日本維新の会は11月27日の臨時党大会で、国会議員や地方議員ら特別党員による投票により代表選を実施せず、松井一郎代表(大阪市長)を再任することを決めたが、波紋を呼んでいる。

 昨年11月、維新が推進していた大阪都構想が2度目の住民投票で否決されたことを受け、松井氏は大阪市長の任期が切れる2023年4月に政界引退を明言。日本維新の会代表職も2022年1月の任期満了時に退く意向を示していた。

 松井氏は41議席を獲得した衆院選の投開票日の会見で「代表選はすべきだ」と語っていたが、臨時党大会ではまったく逆の結論となった。日本維新の会の国会議員は話す。

「臨時党大会直前まで、代表選をやるかやらないか、いろいろな意見がありました。大阪選出の国会議員や大阪維新の会の地方議員は松井氏の続投を望み、大阪以外の国会議員らは代表選実施の意向が強く、衝突もありました。ツイートなどSNSで激しい応酬もあり、維新が分裂と騒がれたりもした。衆院選で躍進したので、実際は国政政党としては、大阪から全国区への足掛かりにするため、代表選をやるべきとの意見が強かった」

 維新の足立康史衆院議員は<代表選、やりましょう! 日本のため、未来のために!!><松井、吉村、馬場各氏が立候補しないのであれば、私が立候補します>とツイート。

 音喜多駿参院議員も<私は今なお松井代表もしくは吉村副代表が出馬されての代表選を熱望しています。いずれにしても選挙が行われる場合、大阪以外からも候補が出るべき。(中略)柳ヶ瀬さん(参院議員)が立候補しない場合、東京からは私が手を上げます>と発信し、代表選出馬に意欲的だとみられていた。

 また、党内からは馬場伸幸幹事長ら衆院議員を推す声もあがっていた。

 大阪府知事で日本維新の吉村洋文副代表は、衆院選投開票日の記者会見から一貫して「代表選には不出馬」と述べていた。

 馬場氏も「自分は野球で言えば、8番キャッチャーのタイプですので考えていない」と代表選出馬には否定的だった。

 松井氏は橋下徹氏ともに維新の会を立ち上げ、国政政党に育てた創立者だ。その存在はとてつもなく大きいという。

「松井氏の存在は橋下氏とともに、まさにTHE維新ですよ。維新の中でもめごとがあっても、最後は松井氏の鶴の一声で決まる傾向がある。吉村氏が出馬するなら、代表選をやるべきとの声も多かった。しかし、吉村氏は不出馬と頑な姿勢でした。トップである松井氏への“忖度”でこうした投票結果になったと思います」(前出・維新の国会議員)

 衆院選で野党第2党となった維新の躍進は岸田政権にも脅威に映ったようだ。官邸は日本維新の会の代表選をめぐる情勢を分析した資料を「極秘」で作成していた。

 入手した資料によると、<代表選実施反対が過半数を占める公算大。その結果、党規約に従い、代表選を行うことなく、松井代表が再任される予定>

<代表選実施を求めることは、すなわち「松井おろし」に直結。現体制への反旗を翻すことに直結>

<代表選実施への声を上げること自体が事実上、タブー視>

<創立メンバーである橋下徹氏はもとより、松井代表、吉村副代表は「神聖不可侵」な存在>などと記してあった。

 政府関係者がこう解説する。

「27日の臨時党大会で改正されましたが、代表選に立候補するためには、地域政党に過ぎない大阪維新の会の推薦が必要という党規約(第7条の7)が日本維新の会にはあった。この規約で国会議員らは代表選に立候補しづらい仕組みとなっていた。予想どおり、松井氏の続投が決まりました」

 自民党幹部はこう言う。

「自民党は10月に代表選をやり、大いに盛り上がった。代表選に出たメンバーは一気に知名度があがった。立憲民主党も代表選をやっており連日、ニュースになっている。代表選というのは党一番のPRになるもの。そんな絶好のチャンスなのに自ら行わないと言う維新は、やっぱり大阪ローカル、松井商店から脱却できないのか、という気がしますね。維新から追い上げられている自民党としては正直、ありがたいね」

 代表続投が決まった臨時党大会後、松井氏は会見でこう語った。

「過半数以上の方から引き続き先頭に立ってやれということで、決まった限り頑張ります。代表選を実施すべきという方も一定数いらっしゃる。僕自身としては(代表選をすべきという意見が)僕への否定というより、さらに維新が成長していくため、新陳代謝が必要との思いを持っていただいているのではないかと思う」

 吉村氏は代表選実施に賛成票を投じていた。党大会の終了後、会見した吉村氏は、「松井代表に続けてほしいという思いは同じだが、松井代表がいるうちに新しいリーダーを育てた方がいいと思った」と記者団に説明した。

 松井氏は代表選についても会見で言及した。

「代表選をやる、やらないで維新分裂? 維新らしくて表でガンガン、やりあっていいじゃない。根回しもまったく通用しないしね。(根回しを)断ったという話も聞きました。誰かが言ったからそうしようじゃなくてね、自分自身で判断したんじゃないですか」

 代表の任期について松井氏は、維新の党規約から「来年の参院選まで」と述べた。来年の参院選まで維新は勢いを持続できるのか。

(AERAdot.編集部 今西憲之)