斎藤元彦知事「攻めの県政」がいかにも皮肉

 斎藤元彦・兵庫県知事が職員に対するパワハラなどの疑惑にさらされている問題で、県議会は6月13日、地方自治法に基づく調査特別委員会(百条委員会)の設置を求める動議を可決した。元西播磨県民局長が書いた内部告発の文書に対して「噓八百だ」と真っ向から否定してきた斎藤知事だが、県議会では自民党が百条委員会の設置に賛成し、瀬戸際に追い詰められている。

「兵庫県という組織がよりよくなっていくため、真実が明らかになっていくことを願っている」

 元局長はAERA dot.の取材にそう答えた。

 内部告発は、斎藤知事のパワハラに加えて、知事選での公職選挙法違反▽県内企業からの贈答品の授受▽兵庫県から補助金を受けている団体へのパーティー券の斡旋▽阪神とオリックスの優勝パレードでの「強制的な寄附」など。元局長が県議や報道機関に告発文書を配った。

 県は「文書の核心部分が事実ではない」として、元局長を停職3か月の懲戒処分にした。斎藤知事は第三者委員会のような外部調査を示唆。これに対して、県議会は調査が重大な問題で、より強制力がある百条委設置を検討してきた。

 百条委は、地方自治法100条に基づいて議会が設置する特別委員会。自治体における不祥事の真相究明などを目的としている。通常の委員会よりも強い調査権限があり、関係者に出頭を求めたり、証拠の提出を求めたりすることができる。

「3月末に内部告発があって、3か月になります。おおむね内容が当たっているのがはっきりしてきました」

 そう話すのは、百条委設置に賛成した丸尾まき県議。

 自民党のベテラン県議も知事を突き放す。

 この県議によると、一時はサプライズ辞職をして、他の候補の準備が整わない間に再選を試みる、そんな斎藤知事の「工作」まで聞こえてきたという。こうした噂に批判が高まった。

「最後は、『副知事が辞職するから百条委員会は勘弁して』と泣きを入れてきた。要は副知事に責任をとらせることで自分は逃れようとしている。疑惑は深まっており、県民は納得しません」

 百条委員会が決まった翌日、40代の県庁職員Aさんに話を聞くことができた。

「パワハラ、傍若無人なふるまい、恐怖支配に多くの職員が病んでいる。ある部長は今朝、『少なくとも百条委員会が終わるまでは、パワハラがないと思うとホッとするわ』と私に話しかけてきた。百条委でハッキリさせてほしい」
 

■「俺が来ているんだ」

 このAさんは、斎藤知事のパワハラの現場に遭遇したことがあるという。

 昨年、知事の視察に同行する機会があった。その視察先で知事が怒鳴り散らした。

「俺が来ているんだ。知事だ、知事なんだぞ」

 “瞬間湯沸かし器”と言われ、すぐに切れてしまうことは聞いていた。

 この時はなぜ切れてしまったのか。

 Aさんによると、斎藤知事は訪問先に15分前に到着するよう常に厳命しているという。県庁では「謎の15分ルール」と呼ぶ人もいる。その視察では、運転手が施設の入り口を間違え、1分にも満たない短い時間ながら、大回りすることになった。知事はまず、このことで怒った。

 到着すると、職員たちが知事を出迎えるために並んで待っていた。

 すると今度は、その職員たちの立ち位置が、知事の側から見ると少し離れていることに怒ったという。

 そして最後は建物内のエレベーター。

 知事が乗り込もうとしたところ、自動ドアが閉まりそうになった。

 これにも激怒し、「何やってんだ」と知事の大声が響き渡ったという。

「すさまじい形相で恐怖を覚えました。ただ出迎えのために集められた地元の女性スタッフは、震えがとまらないほどでした。実際にパワハラを目の当たりにしましたが、ここまでひどいとは…」

 斎藤知事が県庁を離れて視察に行くことを周囲の職員は「遠足」と呼んでいるという。「知事に同行するのは懲罰のようなものです」と振り返る。

 内部告発文書で指摘されている「贈答品」に関しても、Aさんは聞いたことがあるという。知事の側近の部長が「先方の会社がいい手土産をくれて、知事がご機嫌で助かった。(先方に)言っておいてよかった」と話していたという。

「普通に県庁で仕事をしている職員なら、疑惑のことは1度や2度は聞いたことがある。マスコミやSNSで出るたびに、職員は『また暴露されてきた』と喜んでいます」

 丸尾県議は告発文書をきっかけに、県職員へのアンケートを実施した。パワハラについては回答した21人のうち7人、贈答品については6人が見聞きするなど「知っている」と指摘したという。
 

 県庁外で行われる公務の際、斎藤知事には個室の用意が必要になる。丸尾県議は、「尼崎市のイベントでは、授乳室を知事専用の個室にしていたとの情報が寄せられ、知事も認めました。私のアンケートは個人としてやりましたが一定の成果があった。百条委では全職員のアンケートを実施する方向。さらに厳しい追及になるでしょう。証人として県職員が呼ばれることになるだろうが、斎藤知事には人事などで不利益にならないようにしてほしい」と話す。
 

■吉村知事「事実関係を発信された方がいい」

斎藤知事(左)と吉村知事

 斎藤知事は、総務省から大阪府の財政課長に出向していた時期がある。「吉村洋文知事から受けがよく、それで兵庫県知事という道が開けた」(大阪府幹部)

 内部告発で混迷の一途をたどる斎藤知事について、吉村知事は記者会見で、「斎藤知事が(自身で)事実関係を発信された方がいい」と話した。

 斎藤知事は「百条委員会の設置は大変重い。自分の言葉で説明できるか機会を設けたい」と述べている。