菅義偉首相の長男、菅正剛氏の「東北新社」が内閣広報官の山田真貴子氏に対し、7万超す接待をしていた問題で3月1日、とうとう山田氏が体調不良で入院、辞職願を提出し、承認された。



「菅首相も冷たいね」

 総務省元同僚からはこんな声が漏れる。総務省幹部によると、山田氏は菅首相の「寵愛」を受けて出世街道をばく進した。菅首相が官房長官時代、安倍晋三前首相の肝いりで、山田氏が首相秘書官に抜擢された。

 2014年5月29日、当時首相夫人だった安倍昭恵氏の主催で「女子会」が開かれた。昭恵氏の隣で笑顔の山田氏の姿がある。昭恵氏はfacebookにこう書き込んでいる

<縦割り行政の弊害を打破するために、各省庁の女性達の横のつながりを作っていきたいと思います。女子トーク炸裂でした…>

「いずれ、俺が山田さんを事務次官にしてやろうと思う」

 菅首相はその当時からこう豪語していたという。しかし、菅首相の長男、菅正剛氏が絡んでいる接待にもかかわらず、山田氏は疑惑発覚から
1週間ほどで辞任に追い込まれた。自民党幹部がこう話す。

「2月25日に山田氏が国会招致で呼ばれた翌日に入院し、辞表を提出してくれれば、傷口が広がらず、何とか乗り切れるという空気感が政権内ではあった。しかし、菅首相が山田氏に辞表を出させると、“クビを切った”とみられるので、気にしていた。26日には記者会見を中止する”山田隠し”で動いたが、批判は高まるばかり。耐え切れずに28日の日曜日に山田氏は入院し、辞表を出し、1日に承認となった。コロナ対応、東京五輪と難題山積の菅首相は『よりによって、うちのところ(総務省)から情報漏えいが…』とぼやいていた。菅首相にとっては、ただのカードだったのではないか」

 だが、野党は今後も追及の手を緩める気配はない。

「今の国会で、追及のネタはそう多くない。菅正剛氏と山田氏の話でさらに追及をしたい。森友学園や加計学園の問題と同じで、菅首相への忖度で高額な官僚接待となったのは歴然です」(野党議員)

 総務省は菅首相就任時から携帯電話の料金値下げなど難題を突き付けられてきた。菅正剛氏の東北新社の接待は、省内でも知られるようになり、今回、処分された官僚の中には、堂々と秘書に接待の日程調整をさせているものもいたという。

「山田氏も内輪では『官房長官(当時)のご長男に会ってきたわ』『ご長男も素晴らしい』と自慢していた。それが国会答弁では『知らなかった』ととぼけていた。山田氏は飲み会でいくら飲んでも酔っ払わない、著名人に会ったというトピックが自慢話の一つでした。『昨日、〇〇さんに飲み会であった』という言葉は何度も聞いた。政治家に取り入って出世したことが、今回のことで証明されたんじゃないでしょうか」(総務省の元同僚)

 先週末のマスコミの世論調査でも「不支持」が「支持」を上回る菅政権。菅政権の命運を決めるとされているのが、来月25日に行われる3つの選挙だ。衆院北海道2区、参院長野選挙区と参院広島補欠選挙は政治とカネ問題が焦点になることは間違いない。

「自民党は北海道で不戦敗、参院長野も負けるだろう。河井案里前参院議員が辞職した広島でも議席を落とし、3連敗したら菅政権は終わるよ」(前出の自民党幹部)

 広島選挙区では自民党は経産省の官僚だった西田英範氏が出馬表明したが、野党が元検事の郷原信郎弁護士を擁立というニュースが永田町で駆け巡っている。

「郷原氏が出馬となれば、互角の勝負だろう」(野党幹部)

 しかし、まだ出馬会見をしていない郷原氏。積極的に擁立を主張する立憲民主党との距離感に苦慮しているようで無所属の出馬も検討しているという。本誌は渦中の郷原氏を直撃した。

「今の段階で出馬についてコメントすることはありません。河井夫妻から違法なカネをもらい、本来は公民権停止で活動ができない自民党の多数の地方議員が選挙で自民党候補を応援するのでしょう。自民党が勝てば、河井夫妻の選挙違反、1億5千万円の問題がなかったようにされかねない。それはどうなのかと思う」

 前出の自民党幹部はこう話す。

「郷原氏が出れば、徹底して政治とカネを訴えるだろう。案里氏への選挙資金、1億5千万円の問題を郷原氏は絶対にテーマにしてくるのは目に見えている。案里氏の裁判ではあまり追及されなかったが、問題が再燃する。菅首相の官房長官時代の話だから知らんでは終わらない。菅首相は広島選挙区しか勝てる見込みはないので、郷原氏の動向を気にしている。しかし、次は案里氏の選挙でやったように、パンケーキを西田氏と一緒に食べるようなパフォーマンスはとてもできません。菅首相は動かない方がいい」

 首相の命運はいかに。(今西憲之)

※週刊朝日オンライン限定記事