10月31日に投開票の衆院選で、静岡5区から出馬した細野豪志氏は、無所属ながら二階派特別会員として当選後の自民党入りを目指す。比例復活もない不利な戦いだが、公示日の出陣式では「長く野党に身を置いてきた私が自民党に入るには、これくらいのハンデを乗り越えなければ。できないなら議員を続ける資格はない」と覚悟を語った。

 押し寄せた約200人の聴衆は、7割ほどが年配の女性。「山から下りて(見に)きたよー」などと声援が飛び交う中、細野氏はにこやかに一人ひとりと肘タッチ。その“マダムキラー”ぶりは、まるでスーパー銭湯アイドル・純烈のようだ。

 演説を聴いていた70代女性は、「落下傘候補で三島に降りてきた当時、自転車に旗を立て一人で田舎道を回っていた姿に感動した。何党に移ろうが私は細野党に投票します」。

 同区は、細野氏と自民党公認の吉川赳(たける)氏との“保守分裂”選挙で注目される。だが、吉川氏陣営関係者は「いやいや、自民党と無所属の戦いでしょう」と釘をさす。

「細野氏は『勝ったら自民党入りまーす』みたいに言っているが、決めるのは有権者ではなく自民党。地元県連の人たちがみんな反対しているのに、どうやって入るんですか」

 この対立で漁夫の利を得たいのが、立憲の小野範和氏。演説で「与党の内輪もめなんて見せられていたら、誰も政治に関心持てませんよね」と訴える。その様子を見守っていた、小野氏の母で前伊豆の国市長の小野登志子氏を直撃した。

「今まで細野さんを応援していたのに『今回はどこに入れたらいいんだ』と嘆く人は多く、立候補を感謝してもらえています。細野さんは学生時代に共産党とは相いれない思想になったと言いますが、もともと右系だったのに、なぜ今まで(旧民主党員として)人々を騙してきたのって。許しちゃいけないと思っています」

 自民からも立憲からも眉をひそめられる細野氏の未来やいかに。

 公職選挙法違反の罪で実刑判決が確定した河井克行被告の地盤・広島3区も激戦区。与党は公明の斉藤鉄夫国土交通相を立て、立憲の新人・ライアン真由美氏と争う。地元政界関係者がこう語る。

「岸田首相のお膝元効果はある。斉藤氏は現職大臣だし、落としたら全国の自公協力にもヒビが入るから相当テコ入れしている。河井事件の影響も、4月の参院再選挙で野党候補が勝ち、有権者のガス抜きは済んだとの見方もあります」

 香川1区は前デジタル相の平井卓也氏と、立憲の小川淳也氏が火花を散らす。小川氏を追ったドキュメンタリー映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」の大島新(あらた)監督は現在、新作「香川1区」を撮影中だ。大島監督に選挙戦の見立てを聞いた。

「長く取材していますが、公示日の小川陣営はボランティア、支持者も含めこれまで以上に熱気がすごく、期待値が高まっている印象です」

 一方の平井氏は、親族が地元の四国新聞の経営者。傘下の西日本放送など関連企業も多く、現地にいると平井家の牙城だと実感するという。

「小川さんが維新に対して香川1区での候補者の取り下げを要請したときも、四国新聞はここぞとばかりに批判しました。ただ、同紙はある種の『平井新聞』であることは多くの人がご存じですから、どこまで効果的かはわかりません」(大島監督)

 地元紙vs.映画の「メディア戦争」はどちらに軍配があがるか?(本誌・秦正理、亀井洋志、大谷百合絵)

※週刊朝日  2021年11月5日号