総選挙の火ぶたが切られた。今回は「野党共闘」が初めて成し遂げられ、217選挙区で候補者が一本化された。全国各地で激闘が繰り広げられている。 AERA 2021年11月1日号の記事を紹介。

*  *  *

 今回の総選挙では野党共闘で217の選挙区で候補者が一本化された。また、前回総選挙の投票結果を見ると、野党候補の合計票が当選した与党候補の票を上回る選挙区が63あった。このうち52の選挙区で、今回は野党候補者が一本化された。

 とはいえ、野党共闘が整っても地元の複雑な事情が絡み一筋縄にはいかない選挙区もある。

 長年、京都1区は自民と共産の重鎮2人が議席を争ってきた。その一人、衆院議長などの要職を務めた自民の伊吹文明氏が政界を引退。その空席をめぐり自民・維新・共産が三つどもえの戦いを繰り広げる。長年伊吹氏と争った共産の大ベテラン穀田恵二氏は、1996年の小選挙区制度導入以降、選挙区では伊吹氏に連敗。比例復活での当選を強いられてきた。今回は事実上の「野党共闘」で選挙区当選を狙う。しかし、京都では野党間の協力体制の構築は非常に難しい事情がある。

 1区に限らず京都は共産と自民がしのぎを削ってきた。96年、そこに第3極として割って入ったのが民主党(当時)だった。その時、新人として乗り込んだのが現立憲民主の幹事長・福山哲郎氏だ。その時は敗北を喫し、2年後の参院選の京都選挙区で当選、現在に至る。実は伊吹氏が引退を表明した後、選挙区を同じくする福山氏が衆院にくら替えするという噂が地元で飛び交った。結局、その話はなくなったが、ある立憲京都府連関係者はこう胸の内を明かす。

「中央で野党共闘の旗の下、共産と選挙区調整をするのは歓迎だが、ここ京都は特殊事情がある。あえて候補者を擁立しないというのがギリギリの決断だ」

■無敗の男が応援に入る

 そんな中、8月にある男が穀田事務所を訪問した。「無敗の男」と呼ばれる中村喜四郎氏だ。自民出身で保守を自任する中村氏は今、立憲民主に籍を置く。「私はオール野党と穀田さんの勝利を訴えにきた」と切り出し、ギクシャクする両党間の融和に一役買った。穀田陣営の幹部は今回は手応えを感じると語気を強める。

「野党共闘は野党第1党の立憲のためのものではない。共産が勝利してこその野党共闘だ」

 一方、「大臣経験者」でも野党共闘で安泰ではいられない選挙区がある。その一つが東京8区だ。国土交通相や環境相などを務めた石原伸晃氏が8期連続守ってきた地盤だ。そこに野党統一候補を巡り、れいわ新選組の山本太郎氏が出馬表明したが、急きょ撤回して注目を集めた。

 19日午後、JR阿佐ケ谷駅前で、立憲民主の枝野幸男代表が新人・吉田晴美氏の出陣式で開口一番、謝罪した。

「直前に様々なことがあって大変なご心配とご苦労をおかけした」「東京での第一声、皆さんにおわびとお礼を申し上げなくてはならない。そんな思いでこちらに駆けつけた」

 地元の市民団体関係者は騒動の真相をこう話す。

「当初は立憲、共産、れいわから3人が出馬する予定だったから、各党に候補者を一本化できないか話していた。それが急に、山本氏が立候補を表明した。地元への調整がないまま、トップダウンで決められた」

 結果的には野党共闘につながった。吉田氏は第一声で「違う政党が集まって『どうなんだ』という声もある。でも、他の人から学ぶこともある。違いの力、多様性の力で勝ち抜いていく」と訴えた。立候補を予定していた共産の男性も、ビラ配りを手伝っていた。

 前回の衆院選では、吉田氏と石原氏の差は約2万3千票。共産を加えると約1千票差に迫る。

「今回の選挙が一番厳しい選挙だ」

 杉並区役所前であった石原氏の出陣式では、選挙カーに登壇した関係者が口々に危機を訴えた。石原氏の演説の直前には、通行人の女性からヤジが飛ぶハプニングもあった。女性が通り過ぎた後、石原氏は批判の矛先を野党に向けた。

「演説が始まる前に文句をつけられたのは初めて。先ほどの女性のように、自分の主張と相いれない者は排除するのが当たり前と思っている人が、政権だけ取ろうとやってきた」

■緊急事態の飲食で苦戦

 野党共闘に加え「不祥事」が響く候補者もいる。神奈川1区の松本純氏だ。衆院7期のベテランで国家公安委員長などを歴任。その松本氏に、過去2回比例で復活当選してきた立憲民主の篠原豪氏、日本維新の会の新人・浅川義治氏が挑む。

 当選7回のうち6回を小選挙区で勝ち抜いた松本氏だが、今回は苦戦を強いられている。というのも、緊急事態宣言発出中の今年1月、銀座のクラブで飲食したことが週刊誌で報じられて自民を離党。選挙前の復党はかなわず、無所属での出馬となったからだ。自民は候補者を擁立せず、党所属の県会議員・市会議員が松本氏支援に回るなど事実上の自民候補だが、敗れれば比例復活できない背水の陣だ。10月19日、横浜市内であった出陣式には支持者ら約150人のほか、河野洋平元衆院議長も駆け付けた。出陣式後、報道陣の取材に応じた松本氏は不祥事の説明責任を果たしているかと問われると、「説明とおわびを続けている」と繰り返した。

 序盤情勢では篠原氏優位が報じられる。松本陣営は自民の大物議員の手厚い支援を受けるなど巻き返しに必死だ。21日には安倍晋三元首相が応援演説に立ち、松本氏を「純ちゃん」と呼ぶなど親密さをアピールした。23日以降も麻生太郎副総裁、河野太郎元外相、鈴木俊一財務相らの選挙区入りが予定されている。

 対する篠原陣営。前回選挙では次点だった篠原氏と3位の野党候補の票を合計すると松本氏を9千票余り上回る。今回は維新の浅川氏も立ったが、事実上の野党統一候補として臨む。8月の横浜市長選、今月17日の横浜市議補選で篠原氏が支援した候補が当選するなど、陣営には勢いもある。19日の第一声後、篠原氏に決意を問うと力強くこう答えた。

「皆様のご期待に応えるためにも、今回こそは何としても小選挙区で勝ち抜きます」

(編集部・井上有紀子、川口穣)

※AERA 2021年11月1日号より抜粋