上田ケンジと小泉今日子による音楽ユニット、黒猫同盟(撮影/写真映像部・高野楓菜)

 上田ケンジ(音楽プロデューサー)、小泉今日子(歌手・俳優・プロデューサー)による音楽ユニット黒猫同盟。本をテーマにしたポッドキャスト番組「ホントのコイズミさん」の音楽制作のために結成され、2021年にアルバム「Un chat noir」、今年2月22日に2ndアルバム「ムーランルージュの黒猫」を発表。また、2022年の杉並区長選挙を記録したドキュメンタリー映画『〇月〇日、区長になる女。』の音楽を担当するなど、活動の幅を広げている。「下の世代の人たちのためにも、大人が楽しく音楽をやっている姿を見せたい」(小泉)という二人に、音楽を続ける意義、音楽と社会の関わりなどについて聞いた。

* * *

――黒猫同盟はもともと、小泉さんのポッドキャスト番組「ホントのコイズミさん」の音楽を制作するために結成されたとか。

小泉今日子「ポッドキャスト番組でよく流れているライセンスフリーの曲がカッコイイ曲ばかりであまり好きではなくて(笑)。自分たちで作ったオリジナル曲だったら使えるということだったので、上田さんを恵比寿の喫茶店に呼び出して、“こんな番組をやるんだけど、曲を作ってくれない?”と話したのが最初です。2〜3曲あればいいかなと思ってたんですけど……」

上田ケンジ「どんどん作ってしまって(笑)」

小泉「そのときから黒猫同盟という名前はあったんですよ。“猫の目線で社会を見て、ちょっと風刺的ことも歌いたい”という話をしたら、上田さんの脳みそがグルグル動いたみたいです」

上田「ちょうど2020年のコロナ禍だったから、社会に対して言いたいことがたくさんあったんですよね。猫目線だったら、“自分じゃなくて、猫が言ってるんだよ”と言うことにできるかなと」

小泉「直接歌ってもいいんだけど、あまり目くじら立てるのもよくないのかなと。私は普段から言いたいことを言ってますけど、“猫が言ってる”のほうがかわいいじゃないですか(笑)」

上田「淡々と穏やかに伝えるということですね」

小泉「黒猫同盟の曲だったら、子供が聞いても何かを感じてくれるかもしれないし」

上田「後になって“そういう意味だったのか”とわかるのも楽しいよね」

小泉さんがSpotifyオリジナルPodcast「ホントのコイズミさん」を始めるにあたり、既存の曲をかけられないのならオリジナルを作ればいい!と上田さんに声をかけたことが黒猫同盟のはじまりだという(撮影/写真映像部・高野楓菜)

■「私たちには若い人を支える役目がある」

上田「小泉さんは“私たちみたいな大人が楽しくエンターテインメントしているところを若い人に見せたい”とも言ってましたね」

小泉「コロナになったばかりの頃は大人たちも不安や不満ばかりだったし、これはどうにかしないといけないなと思って。私自身のことで言うと、当時は俳優業が中心になっていて、ほとんど歌ってなかったんです。でも、“私たちが音楽を発信することで少しでも元気になってくれる人がいたらいいな”と思って。歌う理由ができたんですよね。まずは配信ライブからはじめて、黒猫同盟が動きだして、そこから自分のホールツアーにつながって。そちらも上田さんに手伝ってもらいました」

――2022年に行われた小泉さんの31年ぶりのホールツアー(「小泉今日子 TOUR 2022 KKPP (Kyoko Koizumi Pop Party)〉」)ですね。

小泉「お客さんは圧倒的に40代、50代が多いんですが、音楽を楽しむのはもちろん、“私たちには若い人を支える役目があるんだよ”ということを共有したいと思っていました。これは昔から思っていることだけど、後から歩いてくる若い人たちのために街灯を付けたり、道を舗装してあげたくて。私自身はケモノ道というか、草がボーボーの道を進んできた気もしますけど(笑)」

