30日に行われる立憲民主党の代表選。4人が立候補者しているが、「スターがいない」「主張が似通っている」など世間ではイマイチ盛り上がりに欠けている。内部からは代表選はどう見えているのか。10月の衆院選で立憲民主党から立候補して当選した3人の元ジャーナリストの一期生たちに聞いた。

*    *  *
 都心でぐっと気温が下がった週末、JR有楽町駅前では、代表選の候補者の一人、小川淳也衆院議員(50)が街頭演説を行っていた。小川氏は演説をしながら感極まって目を赤くし泣きだしそうになる場面も。対話の姿勢を重んじているだけあって、20代の聴衆からの「立憲は身内に甘い」「自分のまわりの10代、20代で立憲を支持している人がひとりもいない」という厳しい質問にも一つ一つ答えていた。

「(私が)仮に新代表に就任させていただけたら、新代表がどれほどの熱意とどれほどの誠意で有権者のみなさまと徹底的に対話しようとするか。そのことを通して、私が生んでいきたいのはまず熱なんです…これまで日本の国内で見たことないような信頼にたる政治をつくりたいと思います」

 聴衆は300〜400人ほど。小川氏は4人の候補者のうちで最も一般的な知名度は高いものの、演説がその場に偶然居合わせた買い物客や通行人を巻き込むほど盛り上がっているかというとそうでもない。輪の外に出れば、皆、足早に過ぎていく。ステージから下りてきた小川氏を直撃した。

 代表選が今一つ盛り上がりに欠けるのは何故かと問うと、小川氏は「それは総理大臣を選ぶ(自民党の)総裁選挙と同列にはいかないです」。もっと盛り上げる手だてはないのかという質問には「どうですかね、自分たちは自分たちのことをやるだけだから」。

 ややもの足りない答えが代表選を象徴しているようにも思えるが、内部の議員はどう思っているのか。まずは、小川氏の25人の推薦人の1人に名前を連ねている鈴木庸介議員(46)の意見をきいてみよう。衆院議員会館の事務所を訪ねた。

 鈴木氏はNHKの元記者だ。「NHKではおもに首都圏放送センターに勤め、警視庁担当をして事件取材が多かったです。NHKには約7年間勤めて退職しました」(鈴木氏)。

 立憲のどのグループにも所属しておらず、小川氏とは「挨拶程度したことがあるだけ」(鈴木氏)という。ならば、なぜ推薦人になったのか。

「小川さんの例の映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』を見て、まっすぐな人柄、熱くて、人前で涙も隠さぬ情緒的なところ、言葉が胸に響くところに強い共感を覚えました」

 政治家としての生き方にも共感を覚えているという。

「幕末の志士みたいな感じがありますよね。“統計王子”とも呼ばれていて、数字、データにめっぽう強いんです。今の時代の閉塞状況を考えると、データに強く突破力がある政治家が求められていると思うのです」

 代表選に出馬したのは、小川氏のほか西村智奈美氏、泉健太氏、逢坂誠二氏の4人。立憲の国会議員は衆参合わせて140人。このうち90人が推薦人となっている。今、党の中では、各陣営が個別訪問にまわっている。

「うちの事務所にも、それぞれの陣営の方が資料を持っていらっしゃいます。決戦投票の時、誰に投票するかということも含めて、お話になる。妙な締めつけはいい意味でないですね。一期生でも、考え方と意見は究極まで尊重されますし、誰に投票しろというような命令は一切ないです。そこは立憲の良い風土だと思っています」

 党内には最大勢力で枝野氏、逢坂氏、小川氏らも入っている「サンクチュアリ」、菅直人元首相らが主導する「国のかたち研究会」、泉健太グループ、重徳和彦氏らの「直諫(ちょっかん)の会」など複数のグループが存在する。

「みなさん、自民党の派閥と同様に捉えようとするんだけれど、立憲の場合は勉強会みたいなものです。ですから、いくつもかけて入っている議員も多いです」

 代表選は国会議員1人2ポイントの280ポイント、国政選挙の公認候補予定者1人1ポイントの6ポイント、全国の地方議員143ポイント、党員・協力党員(サポーターズ)143ポイントで合わせて572ポイントで争われる。1回目の投票で過半数を獲得する候補者がいないと、上位2人による決戦投票にもつれ込む。

 共同通信の25日までの調査によると、立憲の国会議員140人の支持動向は、泉氏が約3割に当たる41人の支持を固めてリードし、小川氏、西村氏、逢坂氏はいずれも20人台で追う展開になっているという。ただし、党員・協力党員票は読みにくい。

