河野太郎ワクチン担当相がテレビ朝日番組「ANNニュース」(5月5日放送)に出演し、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センター東京会場で1日1万人の接種について語った発言が大きな反響を呼んでいる。

 

 河野大臣は番組内で「1日どれぐらい打てるのか、医官、看護官を配置できるのか、自衛隊が検討しているので。そこはこういうオぺーレーションができると言っているので自衛隊に任せたいと思っている」と発言。

 さらにアナウンサーが(約1万人が)ワクチンを打った後、経過観察で滞留することもあり得るのではないかなどと畳みかけると、「自衛隊が今きっちり線を引いて検討していますし、1万人になるかどうか自衛隊の検討次第だと思いますが、かなりの規模の接種ができると思っている」と強調した。

 一方の岸信夫防衛相はTBSのCS番組「国会トークフロントライン」(4月30日放送)に出演した際、「最初から100%というのは難しいかもしれない」と24日の設置当初から1万人を接種するのは厳しいという見方を示していた。官邸周辺関係者がこう語る

「官邸のトップダウンの指示に何とか対応しようと現場が奔走している中、河野大臣の丸投げ発言はあまりに酷い、と防衛省幹部は嘆いています。防衛省では現在、全国にどれだけの医官、看護官をセンターへ派遣できるか、聞き取り調査を行っているのですが、地域医療をも支える自衛隊病院から引き抜くわけにもいかず、部隊の医務室に医官や防衛医大の大学院生を何とかかき集めようとしています。実はそれでも人員が全く足りず、1日1万人と大々的にぶち上げたものの、実際は非現実的で無理という声が出始めています」

 河野大臣の出演した番組を視聴した自衛隊OBは「発言に耳を疑いました。そもそもワクチン接種は厚生労働省の管轄でやるべきではないでしょうか。自衛隊の医療スタッフ、看護助手だけでは人数が足りないし運営は不可能です。厚生労働省が主導で自衛隊がサポートするなら理解できますが…。自衛隊の本業は国防です。元防衛大臣の河野さんはそのことを一番わかっている政治家だと思うのですが…」と渋い表情を浮かべる。

 SNS上でも政府の対応に疑問の声が目立つ。

「自衛隊関係者です。1日一万人として、8時から20時まで13時間運営。割り算すると、1時間あたり770人の接種が必要。おじいちゃんおばあちゃんで頑張って1人接種を5分で終わらせるとして、接種場所1ヶ所で1時間に12人に接種するのが限界。770÷12=64、つまり計算上64ヶ所の接種場所が必要です。自衛隊が以前大阪に医療スタッフを派遣した際は頑張って40人でした。問診や看護助手、交代要員も必要ですから自衛隊が64箇所の接種場所を何とかセンターに設置して運営するのは絶対に不可能です」

「あまりに無責任ではないでしょうか。自衛隊は全力で努力するでしょうが、無謀な目標を丸投げされたことには怒りとなさけなさを感じます」、

「自衛隊の医官と看護官はそれぞれ約千人とされ、東京で1日1万人、大阪で1日5千人にワクチン接種するだけの人員を派遣できるとは思えない。最初に大層な接種目標を掲げておきながら今頃になって『自衛隊次第』とトーンダウンするのは如何なものか」

 前出の自衛隊OBはこう語気を強めた。

「自衛隊は有事に国を、人命を救うのが仕事だと自負しています。昨年の2月にコロナ感染が集団発生した大型クルーズ船『ダイヤモンドプリンセス号』で約2700人の自衛隊員が動員されて医療支援を行ないました。ただ今回のワクチン接種が自衛隊の任務と言われることには疑問を感じます。もし、大規模接種センターでの接種がうまく機能しなかった時に自衛隊に責任を押し付けるのはやめてもらいたい」

 1日1万人の接種が果たして現実的な数字なのか、多くの高齢者が大規模接種センターを訪れることで密状態にならないかなど懸案事項は多い。

「1都3県だけでも900万人の高齢者がおり、1日1万人も大挙して電車で大手町の合同庁舎に連日、駆け付けたら、クラスターの発生リスクもあります。自治体から受け取った接種券を会場に持参すれば、いつでも接種できるようにするとを言っているが、見込み数を把握しないでどうやってワクチンを準備するのかすら検討されていません。打つ人がわずかしか来なかったら大量の廃棄が生じてしまうし、逆に希望者が殺到したらどうするのか」(政府関係者)

 世論が政治家に強い不信感を抱いているのは責任の所在が明らかになっていないことも大きい。ワクチン接種で自衛隊がスケープゴートになることを国民は望んでいない。(梅宮昌宗)