先週の本コラムの最後に、(自民党総裁選で)「河野・石破、さらに小泉進次郎環境相の三者によるKIK連合ができれば、国民は熱狂し、河野氏勝利となる。」「ただし、河野氏が森友問題の再調査と脱原発を明言することが条件だ」と書いた。



 14日に小泉進次郎環境相が、15日には石破茂元党幹事長が、正式に河野太郎行革担当相支持を表明し、予想通りKIK連合ができた。しかし、河野氏は、森友問題に関する再調査を否定し、原発再稼働を容認する姿勢を明らかにしている。多くの新聞・テレビでは、「河野氏変節」という報道が相次ぎ、疑念の目が向けられた。安倍忖度をしているように見えるからだ。このイメージのままでは、総裁選の一回目の投票で河野氏が過半数を制することはできない。有力候補である岸田文雄元外相との決選投票になれば、一般党員の投票がないため、国会議員票で有利とみられる岸田氏に敗れるかもしれない。

 それは、野党にとっては最高の展開だ。岸田氏が、決選投票で安倍晋三前総理の出身派閥である細田派と麻生太郎財務相の派閥である麻生派の多くと岸田派の大部分の議員票に支えられて当選すれば、誰が見ても、安倍麻生傀儡政権だ。河野氏勝利でも僅差になれば、安倍氏の影響力は残り、自民は変われない。

 その後に行われる総選挙では、野党側は、「安倍政治との決別」を掲げ、新政権は安倍傀儡政権だと叩く。総裁選フィーバーで回復した自民党支持率も再び低下。自民党単独過半数割れもありうるという展開で、野党支持層に「ワクワク感」が生まれる。投票率は上がり、その結果、野党大勝利が現実のものとなるかもしれない。

 だが、全く反対のシナリオもある。

 河野氏は党内の国会議員票を意識して、保守層に配慮する姿勢を見せた。これに対してリベラル層からは「変節だ」と疑われるが、右翼層からは、「これは偽りだ。本当はバリバリのリベラルで、脱原発派だ!」という批判がなされている。つまり、変わっていないというのだ。



 すると、リベラル層は、「それなら河野を支持しよう」と思う。また、細田派が岸田氏または高市早苗氏の支持を打ち出し、河野氏と敵対する姿勢を見せたのも、やはり、河野は安倍と闘っているという認識につながる。さらに、石破氏が、森友問題再調査の重要性を強調しながら河野氏を推したことは、河野氏は再調査に賛成なのではないかという憶測を呼び、だから安倍氏が河野潰しに必死なのだとの連想を生む。

 さらに、ここに来て、トヨタの社長が電気自動車へのシフトに声高に異論を唱えた。これは、河野氏が提唱するグリーン革命の否定だととらえられる。電力会社を含め、これら大企業が、利権を守るために、経産省と組んで反河野キャンペーンを強化しているのだ。

 河野氏が如何に穏健路線を演出しても、周りは、長老支配の安倍麻生利権政治に立ち向かう河野太郎と囃し立てる。それが判官贔屓の河野大フィーバーとなり、総裁選大勝利につながる。その勢いで総選挙に突入すれば、KIKがリベラルや無党派層の票を集め、自民が圧勝するかもしれない。 

 総裁選が「安倍政治の終焉」となるのかどうか。そこが一番の見どころである。

※週刊朝日  2021年10月10日号