新型コロナウイルスの感染が拡大している東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に23日にも緊急事態宣言を再発出する方針をようやく固めた菅義偉総理。その背中を押したのは、皮肉にも「犬猿の仲」とされる小池百合子東京都知事だった。

「小池さんは20日には自民党本部を訪れ、二階俊博幹事長に直訴、さらに公明党の山口那津男代表や自公の複数の幹部に接触し、緊急事態宣言への理解と協力を求めたそうです。東京五輪やゴールデンウイークの外遊を気にして最後まで判断を渋った菅官邸の外堀を埋めました」(自民党関係者)

 小池知事は派手なパフォーマンスばかりが注目されるが、その裏には緻密な根回しがあるという。

「水面下の根回し、外堀を埋めて追い詰める政治力を含め、相当したたかですね。菅総理を飛ばして二階幹事長に直訴するなど平気でケンカ仕掛けるようなことをするから官邸から嫌われるのでしょうけど…。菅総理としては『自らが判断した』と国民へのリーダーシップのアピールは譲れません。休業要請の対象範囲など具体論で官邸は大阪や東京を突っぱねています。財源の問題もありますが、一番は『首長の言いなりにはならない』という意地の問題。菅総理は都道府県の個別要請を簡単に受け入れるつもりはない。麻生財務相も吉村知事に対し、嫌悪感を露わにしています」(同前)

 さらに4月25日には全国で3つの国政選挙、愛知県名古屋市長選の投開票がある。衆院北海道2区は、吉川貴盛元農相が鶏卵疑惑で起訴され、議員辞職となったので自民党は候補者を立てず、不戦敗。参院長野選挙区は、羽田雄一郎元国交相がコロナで急死したための補欠選挙だ。雄一郎氏の実弟で、野党統一候補の羽田次郎氏が、自民党の元衆院議員、小松裕氏を世論調査で大きくリードしている。

 とりわけ激戦となっているのが、元法相・河井克行被告と妻の案里氏の公職選挙法違反事件で再選挙となっている参院広島選挙区だ。

 自民党は元官僚の西田英範氏を擁立。野党は統一候補としてアナウンサーの宮口治子氏を立て、事実上の一騎打ちとなっている。世論調査の数字は、どこも拮抗している。

 告示日から間もない世論調査では西田氏より宮口氏が優勢だった。しかし、先週末の世論調査では西田氏と宮口氏がほぼ横並びになった。原因は宮口氏のスキャンダルだ。

 宮口氏は当初、夫と離婚し、3人の子育てと仕事を両立させるシングルマザーを大きなセールスポイントとしていた。だが、先週発売の週刊誌で、6月に結婚する婚約者がいると「白無垢」姿の写真が出され「角隠し」と報じられた。

「最初から婚約者がいると話してくれたらよかった。シングルマザーと言っていたのにだまされた気がする」

 宮口氏を支援する女性はムッとした表情で話す。その後、宮口氏の演説からシングルマザーのフレーズが消えたという。

 報道された婚約者は、ある地方自治体の元市議で30歳代のイケメンだ。
現在は、広島県選出の国会議員の秘書でもある。

「角隠し報道の後、宮口氏支援の方にいろいろ聞かれました。反響は大きく、世論調査の数字が後退した一因だと思う。婚約者の秘書はこの選挙も手伝っている。2人で素直に結婚予定とって言ったほうが変な目でみられなかったと思うが…。広島市内では宮口氏がリードしているのでこのまま逃げ切りたい」(野党系の地方議員)

 一方、宮口氏を猛追する西田氏は演説で「政治への信頼回復」と懸命に訴える。応援でマイクを握った自民党広島県連会長の岸田文雄元外相は
「おかしなことをするから再選挙に」と河井夫妻の問題を回避する発言が続く。

 影で支える夫妻にカネをもらった自民党の県議や市議たちは「被買収」としていつ刑事処分が決まってもおかしくない、宙ぶらりん状態だ。河井夫妻からカネをもらったことを法廷で認めた県議はいう。

「カネもらったことは事実だが、ワシらも動けば確実に票がとれる。接戦じゃけぇ、動かねばと思うが、自民党から『カネもらった者は何もするな』とお達しがでている。だから、何もせん。寝とるよ」

 もう一つ、激戦となっているのは名古屋市長選だ。4期目を狙う現職の河村たかし市長に、自民党の名古屋市議だった横井利明氏が離党して挑んでいる。横井氏には自民党だけではなく、公明党、立憲民主党、共産党まで「反河村」で支援しているため、大激戦となっているのだ。

 世論調査の数字を見ると、河村氏、横井氏が横並びで大接戦。河村氏が優勢としている世論調査も僅差だった。

 苦戦の理由は、河村氏も参加した2019年の愛知県の大村秀章知事のリコール活動の中、集めた署名に「偽造」があった疑惑が浮上したことだ。
現在、愛知県警が捜査し、河村氏にも疑惑の目が注がれ、圧勝ムードが一転した。

 横井氏は演説で「河村氏は偽造署名に関与したのか、きちんと説明すべき」とリコール問題を徹底的に追及する。

「いや、大変だわ。厳しいよ。こういう選挙は体によくない」と河村氏は苦笑する。演説でも偽造署名問題で攻め込まれ、つい愚痴が口に出る。

 しかし、2人の演説を見ていると、河村陣営は声がするだけで、自然と人が集まってくる。

「河村氏の選挙の強さは、とんでもにやぁでよ」と横井陣営の自民党市議は話す。今週に入り、期日前出口調査でも河村氏がリードし、本領を発揮し始めた。

 3つの国政選挙と名古屋市長選挙を落とすと4連敗となる菅政権。

 「河井夫妻と親しかった菅総理は今回、広島でまったく動けない。かなりイライラしているようだ。想定はしているが、実際に負けると4連敗と大きくマスコミは報じる。そこに4都道府県への緊急事態宣言とダブルパンチ。コロナ・ワクチン不足、東京五輪・パラリンピックへの対応いかんでは、菅政権が転覆しかねない」(自民党幹部)

 衆院解散を前に、菅政権は大きなピンチに直面している。

(今西憲之)