「小川さんは人気がありますから、党員票は小川さんにかなり来るのではないでしょうか。私は46歳なのに、泉さんは47歳で8期。政策通で話ぶりも安定していますよね。4候補のうち誰が代表になっても、党のイメージ刷新になると思います」

 泉氏はニッポン放送の番組「飯田浩司のOK! Cozy up!」で、「一旦野党ヒアリングは取りやめていかなければいけないと思う」と語ったことが党内で波紋を広げた。

「私も野党ヒアリングのあり方を見直した方がいいと思います。官僚はこの国のシンクタンクですから、立憲も彼らとうまくつきあって、ただ単に官僚をいじめるのではなく、一緒に政策を作っていこうという考え方には賛成ですね」

 4候補はこれまで、共同記者会見や日本記者クラブ主催の討論会、北海道、福岡などでの討論会などに出席してきた。それでも、いま一つ盛り上がりに欠ける理由として、「主張の違いが見えにくい」と指摘されている。

「民主党の時代に、とにかくそれぞれの議員が主張し、党としては残念ながらまとまりがなくなってしまった。それを枝野さんがおもしになって、今まで前へ進めてきた。民主党時代の反省と教訓から、党としての主張のバラバラ感を出さないために、4候補のみなさんは自分の意見を一定程度抑えているのではないか。立憲としては誰が代表になっても変わらない党の方針があることを見せていく工夫ではないでしょうか」

 続いて、一期生の元朝日新聞政治部記者の山岸一生衆院議員(40)に聞いてみた。山岸氏はどこのグループにも所属せず、推薦人にもなっていない。正直、盛り上がらない代表選をどうみているのか。若手議員として危機感はないのだろうか。

「代表選は場外戦を含めて、いろいろと多面的なことをしていかないと、なかなか盛り上がらないのかと思います」

と真摯に語る。

 2カ月前の10月29日投開票だった自民党代表選では、岸田文雄氏、河野太郎氏、高市早苗氏、野田聖子氏の4候補が立候補。小泉進次郎氏、石破茂氏と河野氏との「小石河連合」などと話題満載だった。総裁選が脚光を浴びたことでリセットされ、凋落した内閣の支持率を回復させた。対して、立憲の場合は候補に知名度がない、スターがいないとも指摘されている。

「政策をどんなに熱く語ってもやっぱり、現実問題としてそれが届く層は限られてしまう。共産党や連合との共闘といったことしか一般には注目されないと思うんですよ。報じないマスコミが悪いのかというとそうとも言えない」

 では、今、何をすべきなのか。

「候補者がどんな人だか、わからないというレベルなわけだから、そこは私たちのほうがもう少し、発信の仕方、描き方というのを工夫しなければいけないと思います」

 そうした考えに基づき、立憲パートナーズ有志が「りっけんの代表選候補者を勝手に応援する議員・市民とパートナーズの勝手な討論会」をオンラインで開催しYouTubeにアップした。山岸氏は司会進行役を務めた。

「候補者本人ではなく、それぞれの候補者を熱く応援する4人に集まっていただいて、推しへの愛を語っていただきました」(山岸氏)

 応援者が主に語ったのは、候補者の政策の良しあしではなく、キャラクターだ。

「逢坂さんは穏やかにみなさんと話ができる人。(地元・函館では)『酒話会』を開き、逢坂さんを囲んでお酒を飲みながらざっくばらんに話している。逢坂さんはどんなに酔っぱらってもスマートで紳士的。アップルやデジタルツールに精通している」(逢坂陣営=地元函館市民の山崎藍さん)

「小川さんはなにかというとすぐにオイオイ泣くんで、すぐ人の気持ちと一緒になっちゃうんです。甘いものが好きでいきなり、シュークリーム3個をイッキ食いとかする。見ていると気持ち悪くなるのでやめて欲しい(笑)」(小川陣営=作家の和田靜香さん)

「西村さんは真面目で誠実な人。彼女が真剣な顔しているから、何を言うのかなと思ったら『腹へった』とか言うからズッコケる。真剣な顔をしていても、深刻になりすぎないで乗り超えられる人。これからのリーダーは彼女です」(西村陣営=打越さく良参院議員)

「泉さんは立命館大の頃から民主党京都の学生部で活動をしていた。末っ子で甘えん坊と言われていたみたい。25歳で衆院選に立候補して落選し、デイサービスで働きながら政治活動をやっていた。その頃、普通にジャージィ姿だったのを覚えています」(泉陣営=東京都足立区議の小椋修平さん)

