先の総選挙で議席を減らした立憲民主党。枝野幸男氏が代表を退き、代表選に。名乗りを上げた4候補はどんな人物か。参議院選挙を控え、次期代表に課せられた責任とは。 AERA 2021年12月6日号から。

*  *  *

 立憲民主党がどんな党なのか時々、分からなくなる。同じ野党でも例えば「共産党」や「社民党」は、その名が体を表すように主義、主張が明確だ。ある意味、ブレることはない。思い出すのは2017年、同党を1人で立ち上げた枝野幸男前代表が演説の締めでよく使っていた「立憲民主党はあなたです」というフレーズだ。この言葉は、結党に際しSNS上にあふれた「#枝野立て」という人びとの声に呼応していた。

 しかし、その3年後、「政権交代」を掲げて国民民主党、無所属との合流を決断した辺りから、立憲の立ち位置が分かりにくくなり、枝野氏の求心力に翳(かげ)りが見え始める。そして先の衆議院選挙。立憲民主党は全国の小選挙区に214人の候補者を擁立。連合の支持を受ける一方、共産党を含む野党との野党共闘を実現した。しかし、結果は公示前の109議席からまさかの「13減」。与党が減らした議席は、これまで第三極と言われてきた「日本維新の会」へと流れた。この結果はメディアも予想しない展開だった。こうした経緯を経て、立憲民主党は代表選挙へと突入するのだった。

枝野氏とかぶるキャラ

 今、立憲は「結党の理念」と「政権交代のための数の論理」の間で揺れている。小選挙区制度の下、対峙する自民党、公明党が確実に選挙協力を整えてくる状況下、迎え撃つ野党第1党には、この政治的矛盾が確実につきまとう。単独での政権交代を事実上、放棄している「共産党」や「社民党」「れいわ新選組」とは無縁の課題だ。

 野党第1党につきまとうこの矛盾をどう整理し、立憲の党員や支持者にどう説明し納得してもらうか。これがポスト枝野に求められる最大の課題だ。その上で代表選に立候補した逢坂誠二元首相補佐官(62)、小川淳也国会対策副委員長(50)、泉健太政務調査会長(47)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)=届け出順=の4氏を整理する。

 立憲誕生時から名を連ねるのは逢坂氏と西村氏だ。当時、民進党代表で希望の党との合流を決断した前原誠司氏と行動を共にしていた小川氏は希望の党公認で総選挙を戦うも、選挙後の総会で「希望の党としての首相指名は、立憲の枝野幸男氏にするべきだ」と主張。その後、無所属に転じた後に立憲民主党へ。泉氏は解党後の「希望の党」の後継となる国民民主党から20年の合流時に立憲民主党に参加。つまり結党時からの1期生は「逢坂・西村」、出戻りの「小川」、新規参入の「泉」という図式だ。この立憲民主党との関わりが、そのまま4人の推薦人、政治的な立ち位置の微妙な違いにもなっている。

 その上で誰が代表になるかは全く分からない。順当に考えれば党内最大派閥のサンクチュアリが推す逢坂氏が有利だと言われている。事実上の枝野氏後継だ。北海道ニセコ町長を経て政界入り。町長時代から書き続けているブログは毎朝6時に更新される。同僚議員の間では「とにかく実直で実務能力にたける」と評判だ。しかし、代表選に向けてはキャラが「枝野氏とかぶる」という声もある。

「枝野さんは官房長官のポストで一躍有名になった人。とにかく真面目で内政向き。17年の結党時は“枝野立て”と多くの人の声に推されて代表になったが、本来、先頭に立って党の士気をあげるような立場は苦手。立案能力にたけていることはもちろんだが、どことなく地味な部分も逢坂さんはかぶる。幹事長ポストなら満場一致だろう」(立憲ベテラン議員)

