4人の候補者による舌戦が続く自民党総裁選。中でも台風の目と見られているのが河野太郎行革担当相だ。はたして河野氏とは一体何者なのか。

>>【前編:河野太郎氏「小石河連合」結集で党内勢力図に大異変 決選投票で勝つのは…】よりづづく

 河野氏が生まれ育ったのは神奈川県平塚市。父は自民党総裁も務めた河野洋平・元衆院議長だ。祖父は河野派を率い、農林相や建設相を歴任した河野一郎氏で、3代続く政界のサラブレッドだ。

 小学校は地元の花水小学校に6年間通った後、慶応義塾中等部、高等部と進んで慶大経済学部に入ったが、留学のためにわずか2カ月で退学。渡米後に、ジョージタウン大学に入学した。この頃に知り合ったのが、元自民党参院議員の山本一太群馬県知事だ。

 「一番最初に会った時に『総理大臣になりたい』と言われて、『何だコイツは』と思ったのを今でも覚えています。当時から大胆で、決めたらすぐに行動に移す。良い意味で、情熱で突っ走る人でした」

  85年に大学を卒業し、富士ゼロックスに入社。その後、96年の衆院選に33歳で初当選した。当時は父の洋平氏が現職。選挙前は河野家から2人の候補者が出ることに、洋平氏が猛反対したという。地元の後援者は言う。

 「洋平さんとは選挙区は違っても、世襲議員ということで最初は批判があったのも確かです。それでも、本人は1期目から『総理大臣になる』と言い続け、努力を重ねてきた。そのことは地元の人もよく理解していて、次第に世襲で批判されることはなくなりました」

  河野氏の代名詞となった原発政策批判は、2011年に東日本大震災が発生する前から取り組んでいたライフワークだ。

  だが、これが党内で嫌われる原因になる。原発推進派を厳しく批判していた河野氏は、身内の自民党の政治家も容赦なく攻撃したからだ。

  11年5月には、朝日新聞のインタビューで甘利明衆院議員(現・党税調会長)を批判。「次の選挙でそういう議員を落とすしかない」とまで言い放った。

  この発言への反発は激しかった。今回の総裁選でも、甘利氏は河野氏について「(菅首相への批判の原因が)ワクチンの迷走と言われ、ワクチン担当相の評価が上がるってどういう構図になっているのかよくわからない」と、皮肉交じりに語っていた。その背景には、原発をめぐる対立があったのだ。

  官僚への当たりも強い。最近も「週刊文春」が、河野氏がオンライン会議で資源エネルギー庁の幹部職員に対し「日本語わかる奴出せよ」などと高圧的に迫った一件を「パワハラの疑い」と報じた。ある経産官僚が語る。

 「河野さんは強引で人の話を聞かずにああいう物言いをするから嫌われている。官僚の言うことを何でも聞く必要はないが、聞く耳を持たないと、安倍前首相や菅首相のように周りを自分のブレーンで固め、もっと官邸主導が強まるのではないか」

  苛烈な性格ゆえに官僚から恐れられる一方、“激しさ”が突破力となり、改革につながることもある。飯塚盛康全経済産業労働組合中央執行委員は言う。

 「国家公務員の残業は予算で限度額が決まっているので、100時間残業しても30時間分しか出ないなんてことは当たり前でした。それが、河野さんが『公務員の働き方を変えよう』と旗を振ってくれたおかげで無駄な残業が減り、人事院も残業未払いの人の名前を調査して、省庁に指導してくれるようになりました」

  派閥を嫌う河野氏だが、仲間がいないわけではない。秋本真利衆院議員は、市議時代に河野氏からエネルギー政策の知識の深さを評価され、国会議員になるよう助言された。秋本氏は言う。

 「12年に初めて衆院選に出た時は、選挙区に10回以上応援に来てくれました。面倒見が良く懐が深い。といっても選挙資金を配るとかではなく、後輩議員を友人として助ける人。当選回数のような国会議員の序列も気にしない人です」

  今回の総裁選では、河野氏が「脱原発を封印した」という批判が出ている。これに対して、秋本氏はこう反論する。

 「河野さんと私は10年以上エネルギー問題について議論していますが、『即時脱原発』という話は一度も聞いていない。一方で、使用済み核燃料を再利用する核燃料サイクルの見直しは明言しています。新増設を認めなければ原発はいずれなくなっていく。これは、河野さんのこれまでの主張と何も変わっていません」

  前出の山本知事は、群馬県内の自民党議員や経済界の有力者に河野支持を訴えている。その理由について、こう話す。

 「河野太郎は『変わった人』と思われていたけど、それが変わった。今という時代が河野太郎を求めているのだと思う」

 (本誌・西岡千史、亀井洋志)

※週刊朝日  2021年10月1日号に加筆