東京五輪の開会式に招待されていた安倍晋三前首相が出席を見送ることになった。安倍氏は総理大臣辞任後に大会組織委員会の名誉最高顧問に就任。月刊誌「Hanada」の8月号で、東京オリンピック・パラリンピックについて、「歴史認識などで一部から反日的ではないかと批判されている人たちが、今回の開催に強く反対している」と発言して波紋を呼んでいた。

 

 政府関係者は安倍氏の開会式出席見送りに、「意外ですね」と驚きを口にした。

「安倍さんは『反日の人が東京五輪開催を反対している』という趣旨の発言をしていたので、開会式は堂々と出ると思っていました。16年リオデジャネイロ五輪の閉会式で、スーパーマリオブラザーズのキャラクター、マリオの格好で現れて満足気でした。本来は首相在任中に東京五輪を実現させたかったと思いますが、首相を退いた後に組織委員会の名誉最高顧問に就任したので開会式にも出たかったのではないでしょうか。色々な状況を鑑みて判断したんでしょう」

 一方、自民党関係者は冷静な見方を示す。

「東京五輪後の解散総選挙を見据えた上での判断なのでしょう。菅政権は支持率が低下の一途でいつまで持つかわからない。五輪開催に反対の声が多い中、わざわざ開会式に出て火の粉を浴びることはない。菅さんの対抗馬がいない中、選挙では絶対の強さを誇る安倍さんに3度目の首相登板を望む機運が高まっている。今はおとなしくした方が得策だと考えたのでは」

 ただ、東京五輪を巡る安倍氏の判断に、国民の間では反発の声が多いのも事実だ。新型コロナウイルスの感染が拡大した昨年3月に東京五輪の開催時期を巡る話し合いで、森喜朗元組織委員会会長が2年延期を提案したのに対し、当時首相だった安倍氏は1年延期案を譲らなかったとされている。

 政府主導で開催は1年延期が決まったが、現状ではワクチンの接種がまだ広がらず、大半の競技が無観客で開催予定だ。

 スポーツ紙記者はこう指摘する。

「タラレバになるが、2年延期だったら日本国内にワクチンが行き届いて、コロナが収束していた可能性が高い。観客を入れて開催もできたのでしょう。なぜリスクを冒して1年延期にしたのか。アスリートからすれば2年延期は厳しいと感じたかもしれないが、安心・安全の五輪を提唱するなら2年延期にするべきだった」

 SNS、ネット上では、安倍氏の五輪開会式出席見送りに辛辣なコメントが多い。

<2年以上の延期か中止をという識者や国民の声を無視して自分の利益のためだけに1年延期を決め、しかも『コロナに打ち勝った証としてのオリンピック開催』を世界に約束していたのに、開会式からも逃げ出すとは心底卑怯だ。現在の東京オリンピックの惨状は、自公政権の失政の結果ではあるが、開会式からも逃げ出したことはこの人物がその責任の一端さえも引き受ける気が無いことの証といえるだろう>

<安倍氏は叩かれる匂いを嗅ぎつけると、一目散に逃走する癖がある。見通しは難しかったとは言え、自身が主張した『有観客の完全な形』でもなければ、当然『コロナに打ち勝った証』でもない。そこに触れられたくないのだろう。ストレスが高じると持病にも良くない>

 安倍氏の参加見送りで存在感を増しているのが、大会組織委前会長の森喜朗元首相だ。「名誉最高顧問」という肩書で、大会期間中の海外要人の接遇役などを務める案が検討されている。森氏は23日の五輪の開会式には「功労者」として出席する予定だ。21日にはわざわざ福島県営あづま球場(福島市)に足を運び、ソフトボール競技を視察している。ただ、森氏は「女性蔑視発言」で会長を辞任しただけに、国内外で強い反対論も出ている。
 
 23日から開幕する東京五輪。世界はどのような思いで見つめているだろうか。(安西憲春)