夫をめぐる行動で亀裂

 逢坂氏本人もAERAの取材に「私は年齢的にも枝野さんより上。多くの人がこの選挙に刷新感を求めているのであれば、私は違うだろう」と語った。

 唯一の女性候補者として期待を集める西村氏。立憲の女性を代表するといえば辻元清美前副代表だったが、総選挙で落選。ジェンダー平等や選択的夫婦別姓を政権公約に掲げる政党として女性候補を擁立しなければ、という声に推されての立候補だ。民主党時代から一貫して平和や人権、ジェンダーなどに取り組んできた。しかし、リベラルの思想を体現する立憲の1期生でありながら、枝野氏ら前執行部の名前が推薦人にないのはなぜか。同党の会合で「14歳の子と同意した性交で逮捕されるのはおかしい」と発言し、党の正式な処分が出る前に離党した夫の本多平直前議員をめぐって執行部との間に修復しがたい亀裂があると、西村氏をよく知る同僚議員は証言する。

「執行部が決定した処分を撤回する嘆願書を、同僚に配布したことが問題視された。その理由はどうあれ、組織の決定を私情で覆そうとしたことで執行部の怒りを買った。立憲を支持する女性の間でも賛否がある」

国民民主と親和性高い

 突然の枝野氏の引責辞任。4人の中で唯一「代表になるプラン」が具体的にあるのは、代表選立候補2回目で立憲の政調会長の泉氏だけかもしれない。「所得税の最高税率引き上げ、将来の総合課税化を見据えた金融所得課税の強化、社会保険料の月額上限の見直しなどによる富裕層への応分の負担」「党幹部の半数を女性にする」など他の3人との「違い」を明確にする。陣営で脇を固めるのはソフトバンク社長室にいたことがある荒井優氏だ。同世代の若手起業家や経済人からの支持も厚い。ただ旧立憲の議員や支持者の間から警戒感もある。

「希望の党再び、となる可能性がある。旧立憲と現国民と、どちらと親和性が高いかといえば後者。本人は維新や国民との連携は否定しているが、手放しに支持はできない」(旧立憲所属のベテラン議員)

 4人のうち「化ける」可能性がある伏兵が小川氏だろう。小川氏の立ち位置は、右に泉氏、左に逢坂、西村の両氏。まさに中道ど真ん中だ。「永田町の論理」に背を向け続けてきた小川氏は、徹底して「有権者との対話」にこだわる。他の候補が国会議員、地方議員への電話かけなど党内の支持固めに総力を注ぐ中、小川氏の姿は街頭にあった。「青空対話集会」と名付けられた街頭集会。その場所は、17年の結党時、枝野氏が第一声に選んだ東京・有楽町だった。小川氏は自らの主張以上に、集まった観衆からの質問への応答に時間を割く。中には容赦ない批判もある。それでも、時間が許す限り、膝を折り、質問者の目線に立って答える。

 ある自民党ベテラン議員は、他党のことなので言及は避けるとしながらも「本人がオウンゴールさえしなければ」と前置きした上で「やりにくいのは小川」と笑う。

代表になる野心あるか

 そしてこう続ける。「政策で勝負するのはたやすい。ただ理念や理想を高らかに語られると自民党は弱い。何しろ政治の言葉の貧しさが露呈したのが安倍・菅政権。岸田さんだって熱く理想を語れるかといえばそうではない。小川氏のような青臭く、熱く、切ないほどの真っすぐな理想論が、自民党以上に有権者の気持ちの受け皿になる可能性はある」

 とはいえ党の三役すら経験したことのない小川氏に、立候補の覚悟があっても、自らが代表になる本当の政治的野心があるかは正直、分からないと同僚議員の一人は語る。

 代表選は30日。確実に決選投票にもつれ込むと予想される。誰になろうと参議院選挙まで8カ月しかない。野党第1党を死守できるかどうか。次期代表に課された責任はとてつもなく大きい。(編集部・中原一歩)

※AERA 2021年12月6日号