ファームで土台作りからコツコツ積み重ねた

 中日ファンは心が躍っただろう。先発ローテーション入りを狙う根尾昂が順調な仕上がりを見せている。

17日の練習試合、DeNA戦(北谷)で3回無安打無失点のパーフェクト投球。最速143キロの直球にカーブ、フォークを織り交ぜ、得意のスライダーは封印した。大阪桐蔭の先輩でもある今中慎二臨時コーチから教わったカーブの精度もまずまず。映像で確認した他球団のスコアラーはこう分析する。

「まだ打者の状態が仕上がっていないことを差し引いても、直球にキレがあり制球もまとまっていた。緩急や奥行きを効果的に使う投球術は村上頌樹(阪神)と重なります。村上のレベルに達するには制球を磨く必要がありますが、球のキレと制球力を磨くという方向性に迷いがなくなった印象がある。体も一回り大きくなって出力が上がった感じがします。先発ローテーションに入ってくる可能性は十分にありますし、要警戒ですね」

■土台作りからコツコツ

 1年前の春先を考えれば、見違える姿に進化している。昨年は投手に転向して初めてシーズンを迎えたが、春先はフォームが固まらずブルペンの投球練習で暴投を連発していた。シーズン途中に野手から投手に転向した2022年は25試合登板で防御率3.41と合格点をつけられる内容だったが、根尾に何が起こったのか――。

「投手として3年以上のブランクがあったにもかかわらず、22年は150キロ台を連発して騒がれましたが、痛打を浴びて限界を感じたと思います。速いだけの投手は捉えられると感じ、脱力したフォームから直球のキレ、変化球の質の高さを求めて投球スタイルを作り直した。思い描く理想と現実のギャップに悩んだ時期もあったと思います。だが、根尾はブレなかった。1軍登板は9月の2試合のみに終わりましたが、ファームで土台作りからコツコツ積み重ねたからこそ、這い上がれたのだと思います」(中日を取材する記者)

2022年シーズン途中に野手から投手に転向した
ドラフト1位で指名された

 ファームで土台作りからコツコツと。ドラフト1位で遊撃として将来を嘱望された根尾に足りなかったのがこの点だった。課題の打力は確実性を欠き、打率が上がらないため1軍に定着できない。ファームでも2割台前半となかなか殻を破れなかった。中日のOBは「首脳陣に聞くと、『教えても根尾は結果が出ないと変えてしまう』と漏らしていた。頭のいい選手なので教えられたことを自分の判断でアレンジしてしまう。でも、教えられた形を突き詰めないとステップアップできない。フォームがコロコロ変わっていたけど、本人に焦りがあったんじゃないかな」と振り返る。

■他球団に入っていたら……

 天才肌の選手が初めて味わう大きな挫折だったのかもしれない。大阪桐蔭では1年夏からベンチ入りし、2年春から3年夏まで4季連続で甲子園大会出場。2年春、3年春、3年夏で全国制覇と圧倒的な強さを誇った。根尾は投手と遊撃手の二刀流で活躍し、同学年の藤原恭大(ロッテ)、柿木蓮(日本ハム)、横川凱(巨人)と共に「大阪桐蔭最強世代」と称された。投げて、打って、守って。誰もが認める天才的な野球センスは高校レベルを凌駕していた。プロ入り後も明るい未来が拓けているかに見えたが、現実は厳しい。野手で結果を残せず、立浪監督と話し合った末、投手に異例の転身を決断したのはプロ4年目の22年6月。「遊撃で活躍する姿を見たかった」という声はいまだに少なくない。

 ドラフト1位で指名された際、中日、巨人、ヤクルト、日本ハムが競合している。与田剛元監督が当たりくじを引き当てたが、他球団に入っていたらどのような野球人生になっていただろうか。

立浪監督は恩人になるか

 他球団のスカウトはこう語る。

 「高校時代は二刀流でプレーしていましたが、投手ではなく遊撃・根尾の方が評価は高かった。おそらく他球団もそうでしょう。ただ、中日でなく違う球団に入ったら活躍していたかというと、そんな甘い世界ではない。根尾と同期入団の藤原、吉田輝星(オリックス)も伸び悩んでいますしね。ドラフト1位で入団しても活躍できずに消えてしまう選手はゴロゴロいます。ポジションがコロコロ変わった球団の方針に批判の声がありますが、中日は岡林勇希、高橋宏斗、松山晋也と若手が次々に台頭しています。育成能力が低いとは思わない。遠回りに見えるかもしれませんが、根尾はまだ23歳。投手に転向した運命は必然だと思います」。

中日の先発陣の一人、柳裕也

■正直、厳しかった

 スポーツ紙の遊軍記者は、立浪監督の決断を高く評価する。

「入団時にあれだけ騒がれた選手です。伸び悩んでいたとはいえ、投手転向の決断はなかなかできることではない。立浪監督も高卒のドラフト1位で中日に入団しているので、根尾のことは監督就任前から気にしていました。どうにか花を咲かせてやりたいと考えて、周囲からの批判を覚悟の上で投手として野球人生を歩むことを後押しした。あのまま野手で勝負していても正直、厳しかったと思う。投手としてこの先成功したら、立浪監督は恩人ですよ」

 根尾は特別なオーラを身にまとった選手だ。入れ替わりが激しい実力主義の世界で、入団時に注目度が高かった選手も結果を残せなければ、メディアやファンの関心が失われていく。だが、根尾は違う。現在も名前がコールされればスタンドから大歓声が上がるし、キャンプの練習試合で好投を見せればメディアに大きく取り上げられる。

中日の先発陣はタレントが揃う。その一人、高橋宏斗

 名古屋のテレビ関係者は、「根尾の人気は名古屋にとどまらず全国区です。ビジターのファンからも拍手が起こりますから。真面目な性格で派手なことを言うわけではないけど、グラウンドに立つと何かしてくれそうな予感を漂わせる。そういった雰囲気を出せる選手はなかなかいない。彼が活躍すれば中日ファンも盛り上がる。今年こそ救世主になってほしいですね」と声を弾ませる。

■アピールするしかない

 先発ローテーション入りに向け。チーム内の競争は熾烈だ。球団史上初の2年連続最下位に沈んだとは思えないほど、先発陣はタレントがそろっている。柳裕也、高橋宏斗、小笠原慎之介の3本柱に、左肘手術から復活を期す大野雄大、来日2年目のメヒア、ベテランの涌井秀章、トミー・ジョン手術から復帰してシーズン終盤に快投を見せた梅津晃大、22年ドラフト1位右腕の仲地礼亜らがしのぎを削っている。根尾も実戦登板で結果を残し続けてアピールするしかない。

 大卒プロ2年間で未勝利だった阪神・村上が昨年10勝6敗1ホールド、防御率1.75で最優秀防御率、MVP、新人王を獲得したように、きっかけをつかめば野球人生は大きく変わる。根尾も大輪の花を咲かせられるだろうか。

(今川秀悟)