2023年12月23日、半蔵門から上皇陛下の住む仙洞御所に向かう愛子さま(白滝さん提供)

 神奈川県在住の白滝富美子さん(83)は、皇后雅子さまの動向を追いかけて31年になる。1993年1月の天皇陛下と雅子さまの婚約発表の時から始まり、雨の日も風の日も、雅子さまの姿を無我夢中で追いかけ続けた。それゆえ、常に雅子さまの側にいらっしゃった愛子さまの姿も生まれて間もないころから写真におさめている。そんな白滝さんが語る、雅子さまと愛子さまの母娘愛とは――。

*  *  *

「愛子さまは生まれて間もないころに、雅子さまが抱きかかえている時からずっと撮り続けています。本当にかわいらしくて、ウチの孫みたいに思っています。小さいころはあまりお話をされなかったこともあり、いろいろと騒がれたこともありましたが、20歳の時に1人で臨まれた記者会見で、自分の長所や短所について、穏やかな声でお話されているのを見て、世間の印象もガラっと変わったと思います。すごく礼儀正しく、外に人がいれば、窓を開けてちゃんとお手振りしてくれる。成人されてからは公務にお出になるようになりましたが、今では、愛子さまだけでも、夢中になって追いかけています」

2024年1月1日、「新年祝賀の儀」に向かう愛子さま(白滝さん提供)

■愛子さまにお似合いのティアラ

 今春、愛子さまは学習院大学を卒業されるが、その後は日本赤十字社に就職すると発表された。カメラのファインダー越しに成長を見守ってきた白滝さんの目に、現在の愛子さまはどう写っているのか。

「愛子さまは常にニコニコされていて、本当に絵になるのよ。雅子さま譲りの笑顔ですね。成年行事では黒田清子さん(紀宮さま)のティアラを借りたことで『新調すべきでは』と議論にもなりましたが、あのティアラはダイヤモンドが輝いて、光の加減で色が変わってすごくきれいで、愛子さまにとてもお似合いです」

 2月23日には、天皇陛下の64歳の誕生日を祝う一般参賀が行われた。当日は寒く冷たい雨が降ったが、宮内庁の発表によると、皇居には1万5883人もの人が訪れたという。白滝さんは皇居・半蔵門付近で待機した。

「一般参賀は1回目を撮ろうと思うと、雨の中、3時間以上立ちっぱなしになってしまう。今は足の付け根が痛むこともあり、今年は一般参賀の撮影は諦めて、両陛下が一般参賀を終えて出てくるところを半蔵門で狙ったんです。陛下も雅子さまも、午前中に3回のお手振りをした後なので、ホッとした表情でしたよ。夕暮れでしたが、何とか撮れました」

2023年、那須御用邸に向かう雅子さまと愛子さま(白滝さん提供)

■雅子さま「あわや転倒」のハプニング

 昨年、白滝さんにとって思い出深い写真が撮れた。

 2023年8月21日〜9月5日、天皇皇后両陛下と愛子さまがご家族3人で、那須御用邸(栃木県)でご静養になった時のこと。8月21日のご静養初日、天皇陛下ご一家を地元の人たちを含め100人くらいがお出迎えするなか、白滝さんも那須駅に到着して待機していた。

 当日、ご一家が歩き出すとちょっとしたハプニングが起きた。

「雅子さまが歩道に置いてあったプランターにつまずいてしまったんです。慌てて足を上げてプランターを飛び越えたので、転びはしませんでしたが、後ろにいた愛子さまはその時、雅子さまに両手を伸ばして支えるような格好になって、一瞬、みんながワーッとなりました。なかには『雅子さまは運動神経がいいのね』と言っている人もいました」

 たしかに、その時の写真を見ると、愛子さまが両手を伸ばし、雅子さまの背中を支えようとするポーズになっている。母娘で支え合っているのを象徴するような1枚となった。

2023年8月21日、那須駅にて。転びそうになる雅子さまを両手で支える愛子さま(白滝さん提供)

