巨人時代の岡島秀樹(OP写真通信社)

 プロ野球のトレードは、シーズンオフの11月、12月に行われることが多いが、時にはシーズン開幕直前になって成立するものもある。ファンの記憶に残る開幕前の“駆け込みトレード”を振り返ってみよう。

 前年暮れにトレードを噂されながら、開幕直前の3月20日に発表されたのが、1995年のヤクルト・西村龍次、近鉄・吉井理人の交換トレードだ。

 西村は1年目の90年から4年連続二桁勝利を記録するなど、在籍5年で通算56勝。一方、吉井は88年から3年連続二桁セーブを記録し、93年から先発に転向していた。

 94年暮れ、ヤクルト・野村克也、近鉄・鈴木啓示両監督の会談で2人のトレード話が持ち上がった。西村は同年5月11日の巨人戦の死球が“危険球即退場”のルール導入のきっかけになるなど、制球に難があり、打撃も苦手。野村監督は「打撃やバントのないパ・リーグのほうが銭を稼げる」と口にしていた。吉井も鈴木監督との確執が噂され、そんな両者の思惑が一致したようだ。

 だが、年明け早々にも成立するとみられたトレードは、西村が拒否し、暗礁に乗り上げてしまう。翌95年2月のユマキャンプ中にも、新聞のトレード報道を気にした西村に、田口周球団代表が「移籍はない」と説明するひと幕もあり、トレードはご破算になったと思われた。

 ところが、3月11日になって、田口代表が西村を呼び出し、近鉄へのトレードを通告したことから、不信感を抱いた西村は「心の整理がつかない」として、数日間の猶予を求めた。

 その間、セ・リーグへの移籍を熱望していた吉井は「話がなくなるんじゃないかとドキドキしていた」そうだが、同17日、西村が田口代表との3度目の会談で移籍を了承し、同20日に2人のトレードが発表された。

 同年、吉井は先発で初の二桁勝利を挙げるなど移籍先で“再生”し、3年連続二桁勝利でヤクルトの2度の日本一に貢献。一方、西村は移籍1年目に5勝しただけで、3年後に自由契約と明暗を分けた。

 オープン戦も全日程を終えた3月27日に日本ハムへの電撃移籍が決まったのが、2006年の巨人・岡島秀樹だ。

 01年に25セーブを記録し、6年連続40試合以上に登板するなど、リリーフ左腕としてフル回転していた岡島は、06年シーズン中のFA権取得を前に、「FA取っても巨人に残留しよう」と“生涯巨人”を貫くつもりだった。

 ところが、3月23日のオープン戦(ヤクルト戦)を終えて帰宅後、「さあ、これから開幕だ」と気持ちを切り替えた矢先、球団から「明日事務所に来てくれ」と電話が入り、翌朝、日本ハムへの移籍を告げられた。捕手の実松一成、内野手の古城茂幸との1対2の交換トレードだった。

 日本ハム・高田繁GMが「左投手は1枚でも2枚でも必要」と岡島に白羽の矢を立て、控えの捕手と内野手の充実を図りたい巨人が応じた形だ。

 だが、岡島は「巨人は僕を必要としなくなった」という現実にショックを受け、しばらく落ち込んでいたという。そんな心の葛藤も、「どこへ行っても野球に変わりはない。また違った環境で野球ができるのだから、楽しまないとな」と桑田真澄に励まされたことで踏ん切りがつき、「巨人を見返してやる」と決意も新たに日本ハムの一員になった(自著「挑戦すれば道は拓ける どんな逆境にもへこたれない僕の生き方」 秀和システム)。

 そして、新天地では、「おお!来たな!」と大歓迎してくれた新庄剛志や北海道のファンの「頑張れ!」の声援に元気づけられ、55試合登板、2勝2敗4セーブ20ホールド、防御率2.14の好成績で日本一に貢献。同年オフにはFA宣言してレッドソックスに移籍するなど、「あのトレードがあったからこそ、野球を通じていろいろな経験ができました」と今でも感謝の気持ちを持ちつづけている。

 春季キャンプ終了直後に異例の同一リーグのトレードとして話題を集めたのが、2021年3月1日に成立した巨人・田口麗斗とヤクルト・広岡大志の交換トレードだ。

 13年にドラフト3位で巨人入りした左腕・田口は16年に10勝、17年に13勝と2年連続二桁勝利を記録。中継ぎに回った19年も55試合登板の3勝14ホールドとフル回転していた。一方、智弁学園時代に岡本和真の1年後輩だった広岡は、ヤクルト4年目の19年に10本塁打を記録するなど、一発長打が魅力の“未完の大器”だった。

 このトレードは、坂本勇人の後継ショートを探していた巨人が、広岡の潜在能力を評価し、獲得に動いたといわれる。これに対し、2年連続最下位からの脱却を目指すヤクルトも、先発投手不足を補うべく、故障の影響で2軍落ちしていた田口を指名。双方ともに補強ポイントを埋める実のあるトレードになった。

 結果的に得をしたのは、ヤクルトだった。入団会見で「転校生の気分でいます。今年は最後までローテーションに入って、ジャイアンツの連覇を阻止して、優勝したいなと思います」と語った田口は先発、リリーフの両方で最下位から優勝という“下剋上V”に貢献。昨季は“守護神”として3勝33セーブを記録するなど、トレードがきっかけで野球人生が大きく開けた。

 巨人時代に殻を打ち破れなかった広岡も、昨季途中に移籍したオリックスで9年目の飛躍を期している。(文・久保田龍雄)

久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。