上田「そうだよね(笑)。僕はもともとパンクロックのシーンから出てきて、その後、スタジオミュージシャンやプロデューサーの仕事を始めたんですよ。音楽の勉強もしたし、弦楽器のアレンジも学んだんですが、“パンクの人には無理でしょ”と言われてしまうこともあって。これは結果を出さないとダメだなと思って、トップテンに入るようなアーティストのプロデュースを10年やったんです」

小泉「“結果を出さないとやりたいことがやれない”というのは本当にそうで。“そんなの売れるわけないよ”と言われてもがんばって続けて、結果を出さないと認めてもらえないので。そのためには知識も必要だし、勉強もしなくちゃいけなくて。上田さんとは同じ時代を生きてきたし、眺めてきた景色も一致してるから、分かり合えるところがあるんだと思います。上田さんは作詞家としても素晴らしくて。独特の文学性があるんですよ」

背中に猫があしらわれた黒猫同盟オリジナルの衣装。グッズ販売もしているという(撮影/写真映像部・高野楓菜)

上田「小泉さんが教えてくれた本からも刺激をもらってます」

小泉「本も私だちの共通項ですね。以前、上田さんに『samida-rain』という曲を書いてもらったんですけど、歌詞を読んだときにアリ・スミスの『五月』という短編とつながりを感じたり」

上田「小泉さんとは向田邦子さんの愛読者という大きな共通点があるんですよ」

小泉「あとは健康や料理の話。二人とも無添加という言葉が大好きなんです(笑)」

――新作アルバム「ムーランルージュの黒猫」がリリースされましたが、楽曲の制作はどのように行われているのでしょう?

上田「曲は常に作っているので、できたら小泉さんに『こんな曲できたよ。どう?〉という感じで送るんです」

小泉「時間があるときに上田さんのスタジオに行って、その場で歌って」

上田「歌ってるうちにどんどんメロデイが変わっちゃうんです(笑)。歌いやすさ、弾きやすさも大切にしていて。そうすればミュージシャンもお客さんもカジュアルに楽しめると思うので。小泉さんが教えてくれる猫の話がヒントになることもありますね。『チーズの船』という曲もそう」

小泉「“船乗り猫”(ネズミを捕まえるために商船や艦艇に乗せられた猫)の話ですね」

■ライブでは黒猫同盟流“反戦歌”のみ撮影OKに

――「東の島にネコがいたVol.3」という楽曲は、爆風スランプの「東の島にブタがいたVol.3」のリメイクですね。

小泉「爆風スランプのみなさんに提供していただいた『東の島にブタがいたVol.2』という私の曲があって。そちらはコブタの旅をテーマにしたかわいい曲なんですが、爆風スランプさんが歌う“Vol.3”は反戦歌なんです。2022年の私のツアーで“Vol.2”を歌っていたんですが、ツアー中にロシアのウクライナ侵攻がはじまって。上田さんに「“Vol.3”の歌詞を歌いたいんだけど、どうかな」と相談したら、「いいと思う」と言ってくれたんですよね。そういうメッセージは一過性ではなくて、いろんなところで、いろんな形で伝えるしかないと思っていて。黒猫同盟のアルバムにも、ブタをネコに変えた『東の島にネコがいたVol.3』を収録したんです。ライブではこの曲だけ撮影OKにして」

上田ケンジさん(撮影/写真映像部・高野楓菜)

――SNSでも拡散されていましたね。

小泉「そうですね。私、SNSの使い方をぜんぜんわかってなかったんですよ。BTSのファンになってから、ライブの動画撮影を許可しているアーティストがたくさんいることを知って。それ以来、私も1〜2曲は撮影OKにしてますね」

上田「日本のアーティストは撮影NGが多いよね」

小泉「そういうことも含めて自由にやりたかったんですよね。事務所を辞めたのも、“自分の責任でやれる状態にしたら、いろんなことが始まるだろうな”と思ったから。上田さんも自分でレーベルや事務所をやっているので、話が早いんですよ」

上田「もちろん関わってくれる人たちには相談しますけど、“これをやりたいんだけど、どうかな?”とテーブルに乗せることはできますからね」

小泉「俳優もミュージシャンも独立する方が増えてますよね。独立系の方たちとの仕事は風通しがいい気がします。発想も行動も自由で楽しいです」

上田「そうやって面白いことが広がっていくといいよね。音楽業界もそうで、メジャーレーベルから離れたシンガーが集合体を作って活動を続けていたり」

小泉「個として動けるようになれば、いろんな集合体が作れますからね。そういう動きは今後も増えていくと思います」

――3月からは黒猫同盟の全国ツアーも。小泉さんのなかで現在の歌へのモチベーションは?

