東京都の新たな感染者が7月28日に続き、29日も3865人となり、過去最多を更新した。都は29日、新型コロナウイルス対応のモニタリング会議を開き、1日あたりの新規感染者数(1週間平均)が8月11日に4532人に達するとの試算を公表。都内の感染状況について、「爆発的な感染拡大に向かっている」(専門家)と危機感を露にした。



 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は29日、参院内閣委員会の閉会中審査で、首都圏を中心とした全国的な感染拡大についてこう警告した。

「今の最大の危機は社会一般の中で危機感が共有されてないことだ。危機感が共有されなければ、さらに感染拡大する。いずれ医療逼迫が深刻化する」

 菅義偉首相は29日夕方から首相官邸で関係閣僚と対象地域などについて協議。埼玉、千葉、神奈川の首都圏3県と大阪に緊急事態宣言を再発出する方向、北海道、兵庫などへはまん延防止等重点措置を出す方向で検討している。期間は8月31日までが想定されている。

「これまで千葉、神奈川、埼玉県知事は、政府への緊急事態要請を出そうとして再三、協議してきました。しかし、西村(康稔)経済再生担当相に『その前に酒の停止とか、見回りとか、もっとやることがある』と要請を止められていた。千葉の熊谷(俊人)知事は相当、不満を募らせていました。また、五輪でマラソンがある北海道は7月20日、26日、29日と3回、政府にまん防を要請し、ようやく認められました。北海道の鈴木(直道)知事は元々、たたき上げ同士で菅首相との蜜月を全力アピールしていましたが、 政府への正式要請を何度も行っていたにも関わらず、『北海道としての対策をちゃんとやってないじゃないか』と言われ、スルーされ、コケにされ続けていた訳です。今回も政府はまた後手を踏む形となりました」(官邸周辺者)

 全国的に感染は拡大する一方だが、「ゲームチェンジャー」として期待されるワクチンの不足は続いている。

  7月28日現在、ワクチンの2回接種を終えたのは、総人口比でわずか27%。厚生労働省は接種が見送りになっていたアストラゼネカ社製のワクチンの臨時接種について40歳以上を対象に検討。近く専門家会議で意見を聞くという。

「アストラゼネカのワクチンは海外で接種後、極めてまれに血栓症の報告がされ、今年5月に国内での製造販売が特例承認されたものの、使用は見送りとなっていました。いま、そのアストラゼネカに依存せざるを得ないのは、メディアは言及しませんがファイザー、モデルナのワクチン不足が解消されていないからです。河野大臣は『供給の見通しがついた』と言っていました。五輪開会式(23日)の日、菅首相と河野(太郎)ワクチン担当相がファイザーのブーラCEOと会談し、追加要請をしましたが、進展しなかった証左でしょう」(厚労省関係者)

 東京五輪は連日、メダルラッシュに沸くが、感染者は増える一方だ。

「まだまだ感染者の上昇曲線が続くでしょう。従来株よりも一気に上昇し、下降局面に入るのは、まだ時間がかかりそうです。これだけ感染が広がれば、メダルラッシュも支持率とは結び付かず、上がらないでしょう。五輪で政権浮揚という発想自体、『国威発揚』のような一昔前の発想。菅首相のメダリストへの電話も魂胆がみえみえですから国民は冷めた目で見ているのではないでしょうか。菅政権は五輪後、正念場を迎えるのではないか」(自民党関係者)

 五輪期間中の感染爆発だけは、何とか阻止してもらいたいものだ。
(AERAdot.取材班)