トレード候補として名前があがる日ハムの清宮

 リーグ連覇を狙う阪神だが、主力選手が軒並み打撃不振という想定外の事態が起きている。

 攻守に精彩を欠いた佐藤輝明は、5月中旬からファームで調整し、今月7日に1軍昇格したものの本来の姿には程遠い。復帰後5試合出場で19打数3安打、打率.158。結果を出さなければいけないという焦りもあるだろうが、ボール球に手を出し、甘い球を仕留めきれない。13日のオリックス戦ではスタメンから外れた。(記録は6月13日終了時点)

 佐藤以上に重症なのが、「不動の4番」として期待された大山悠輔だ。開幕直前に下半身の張りでオープン戦を欠場し、コンディションが心配されたが、春先から低空飛行を抜け出せない。6月に入り6番、7番と打順を下げてスタメン起用されたが結果を残せず、本人からの申し出により5日に登録抹消。ファームで無期限の調整へ入った。53試合出場で打率.199、3本塁打、19打点は大誤算だ。

 シェルドン・ノイジーも打撃不振で5月下旬からファームで調整する状態が続いた。

■連覇に向けてトレードの選択肢

 リーグ連覇に向け、佐藤と大山は復活してもらわなければ困る選手だ。一方で、2人の状態が上がらない事態も想定しなければいけない。本来1番の近本光司が6月から4番に入り、1番・中野拓夢、2番・前川右京の布陣でスタメンを組んでいるが、暫定的な布陣に過ぎない。スポーツ紙デスクは、戦力補強の可能性に言及する。

「巨人にシーズン途中加入したエリエ・ヘルナンデスが打撃好調で起爆剤になったように、外国人選手を補強する可能性が十分にある。ただ、助っ人は日本で結果を残せるか未知数です。そこでトレードという選択肢が出てくる。一、三塁を守れる長距離砲という観点で言えば、安田尚憲(ロッテ)、清宮幸太郎(日本ハム)は魅力的です。2人は村上宗隆(ヤクルト)と同期入団で、高校時代に『ビッグ3』と形容された逸材。トレードで放出するのは現実的ではないかもしれないが、可能性はゼロではない」

ロッテの安田尚憲

■潜在能力は高い安田

 安田は22、23年の9本塁打が自己最多と殻を破り切れていないが、選球眼は決して悪くない。フリー打撃で見せるライナー性の力強い打球を見ると能力の半分も出し切れていないように感じる。中村奨吾と三塁の定位置争いとなった今年は開幕早々に腰痛で離脱。4月下旬に1軍再昇格し、5月は16試合出場で月間打率.313と好調だったが、6月は6試合出場で打率.071と下降して、10日にファームに降格した。

「安田は長距離砲でなく、中距離砲だと思います。右中間、左中間を射抜く打球が特徴で、変化球への対応力もある。ただ、高校時代のほうがスケールの大きさ、怖さを感じさせる選手でした。伸び悩んでいる感は否めませんが、まだ25歳と若い。潜在能力を考えればもったいないですよ」(アマチュア担当記者)

■チームで守備位置がない清宮

 清宮は2017年のドラフト時に高校生最多の7球団が競合。当時は村上、安田より注目度ははるかに上だった。度重なる故障もあり1軍に定着できず、21年は1軍出場なし。背水の陣の22年、この年に就任した新庄剛志監督の助言で減量を敢行してスイングのキレを取り戻し、チームトップの129試合出場で打率.220、18本塁打、55打点をマーク。覚醒を予感させたが、その後の成長速度は物足りない。

 昨年は左腹斜筋筋損傷で約2カ月戦線離脱し、99試合出場で打率.244、10本塁打、41打点と不本意な成績に終わる。巻き返しを狙った今年だったが、1月末の自主トレ中に左足を捻り、左足関節捻挫でリハビリからのスタートとなった。開幕は2軍スタート、4月19日に一軍昇格したが打率.083、本塁打ゼロと快音は聞かれず、2週間足らずで登録抹消。6月11日に1軍再昇格し、13日の中日戦では2安打2四死球と全打席で出塁してチームの勝利に貢献したが、この活躍を続けることが重要になる。清宮が守る一塁はアリエル・マルティネス、三塁は郡司裕也が定位置をつかみ、右の和製大砲・野村佑希も控えている。今回のチャンスを生かせず再びファームに降格するようであれば、他球団へのトレード移籍も決して現実味がない話ではない。

昨年のWBCでは世界一に貢献した阪神の湯浅

■WBC戦士の湯浅が交換要員?

 阪神が安田、清宮をトレードで獲得を検討するとなれば、交換要員は出血覚悟の人選になる。在阪のスポーツ紙記者は「湯浅京己が有力候補になるのでは」と予測する。

「守護神と期待されながら結果を残せていない。今季は1軍で登板がないが、ファームで8試合連続無失点と直球の力を取り戻して来ている。本来の力を発揮すれば球界を代表するリリーバーになれる投手です」

 湯浅は新人の19年に腰椎の疲労骨折で2年間マウンドから離れたが、22年に大ブレーク。150キロを超える直球と落差の鋭いフォークを武器に59試合登板で2勝3敗43ホールド、防御率1.09をマークし、最優秀中継ぎ投手を受賞した。昨年は侍ジャパンに選出され、WBC制覇に貢献したが、シーズンは15試合登板にとどまり、0勝2敗8セーブ3ホールドとふるわない成績だった。今年は復活が期待されたが、2月の紅白戦、オープン戦と打ち込まれる登板が続き、岡田彰布監督から無期限のファーム調整を命じられた。開幕を2軍で迎え、1軍に1度も昇格していない。

 リリーバーはロッテ、日本ハム共に、補強ポイントと合致している。

 ロッテは守護神の益田直也がファーム降格を経験するなど防御率4.02と本来の安定感を欠いている。セットアッパーの澤村拓一も防御率4.15と制球難で崩れる登板が目立つ。吉井理人監督は投手の育成手腕に定評があることから、湯浅は魅力的な投手だろう。

 2年連続最下位から今季は2位に躍進している日本ハムも、救援陣の層が厚いとは言えない。長丁場のペナントレースを考えると、実績があるリリーバーは大きな戦力になる。ロッテと同様に移籍組の活躍が目立つ球団だ。中日から加入したマルティネス、郡司が中軸で不可欠な存在になり、現役ドラフトでソフトバンクから移籍した水谷瞬が交流戦では52打数26安打の打率5割と素質を開花させている。

「混戦のセ・リーグで阪神はリーグ連覇を狙えるチャンスが十分にありますし、日本ハムとロッテも首位のソフトバンクに差をつけられていますが、優勝を狙える位置につけている。他球団を含めて交流戦後に驚くようなトレードが成立しても不思議ではありません」(セ・リーグの球団編成部)

 38年ぶりの日本一に輝き、昨オフはFA補強に参戦せず、トレードにも動かず、静かに過ごした阪神。連覇に足りないピースを補充するため、戦力補強に動くか注目される。

(今川秀悟)