 さて、ここからは昨年10月から現在までの約5カ月間、白滝さんの「追っかけ」ぶりを振り返ってみる。

2023年10月7日、皇居の乾門から出てこられる雅子さま(白滝さん提供)

■直近5カ月の「追っかけ」記録

 2023年10月7日の雅子さま。

「天皇皇后両陛下が鹿児島県で開催された『特別国民体育大会』の総合開会式に出席なさる時でした。その出発の際、雅子さまが皇居の乾門から出てこられる瞬間をアップで撮れました」

2023年10月20日、上皇后陛下の誕生日のときの天皇陛下と雅子さま(白滝さん提供)
2023年10月20日、上皇后陛下の誕生日のときの愛子さま(白滝さん提供)

 2023年10月20日の天皇皇后両陛下や愛子さまの写真は、上皇后陛下の誕生日に撮ったもの。

「車の中からのお手振りは、母娘でシンクロしていて、ピッタリと息が合っています。写真を撮ると、2人とも左手が口元にかかっていることが多いんです。一時期は右手でお手振りをしてくれていたのですが、最近はまた左手に戻っています」

2023年11月2日、園遊会の時の天皇皇后両陛下(白滝さん提供)

 2023年11月2日は園遊会の時の天皇皇后両陛下の写真。

2023年11月30日、秋篠宮さまのお誕生日のお祝いに駆けつけた愛子さま(白滝さん提供)

 2023年11月30日、愛子さまは秋篠宮さまのお誕生日のお祝いに駆けつけた。

「ちょうど、日が差していい写真が撮れました」

2023年12月1日、愛子さまの22歳のお誕生日(白滝さん提供)

 2023年12月1日の写真は、愛子さまの22歳の誕生日の時に撮影したものだ。

「出かける時には全く撮れなかったのですが、帰りに1枚だけ撮れていた写真です。焦って写真の上が切れてしまっていますが、それくらいギリギリで撮れた写真なんです」

2023年12月9日、雅子さまの60歳の誕生日の時の天皇陛下と雅子さま(白滝さん提供)

 2023年12月9日の写真は、雅子さまの60歳の誕生日のとき。天皇陛下、雅子さま、佳子さまが撮れた。

「佳子さまは愛嬌(あいきょう)がありますね。雅子さまもマスクなしの笑顔。誕生日で、みんな楽しそうです」

2023年12月23日、半蔵門から上皇陛下の住む仙洞御所に向かう愛子さま(白滝さん提供)

 2023年の最後は、12月23日の愛子さまの写真。

「上皇陛下の誕生日の時のものです。半蔵門から上皇陛下の住む仙洞御所に向かうところを狙いました」

2024年1月1日、「新年祝賀の儀」に向かう愛子さま(白滝さん提供)

■雅子さまと愛子さまが「元気の源」

 そして年が明けた2024年1月1日。元旦の愛子さまの写真。

「愛子さまが『新年祝賀の儀』に向かうため、皇居の半蔵門で張り込んでいて撮りました。正月なのでティアラをした愛子さまが撮れました。とてもステキです」

2024年1月19日、「歌会始の儀」に向かう佳子さま(白滝さん提供)

 2024年1月19日、秋篠宮家の次女・佳子さまの写真は「歌会始の儀」が執り行われた日のもの。佳子さまは〈待ちわびし木々の色づき赤も黄も小春日和の風にゆらるる〉と詠んだ。ちまたでは「恋の歌ではないか」などと話題を呼んだ。

2024年1月23日、渋谷の明治神宮ミュージアムに向かう雅子さま(白滝さん提供)

 2024年1月23日の雅子さまの写真。

「雅子さまが渋谷の明治神宮ミュージアムに向かうところ。午後4時40分ごろに撮れました」

 白滝さんに「足が痛いということですが、けっこう出動していますね」と言うと、白滝さんはこう答えた。

「夜はいい写真が撮れないからあまり行きませんが、日中は出勤しています。だって、雅子さまや愛子さまの顔を見ることが、元気の源だもの」

 83歳になった今も、その情熱はまだまだ衰えていない。

(AERA dot.編集部・上田耕司)