前回西武を指揮した時代の渡辺久信監督

 松井稼頭央監督が休養し、渡辺久信GMが監督代行に就任した西武。渡辺代行といえば、2008年から13年までの西武監督時代の“ぶち切れシーン”の数々を覚えているファンも多いはずだ。

 監督就任早々、親子ほども歳が違う王貞治監督相手に口角泡を飛ばして舌戦を挑んだのが、08年4月30日のソフトバンク戦だ。

 ソフトバンクの先発・大隣憲司は3回まで西武打線をパーフェクトに抑えていたが、4回、先頭の片岡易之に同点ソロを被弾、1死後、中島裕之にも勝ち越しソロを献上すると、突然乱調となり、ブラゼル、GG佐藤に連続死球。西武は前日のソフトバンク戦でも2死球を食らっているとあって、大久保博元コーチが「昨日から何個目だ」と声を荒げると、捕手・山崎勝己が睨み返してきた。

 これを見た渡辺監督は鬼の形相でベンチを飛び出し、山崎に詰め寄った。その場はそれで何とか収まったが、5回にも先頭打者・細川亨が大隣からこの日チーム3つ目の死球を受けたことから、両軍ナインが飛び出し、あわや乱闘の騒ぎに発展する。

 王監督は謝罪しつつも、「誰も当てたいわけじゃない。先頭打者への死球なんて(故意では)絶対にない」と説明し、「死球も野球のうち。若い投手だし、試合で練習させなきゃいけないんだ」と言ってなだめようとしたが、渡辺監督は納得しない。「逆の立場ならどうなんですか。練習なら2軍でやってほしい。1軍の神聖なマウンドで投げさせないでください」と言い返した。

“球界のレジェンド”に物怖じすることなく、きつい言葉を連発する指揮官に、大久保コーチは後年、ゲスト出演した橋上秀樹氏のYouTubeで「もうダメだ、オレ、隠れようと思った」と述懐している。

 同じく死球をめぐって、当てられた選手以上にヒートアップしたのが、2011年7月11日のオリックス戦だ。

 8対1とリードした西武は6回2死二塁、3番・中島裕之が高宮和也から左脇腹に死球を受けたことに激高。バットを放り投げて、マウンドに突進した。

 たちまち両軍ナインによるもみ合いが始まるなか、オリックス・山田勝彦コーチが中島を非難する声を聞いた渡辺監督は「わざとじゃないにしたって、ぶつけたほうがごちゃごちゃ言えることじゃない」とぶち切れ、「まだ言ってんのか!こっちに来い!」と突っかかっていった。数人がかりで取り押さえられ、事なきを得たが、試合後も「よくわからないクソガキが何か言ってるから」と山田コーチを非難。これに対し、オリックス・岡田彰布監督も「知らん。向こうが来るんやもん。初戦もT(−岡田)にわからんように当てとるで」と反論した。

 ちなみに両監督が指揮をとった10年から12年までこのカードは死球などを原因とするトラブルが相次ぎ、遺恨試合の様相を帯びていた。

“闘将”星野仙一監督と掴み合いを演じたのが、13年6月27日の楽天戦だ。

 事件は1対10とリードされた西武の9回の攻撃中。2死無走者からスピリーに対し、小山伸一郎が背中を通過する143キロ速球を投げたことがきっかけだった。

 スピリーが色をなしてマウンドに歩み寄ったが、小山は帽子を取って謝る素振りも見せず、逆に「来るなら来い!」とばかりに胸を突き出した。両者が睨み合いながら距離を縮めていくと、両軍ナインが駆けつけ、もみ合いに発展する。

 星野、渡辺両監督も乱闘の輪の中になだれ込み、指揮官同士が胸を突き合わせる過激なシーンも。星野監督が渡辺監督の右腕を抑え込むと、しばらく両者は睨み合い、試合は約4分中断した。「野球を真剣にやっているんだから、こういうことはある」と渡辺監督がほとばしるような思いを口にすると、星野監督は「何もエキサイトしとらんよ」と年長者の余裕でさらりとかわした。

 この事件には伏線があった。初回の楽天の攻撃で、1死満塁からマギーの三ゴロを5-4-3の併殺に打ち取ろうとした際に、一塁走者・ジョーンズが二塁ベースに入った山崎浩司に強烈なタックルをかまし、負傷交代させていた。

 その後、7回にジョーンズが山本淳から左手甲に報復にも思える死球を受けたことから、星野監督は「スライディングは当たり前のプレー。三塁手が二塁に投げるのが遅かった」と指摘し、“報復死球”への怒りを見せた。

 そして、9点リードにもかかわらず、最終回に守護神・小山を投入。その小山は「プレー中のスライディングでどうこうやられても……。あの展開(9点リード)で僕が行くんだから、そういう意味でしょ」と語り、“やられたらやり返せ”と腹を括ってマウンドに行ったことがわかる。

 同年は9月25日の同一カードでも、7回1死二塁、銀次の二ゴロが一塁悪送球となり、浅村栄斗のタッチプレー判定をめぐり、渡辺監督が5分間にわたって猛抗議するシーンが見られた。そして、因縁の相手・楽天に優勝を許すと、「今年の優勝が楽天に決まったときには、監督を退こうかなと思っていました」とCS敗退後に退任した。

 今回はそれ以来、11年ぶりの現場復帰。監督代行としても、元気のないチームへのカンフル剤として、グラウンド上で“熱いナベQ”の姿が何度も見られそうだ。(文・久保田龍雄)

久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。