一般参賀で手を振る天皇、皇后両陛下と愛子さま(撮影/写真映像部・松永卓也)

 2月23日の天皇誕生日は、あいにく雨が降り厳しい寒さだったが、宮殿・長和殿のベランダに天皇、皇后両陛下、長女の愛子さま、秋篠宮ご夫妻、次女の佳子さまが立ち、集まった多くの人たちに笑顔で手を振られた。

*   *   *

    注目は、愛子さまに集まる。愛子さまが学習院大学卒業後、日本赤十字社に就職すると知ったときは、正直なところ驚いた。大学院進学か、イギリスのオックスフォード大学留学と信じ込んでいたからだ。なぜなら、天皇陛下は同大学で2年間ほど学ばれた。留学記『テムズとともに』を手に取れば、いかに貴重な経験であったかが伝わる。また、雅子さまは外務省時代に同大学に留学された。それなら愛子さまが行かないわけはないと思っていた。

 しかし、愛子さまは、天皇家の長女として初となる研究職以外の就職をご自分で決めた。人を助ける仕事に就くのは長年のご希望だったという。愛子さまであれば同大学での学位取得も十分に可能だと思うし、日本文学の『源氏物語』などを欧米の大学講座などを通じて広めることも意義深いはずだが、それはまた先の楽しみなのかもしれない。

■愛子さまという女性ロイヤルを大切にしたい

 愛子さまの国民的人気は盛り上がる一方だ。穏やかな笑みの美しさや、たたずまいの優雅さはもちろん、それに加えて瞳には知的な輝きが宿っているように見え、スピーチにユーモアを巧みに挟む人間的なゆとりがある。

 愛子さまのような女性ロイヤルが皇室に登場されたことを、私たちは大切にしたい。それは、英王室のキャサリン皇太子妃(42)の最近の様子を思い出すからだ。妃は、ウィリアム皇太子(41)と大学時代に知り合い、結婚。スポーツは、スキー、ホッケー、テニスとまさに万能。ウェストミンスター寺院でのクリスマスの集いでは、見事なピアノ演奏を披露した。料理の腕も確かで、得意料理を聞かれて「カレー」と答えたときは、さらに親近感が増した。3人の子どもを愛情深く育てる一方で国内の公務も外遊もそつなくこなし、そのたびにマナーや思いやりなどを絶賛される。もちろん、皇太子との仲もよい。彼女は「パーフェクト・ケイト(完璧なケイト)」と呼ばれた。

2月16日、インヴィクタス・ゲームのイベントに出席するヘンリー王子とメーガンさん(REX/アフロ)

 そのキャサリン妃が今年1月突然病に倒れた。入院発表は注意深く手術後のタイミングで行われ、病名は今でも明かされず、約3カ月という見通しの異例の長期療養中である。国民は、妃に「あまりに多くを期待したのではないか」と振り返った。このところ、英王室は大きな出来事が続いた。2022年9月にはエリザベス女王が亡くなり国葬が、2023年5月にはチャールズ国王(75)の戴冠式が、執り行われた。キャサリン妃は、いずれの機会でも話題の中心だった。ファッションはもとより、表情の一つ一つが世界に伝えられ、夫との会話はリップリーダーが読み解いた。子どもたちについても「しっかり者のシャーロット王女」「あどけないしぐさのルイ王子」などと、おおむね好意的ではあったが、万が一トラブルが起きれば「母親のしつけが悪い」と糾弾されただろう。妃のこのところの緊張感は尋常ではなかったはずだ。

■キャサリン妃は反論できない立場

 そこに、さらなるストレスが加わった。メーガンさん(42)だ。ヘンリー王子(39)と結婚前から、メーガンさんは妃になぜか挑戦してくる。結婚式で花嫁に付き添うフラワーガールの服装にしても、妃がロイヤルウェディングでは慣習として「白タイツをはく」とメーガンさんに伝えても、彼女は「大げさ」「暑苦しい」と頑強に否定、結局、妃ははかないことに同意せざるを得なかった。そのとき、妃は泣いてしまったそうだが、王室離脱後にオプラ・ウィンフリ―氏とのインタビューでメーガンさんは「それはウソ。泣かされたのは私。王室は将来の王妃を守るため私を悪役に仕立てた」と言ってのけた。またメーガンさんは、妃の結婚にあたって、「先祖に労働者階級の炭鉱作業員がいたことが問題視された」と発言している。こうしたことがあっても、反論ができない立場の妃はさぞつらかっただろう。

 一方でヘンリー王子夫妻の離脱後は、2人が抜けた公務を引き受けるなど、忙しさも倍増した。

国葬後、エリザベス女王の葬列の後を進むキャサリン妃=2022年9月19日

■ロイヤルの健康は当たり前ではない

 キャサリン妃の今回の病気は、「責任感の強い妃が国民の期待に応えようと懸命の努力をしたこと」が理由の一つとして挙げられる。「ロイヤルも人間だ」「過剰な期待は本人をつぶす」「ロイヤルの健康は当たり前ではない」との声が上がる。

 翻って、私たちは愛子さまに過剰な期待をかけていないか。日本赤十字社の嘱託職員としての大活躍がすでに決まっているかのような論調も見られる。同時に皇室の公務も完璧にこなすと信じられている。誠実で努力家の愛子さまは、それらの声に応えようと頑張られるだろう。美智子さま、雅子さま、紀子さまなど女性ロイヤルがそろって不調を訴えられた。このことはイギリスなど海外ニュースでも、よく取り上げられる。間違っても愛子さまにプレッシャーをかけないよう、過度に持ち上げたり落としたりしないように心がけたいと思う。まもなく新しい世界に飛び込む22歳の女性が1つ2つ失敗しても、温かく見守りたい。ロイヤルとの健全な距離の取り方こそ私たちは学ぶべきなのかもしれない。