安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭を巡る疑惑が国会で再浮上している。



 東京地検特捜部の捜査などで、ホテルに対して補填した分の領収書のあて名が安倍氏の資金管理団体「晋和会」となっていたこと。さらにホテル側から受け取った領収書を安倍氏側が廃棄したという疑惑も浮上した。

 25日の衆院予算委員会で、菅義偉首相は「検察の捜査に全面的に協力していると述べている」と防戦一方だった。

 そして野党が要求している安倍氏の国会招致については、「国会で決めることだ」との見解を示したが、党は頑なに拒んでいる。安倍氏の地元、山口4区の後援者はこう話す。

「桜を見る会の問題が出たとき、地元の参加者の大半が、東京のホテルで会費5000円は安すぎると、安倍事務所が何らかの形で補填をしているのだろうとは薄々、感じていた。やっぱりという感じだ。いつ、検察に呼ばれるのか、とみな、ビクビクしている」

 安倍氏側が補填していたのは、5年間で約800万円とされる。政治資金収支報告書に記載されておらず、政治資金規正法の虚偽記載に該当するとみられる。

「ここまで大きく報じられ、国会でも取り上げられると、より捜査の範囲を拡大させねばならない。おまけに、安倍氏側が証拠となる領収書などを破棄したとなれば、家宅捜索などの強制捜査や安倍氏の事情聴取も視野に入ってくる」(捜査関係者)

 さらに安倍氏にはもう一つの「難題」が浮上している。

 今年7月に公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された元法相で衆院議員の河井克行被告と妻で参院議員の河井案里被告の裁判だ。

 11月17日と20日、案里被告の被告人質問が行われた。案里被告は参院選の資金については、「主人(克行被告)が管理していた」と述べ、自身の買収容疑を改めて否認。そして2900万円の「買収リスト」作成については「主人が作っていたもので、自分は知らない」と説明した。

 これまで案里被告の裁判では自民党から出た選挙資金、1億5千万円についてまったく触れられることがなかった。だが、裁判官がその沈黙を破って質問した。

「自民党から多額の(選挙)資金が来ていたのか知っていたのか」

 すると、案里被告はこう答えた。

「知っていたが、いくら届いたのかはわからない。主人がカネを管理をしていた」「選挙のすべてを取り仕切っていた」

 克行被告に責任を押し付ける証言が続いた。克行被告は自身の公判で1億5千万円についても何らかの説明をしなければ、格好がつかない状況に追い込まれているのだ。元東京地検特捜部の郷原信郎弁護士は話す。

「克行被告は、このままいくと実刑判決が予想される。なぜ2900万円ものカネをばらまくことができたのかと言えば、自民党本部から1億5000万円の選挙資金を提供し、それが原資となっていたからだ。その内幕を語れば、裁判の形勢逆転があるかもしれない」

 河井夫妻の事件で東京地検特捜部から調べられた、広島市議はこう話す。

「桜を見る会で問題になっている安倍氏の秘書。案里被告の参院選でも広島に来ていた。泊まりもしないのに、大きなカバンを持っていたのが印象的だった。河井夫妻と桜を見る会はいずれ、つながるのではないか」
 
 克行被告の衆院広島3区は、公明党が斉藤鉄夫副代表の擁立を表明。自民党の広島県連も新たな候補者を模索している。党から見捨てられた克行被告の出馬は難しいとみられる。

「桜を見る会が前門の虎なら、後門の狼は河井夫妻への1億5千万円の疑惑だ。こんな大きな選挙へのカネは総理の了解なしには支出できない。この内幕を法廷で克行被告に喋られたら、安倍氏だけでなく菅首相や二階幹事長までもが吹っ飛ぶかもしれない」(自民党の幹部)

(本誌取材班)
※週刊朝日オンライン限定記事