、メジャーの評価が高いのは「日本人投手」で、野手で挑戦する選手は多くない。スポーツ紙デスクはその背景をこう分析する。

「野手は身体能力の差が如実に出る。内野手は特に厳しい。身のこなしや肩の強さを考えると日本人野手はどうしても劣ってしまう。外野手も長打を打てなければスタメンに定着するのは厳しい。ジャイアンツとマイナー契約を結んだ筒香嘉智、メジャーで2年間プレーした秋山翔吾(広島)も思うような結果を出せなかった」

■ミート能力とパワーを兼ね備える

 投打の二刀流で活躍しているドジャースの大谷翔平をのぞき、現在メジャーでプレーしている日本人野手はカブスの鈴木誠也、レッドソックスの吉田正尚の2人のみ。鈴木は移籍2年目の昨季打率.285、20本塁打、74打点をマーク。全ての主な打撃の指標で前年を上回り、メジャーでシーズン20本塁打をマークした日本人の右打者は初だった。メジャー挑戦初年度となった吉田は打率.289、15本塁打、72打点。メジャーを取材する通信員はこう語る。

 「鈴木、吉田は共に日本で首位打者を獲得するなどミート能力とパワーを兼ね備えた選手です。数字だけを見ればNPBの時より落ちていますが、十分に合格点をつけられる。吉田は昨季34四球でオリックス時代に比べて大幅に減っていることが指摘されますが、これは野球のスタイルの違いがあります。メジャーは中軸を担う選手に四球で出塁するより長打を求める傾向が強いので、打席での仕掛けが早くなる。出塁率が高い選手の評価が見直されてきていますが、打率が多少低くても長打を打てる選手が重宝されるトレンドは依然として続いています」

松井秀喜はヤンキース時代、守備能力の高さも評価された

 昨季44本塁打を放ち、日本人選手初のタイトルを獲得した大谷は異次元の選手だろう。日本では長距離砲として活躍した選手でも、メジャーでは中距離打者にシフトするケースが大半を占める。巨人で3度の本塁打王を獲得するなどNPB10年間で通算332本塁打をマークした松井秀喜氏(現ヤンキースGM特別アドバイザー)は、メジャー10年間で通算175本塁打。ヤンキース移籍後はフォームを改造し、勝負強い打撃でチームに貢献した。

■1、2年目は手探り状態

 メジャーでプレーした経験のある日本人選手は、メジャーで長打を打つ難しさを指摘する。

 「日本の投手と違って直球の回転が汚いんですよね。いわゆるムービングボールで、手元でシュートしたり、カットしたりするので捉えたと思っても芯を外される。球団数が多く、初対戦の投手が多いので対策が難しい。打者は投手の投げる球を体感しないと不利です。メジャーで年数を重ねればイメージがわいてくると思いますが、1、2年目は手探り状態なので結果を出すのが難しい。これは日本でプレーする助っ人外国人にも同じことが言えます。日本の野球は米国と配球が全く違うし、投手の特徴も分からないのですぐに活躍するのが難しい。近年は日本人投手のレベルが一気に上がっていますしね。あと、メジャーは一、三塁を守る選手にパワーヒッターが多い。日本も巨人の岡本和真、ヤクルトの村上宗隆が一、三塁を守っているので重なってしまう。メジャー挑戦を見据えるなら外野を守れたほうがいいですね」

逆方向に長打を飛ばせる日本ハムの万波中正

 松井がヤンキースに入団当初、打撃不振の時期が続いたが、スタメンから外されなかったのは左翼での守備能力の高さを評価されたからだった。守備能力が高ければ、下位打線で我慢して起用してもらえる。メジャーのスカウト陣から岡本が村上に匹敵する評価を受けているのは、内外野の複数ポジションを守れることだという。メジャーでプレーする選手の代理人は証言する。

■魅力的な選手

 「岡本は巨人で左翼も守っているが、ソツなくこなしていた。メインポジションでも十分に守れるでしょう。一、三塁と内野もうまいので起用法の幅が広い。打撃でも6年連続30本塁打以上を放ち、タイトルを3度獲得している。鈴木、吉田は元々長距離砲ではない印象だが、岡本は違います。彼の評価が№1ですね。気になるのはメジャーに挑戦する時期。27歳という年齢を考えると、年を重ねるごとに獲得のリスクが大きくなります。村上はメジャーでもパワーヒッターで通用する逸材だが、三塁の守備をもう少し改善してほしい。もちろん魅力的な選手です。2025年オフにポスティングシステムでのメジャー挑戦かと報じられましたが、争奪戦になることは間違いない」

 侍ジャパンが昨年のWBCで優勝を飾ったことも影響しているだろう。米国から日本人選手に熱視線が注がれている。将来のメジャー挑戦を希望しているロッテの佐々木朗希、西武の高橋光成、平良海馬は筆頭格だ。ただ、前出の代理人は「日本人野手にもメジャーで活躍する可能性を秘めた選手はいますよ」と明かす。

手元で動く球への対応力が高いDeNAの牧秀悟

 「一番気になるのは阪神の佐藤輝明。実際にメジャーの複数球団のスカウトが興味を示しています。彼の長打力はずば抜けている。ホームランアーティストとしての才能は岡本、村上に匹敵する逸材です。昨年の後半からコンタクト能力が上がってきたし、あのスケールの大きさは魅力です。シーズンを通じて好不調の波を少なくすれば成績が一気に上がるでしょう。ただ、三塁の守備は現時点で厳しいかな。送球に不安を抱えているように見える。米国では外野になると思います。日本ハムの万波中正も将来メジャーで活躍できる素材です。逆方向に長打を飛ばせるし、外野の守備は強肩で守備範囲が広い。昨季25本塁打を放ちましたが、40本塁打を狙える。あとはホームランバッターではないが、DeNAの牧秀悟は今すぐメジャーにいってもある程度の成績を残せるでしょう。彼は手元で動く球への対応力が高い。打率.280、15本塁打を残せるのでは。ただ問題は守備位置ですね。二塁が本職ですが守備範囲が狭い。一塁では打撃が物足りなく感じるので、守備を磨けばさらに評価が高まる」

■和製大砲

 佐藤は左打者で史上初の新人から3年連続20本塁打以上をマーク。昨季は自己最多の92打点をマークし、38年ぶり日本一の原動力になった。ただ、「能力の高さを考えるとまだまだできる」と厳しい声が多い。在阪スポーツ紙記者は「本拠地が広い甲子園で浜風により右翼に飛ぶ打球が押し戻されるため、左打者が本塁打を量産するのはなかなか難しい環境ですが、佐藤なら40本塁打を打ってくれる雰囲気があります。彼の全盛期はこれからでしょう」と言葉に力を込める。

 メジャーで通用する日本の長距離砲は大谷だけじゃない――。NPBの和製大砲たちが証明する時代はやってくるだろうか。

(今川秀悟)