阪神・久保田智之

 NPBのシーズン最多登板記録は、1961年に西鉄・稲尾和久が達成した78試合が長い間、不滅の記録だったが、05年に阪神のリリーフエース・藤川球児が「80」に更新。そして、07年に前人未到のシーズン90試合登板の金字塔を打ち立てたのが、藤川、ウィリアムスとともに阪神最強のリリーフトリオ“JFK”を構成した久保田智之だった。

 07年、前年の抑えからセットアッパーに回った久保田は、シーズン初登板となった開幕2戦目、3月31日の広島戦で、2対2の6回から能見篤史をリリーフ、2イニングを無失点に抑え、勝利投手になった。チームも4月3日の時点で3勝1敗と白星が先行し、巨人、中日とともに首位で並んでいた。

 だが、左のエース・井川慶がヤンキースに移籍、前年二桁勝利の安藤優也、福原忍も故障で出遅れるなか、先発陣が手薄なチームは、4月28日から5月9日にかけて9連敗し、一気に最下位転落。5月末の時点でも、首位・巨人に7.5ゲーム差の5位と低迷した。

 5月19日の横浜戦で、杉山直久が開幕から41試合目でチーム初完投という一事からも、いかに先発陣が頼りなかったかがわかる。同年の阪神の先発投手の平均投球回数は、5回に満たず、12球団でワーストの4.96だった。

 当然JFKを中心にリリーフ陣への負担は増大し、開幕から4月末まで26試合で13試合登板だった久保田も、チームが苦しい時期の5月は、24試合中15試合に登板。5月3日の横浜戦、同4日の広島戦は、いずれも2点ビハインドながら、「行かなしゃあない。リードする展開にならんから」(岡田彰布監督)と2日連続の投入となった。

 だが、交流戦終了時点で、首位から12ゲーム差の4位だった阪神は、セの公式戦が再開されると、6月30日から7月31日まで6連勝も含めて16勝6敗と一気に上昇気流に乗る。

 快進撃の陰で、リリーフ陣への負担も一層苛酷になった。6月は12試合登板だった久保田も、7月は15試合、8月には月間最多タイ記録となる17試合に登板。開幕からの登板試合数も、8月31日のヤクルト戦で72試合目となり、2年前の藤川の記録まで残り29試合であと「8」に迫った。岡田監督も「記録は作らすよ。ここまで投げて作らせんかったら、失礼や。元気やから大丈夫!」と太鼓判を押した。

 だが、久保田は「記録は関係ないです」とキッパリ。記録更新よりも、右手首骨折で2カ月離脱した前年の分も併せてチームに貢献したい気持ちが強かったからだ。

 9月に入っても、久保田は連日マウンドに上がりつづける。同6日の横浜戦では、7回の全11球中10球までが直球で、すべて150キロ台。2イニングを無失点に抑え、チームの7連勝に貢献した鉄腕は「休みは要らないです。チームが勝ってくれればね」と語気を強めた。

 9月7日の巨人戦では、2点リードの8回に李承燁、二岡智宏に連続弾を浴び、同点を許すも、9回に代打・桧山進次郎の決勝ソロが飛び出し、勝利投手に。「桧山さんのお蔭です」と感謝した。翌8日の巨人戦も1点リードの8回を安打と四球の走者を背負いながらも無失点で踏ん張り、守護神・藤川にリレー。阪神は怒涛の9連勝で、ついにシーズン初の単独首位に立った。

 だが、9月14日の中日戦、4対3の7回に藤川と並ぶシーズン80試合目のマウンドに上がった久保田は、ウッズに逆転2ランを被弾。試合も5対7で敗れ、記録に花を添えることができなかった。

 そして、前人未到の81試合目となった翌15日の中日戦、前日のリベンジを期して2点リードの7回に登板した久保田は、安打と四球で1死一、二塁のピンチを招くも、井端弘和を152キロ外角直球で二ゴロ併殺に打ち取り、史上初の快挙を勝利で飾った。

 それでも久保田は「自分が記録を達成できたのはうれしいけど、恥じるような数字なんで……。球児が達成したときより防御率が悪いし(05年の藤川は1.36、久保田は9月15日の時点で1.96)、明らかに劣っている。昨日みたいなこともあるし、チームに申し訳ない」と反省の言葉に終始した。

 翌16日、中日に0対7と完敗し、首位の座を明け渡した阪神は、以後、息切れしたかのように勢いを失い、9月19日の巨人戦から8連敗してV戦線から脱落した。

 この間、久保田は3連敗中の9月23日のヤクルト戦で、「何とかなりそうな点差だったんでね」と0対1の6回から2イニング投げるなど、1カ月で16試合に登板したが、悪い流れを変えることができなかった。

 そんな苦闘の末、10月3日のシーズン最終戦、ヤクルト戦の8回にシーズン90試合目のマウンドに上がった久保田は、無失点で藤川につなぎ、ルーキー・上園啓史の8勝目と藤川の史上最多タイ46セーブ目をアシスト。シーズン144試合中90試合に登板したタフネス右腕は「僕のことはいいです。ただ、1年ケガなくできたことは良かった。上園の新人王、球児のセーブ記録もあったし、抑えられて良かった」とホッとした表情を見せた。

 同年は登板90試合で、9勝3敗46ホールド、防御率1.75と、現役生活で最も輝いた1年だった。

 その後、2019年に西武・平井克典が歴代2位の81試合登板を記録したが、近年は投手を酷使しない風潮が強まっており、今後、久保田の記録を破る投手は現れそうにない。(文・久保田龍雄)