小泉「2022年のツアーの前はかなりブランクがあったし、不安もあったんですけど、いざステージに立ったらすぐに思い出しました。黒猫同盟のツアーは小さい会場も回るんですけど、私は90年代からクラブやライブハウスでもやってたんですよ」

上田「黒猫同盟の場合は、アコースティック編成でもやれるからね」

小泉「小編成で何ができるかを試せるのも楽しくて。私はいきなり“この曲をやりたい”って言いだしたりするんですよ(笑)」

上田「優秀なミュージシャンたちが手伝ってくれるので、大丈夫です(笑)」

小泉「違う楽器を持ってきてくれたり、いろんな提案もしてくれて。嫌なことが一つも起きない、幸せな現場ですね」

小泉今日子さん、上田ケンジさんによる黒猫同盟(撮影/写真映像部・高野楓菜)

■杉並区長選を追った映画の主題歌を担当

――黒猫同盟はドキュメンタリー映画「〇月〇日、区長になる女。」の劇伴、主題歌「黒猫同盟のミュニシパリズム」も担当しています。

小泉「監督のペヤンヌマキさん(劇作家・演出家)と去年、舞台(『ピエタ』)を作っていたんです。そのときから“杉並区長選が面白いことになっていて、撮影している”という話を聞いていて。映画化が決まったときに“『ミュニシパリズム』(杉並区民が作った応援歌)を小泉さんに歌ってもらって、もっといろんな人に広めたい”と言われたんですよ。黒猫同盟のほうがマッチするなと思ったし、上田さんも賛同してくれて“できることはやるよ”と言ってくれたので劇伴も担当させてもらいました」

上田「音楽を作るために映画を何回も見たんですが、選挙のシーンになるとドキドキしちゃうんですよね。当選するのは知っているのに」

小泉「映画館でも拍手が起きたそうですね。公開の規模も広がっているので、ぜひ見てほしいです」

――“ミュニシパリズム”(地域に根付いた自治的な民主主義や合意形成を重視する考え方。地域主権)をテーマにした映画に関わることも意義がありますね。

小泉「そうですね。(社会や政治に対して)何か意見を発信するたびに“右だ左だ”と言われちゃうんですけど、私はまったくそんなつもりはなくて、ダメなものはダメだし、当たり前のことを言っているだけだと思ってるんですよ。さっきも言ったように、伝えたいことは何度でも、いろんな形で発信し続けることが大事。黒猫同盟もそうだけど、歌で伝えるのはすごくいいなと思います」

――それも小泉さんが歌う理由なんでしょうね。黒猫同盟の今後の活動については?

上田「続けていきたいですね。曲作りは日課なので、何かできたら小泉さんに連絡します(笑)」

小泉「自由にやっていけたらいいですね。今年の2月で58歳になったんですけど、60歳までは歌おうと思っていて。そこから先は白紙です(笑)」

(取材・文/森 朋之)

黒猫同盟/上田ケンジと小泉今日子による音楽ユニット。ユニット名は、二人が同時期に保護猫の黒猫を引き取り飼い始めたことに由来する。黒猫の目線を通して見つめた今の世の中を音楽で描くユニット。ちなみに上田の猫の名前はひじきちゃん、小泉の猫は小福田さん。猫の日でもある2月22日に2ndアルバム『ムーランルージュの黒猫』を発売。2023 年に行われた初の全国ツアー会場限定販売CD としてリリースされた「チーズの船」「私のおうちの絵描さん」のニューミックスバージョンや爆風スランプの「東の島にブタがいた Vol. 3」を猫に置きかえカバーした「東の島にネコがいた」など、黒猫の目線を通して見つめた今の世の中を音楽で描く全10 曲が収録されている。3月から全国ツアー「黒猫同盟TOUR 2024 めざせ!モンマルトル」も開催される。