 などと、とっておきの魅力的なエピソードを披露した。この討論会を、山岸氏は「政策論争ももちろん大事ですが、人柄がわかるのがよかった」と振り返った。

 次は、元毎日新聞政治部記者の渡辺創衆院議員(44)。2001年から09年末まで毎日新聞社で記者として働いた。新聞社を退職した後は宮崎県議を10年4カ月務めた。

「立憲はまだ4年しか歴史がないから、私は党の古参なんです。お金もない、議員もいないというところから、今では宮崎県で自治体議員16人、衆院議員1人というところまで来た。枝野さんと一緒に歩んで来たという気持ちだけは持っています」

 盛り上がっていないと言われる代表選については、

「この選挙は、創業代表の2代目を選ぶ選挙なんですね。地味だ、盛り上がってないという声もありますが、かつての民主党時代にあった極端な路線対立で盛り上がるよりも、2代目を選ぶ難しさを感じ、みんなまじめにやっている結果だと思うんですよ」

 民主党の崩壊を経て、立憲民主党が誕生し、無所属や旧国民民主党からも合流した。

「だからこそ、この党をみんなで大事にしているんです。民主党が崩壊した失望感から立ち上がったから、民主党時代よりも、党員、パートナーズ、自治体議員もはるかに立憲民主党に愛着を持っているんです。思いが強いんですよ。それがメディアの方々になかなか伝わらない。盛り上がらないのではなくて、大事にしている結果だと思いますね」

 候補者の中にスターがいないといわれる点についても、悲観的にみていないという。立憲には候補者以外には、蓮舫氏、岡田克也氏、小沢一郎氏、菅直人氏、安住淳氏、森裕子氏ら“スター”はいる。

「その方々は代表選に出ておらず、次世代に託すという選択をしたわけです。結果としてこの4人が出てきたわけですから、知名度が低くて当たり前。5年後、10年後はこの4人は誰もが知っている政治家になっているかもしれません。そういう代表選でいいんだと思っています」

 渡辺氏は党内のどのグループにも所属していないが、候補の西村智奈美氏の20人の推薦人に名を連ねる。

「西村さんのところの推薦人がどうしても足りないということで、推薦人になりました。西村さんとは同じ新潟大学を卒業していますし、私が大学生のころ、約半世紀ぶりに女性で新潟県議になった2人のうちの1人が西村さんでした。当時、学生新聞をやっていて、西村さんのところにインタビューに行ったご縁もあります。ここは何としても彼女に出てもらいたかった」

 西村氏はどんな人物なのか。

「西村さんは論客です。特にジェンダー問題に向き合っている。ジェンダーに象徴されるものは何かというと、息苦しさや生きづらさを感じている人たちにきちんと寄り添うということ。そういう政治をやりたいと思っている人です。これは西村さんだから提起できる政治的なイシューですよ」

他の候補者についても意見を聞いてみた。小川氏の前出の映画は「5回見た」という。

「小川さんは討論会で演説を聞いたらうまいし、情緒的な演説だけど、あれがいいんだよね。わくわく感がある。そういう情緒がないと、政治家の演説は力を持たないんですよ」

中道路線といわれる泉健太氏についても

「泉健太さんは政調会長だから一定知られていたかもしれないけど、まだ47歳であれだけ安定して話せることに驚かれた方もおられたかもしれない。そういう意味では間違いなくすそ野が広がっている」

 逢坂氏については「ミスター立憲民主党」だと話す。

「逢坂さんは今までもずっと党の政策的な責任者のラインを歩いて来た人。旧立憲の頃からの政調会長でしたし、国民のみなさんが多少でも耳にしたことのある立憲の政策を作るのに大きく関与してきた人です」

 4人を較べると……。

「情緒的な演説であおれるのは小川さんだと思うし、文字を起こして一番立派なことを言っているのは西村さん、政策通でいえば逢坂さん、総合力では泉さんですね」

代表選の国会議員票で泉氏がリードしていると報じられていることに関して、渡辺氏はこう言った。

「重鎮の先生方で推薦人になっている方が少ない。ビッグネームの枝野さんや福山哲郎幹事長、蓮舫さんらがどうするのか。マスコミ各社のアンケートにも答えてない人もいる。そうした人が20人くれば40ポイントあるんだから、また変わってくるということでしょう」

30日の投開票で誰が選ばれるのか。ひいては党勢回復の一歩となるか。結果に期待したい。(上田耕司)