小泉進次郎環境相(40)の妻でフリーアナウンサーの滝川クリステルさん(43)が今月上旬、車内に1歳半の長男を約30分、放置していたと週刊新潮(6月24日号)が報じ、SNSやネットで”炎上”している。



 同誌によれば、当日の気温は29度で、滝川さんは都内のインターナショナルスクールに長男をお出迎えし、その後、近所の商店街へ向かい、長男を置き去りにしたままクリーニング店に入って行ったという。

「途中で一度、荷物を持って車に戻ったものの、ふたたび一人で店に向かう。車内放置することのべ30分」(同誌より)

 SNSやネットでは「母親として失格」「熱中症が心配」「高級車なら盗難のリスクもある」などの意見が相次いだ。

 実は半年前、小泉夫妻は愛犬のオシッコ放置でも世間を騒がせていた。写真週刊誌の『フライデー』(昨年12月4日号)は、昨年11月中旬、東京・広尾の商店街を進次郎氏と滝川さんと長男の一家3人がSPを引き連れ、愛犬のラブラドールレトリバーの散歩をしているところを激写した。その時に、愛犬が歩道で3回もおしっこしたのに、小泉夫妻がそれを放置したまま自宅へ帰ったと報じられ、ネットで炎上したのだ。

 進次郎氏の地元の後援者はあきれ顔でこう話す。

「犬のオシッコを放置した時も批判されたのに、今度は1歳半の長男を車内放置ですか。どうも、夫妻には”放置癖”があり、社会常識から外れ、浮世離れしたところがありますね」

 進次郎氏は滝川さんと腕を組んで歩くなど、仲睦まじいが、「妻を自分の選挙に関わらせない」と明言している。

「滝川さんと結婚してから、進次郎の人気が落ちているのが不安材料です。本人は昨年、長男を抱っこして横須賀にやってきて、みんなに披露していましたが、かみさんの尻にしかれているようですよ。かみさんが出張から帰って来ると、羽田空港までお出迎えに行ったりもしています。今回の件は滝川さんの話を聞いてみるまでは真相がわからないけど、この大切な時期、一人で車を運転しない方がいい。誰か子供の面倒を見たり、運転する人が必要じゃないのかな」(同)

奇しくも、6月20日は横須賀市長選が告示された日だ。進次郎氏がバックアップするタレントの上地雄輔の父親で、現職の上地克明氏(67)=自民、公明推薦=が再選を目指し、「第一声」を上げた。

 対立候補は新人で市民団体「横須賀市民九条の会」共同代表の岸牧子さん(64)=共産推薦=で一騎討ちとなる。

「上地さんの出陣式には、進次郎さんの姿はありませんでした。リモートで参加し、画面で『緊急事態宣言中なので出席できなくてすいません』などと言っていましたね。進次郎さんは前回、前々回の横須賀市長選では駅頭でビラ配りをしていましたが、今回は地元に入らないようです」(地元の後援会関係者)

 しかし、地元では進次郎氏の2連ポスターがあちこちに貼られていた。

「秋には衆院選挙が予定されているので、自分の選挙準備にも余念がないんです。今回の横須賀市長選は、衆院選の前哨戦として位置づけているようです。勝ちが見えているので、リモート参加のみの余裕ぶりです」(同前)

 好事魔多し…。これ以上、激写が続かないことを祈るばかりだ。

(AERAdot.編集部 上田耕司)