安倍晋三元首相銃撃事件から1週間以上が経過した今年7月17日に、公明党所属の盛月寿美(もりづき・ひろみ)静岡県議会議員が旧統一教会の関連団体が主催するイベントに出席していたことがわかった。政治家と旧統一教会との関係は連日報じられているが、銃撃事件後、それも1週間以上が経過して多数の報道がなされているなかでのイベント参加が明らかになるのは異例だ。

*  *  *

 イベントは、旧統一教会の関連団体・世界平和女性連合(WFWP)が主催した「留学生日本語弁論大会静岡県大会」。WFWPのホームページによると14人の応募があり、9人が本選に出場したという。

 WFWPは表向き、教育支援や女性の経済的自立支援、女性の地位向上などをテーマに活動するNGOだとしているが、その実態は旧統一教会のダミー組織だという。長年、旧統一教会問題に取り組んできた全国霊感商法対策弁護士連絡会の代表世話人・山口広弁護士がこう解説する。

「WFWPは、旧統一教会が正体隠しに使っている団体のひとつです。こうした団体の活動やイベントを通して一般の市民と親しくなり、宗教活動へと勧誘する。つまり、献金をさせる対象とすることを狙っています。統一教会の関連団体であることを隠して機関誌にタレントを登場させ、宣伝に利用することもやっていました。また、活動をテコに政治家に取り入ることで、霊感商法の摘発対策や、統一教会が目指す政策実現につなげる思惑を持っていることも間違いありません」

 盛月県議は自身のブログに、イベントに参加したことを写真付きで投稿していたが、のちに削除している。

■「ブログ記事を削除しました」

 盛月県議はAERAの取材に対し、文書で回答を寄せた。イベントには「以前からお付き合いのある知人からお声がけいただき、参加しました」とし、WFWPが旧統一教会の関連団体とは知らなかったと説明した。

「WFWPが旧統一教会系の団体であったことは、今月に入り党からの注意喚起がありはじめて認識しました。イベント主催団体が旧統一教会の関連団体であったことを知り、大変遺憾なことでしたので、ブログ記事を削除しました」

「(旧統一教会やその関連団体とは)今後一切関係を持ちません」

 公明党の支持母体である創価学会の会員の女性はこう嘆息する。

「党のスタンスを考えても、さすがに知っていて参加したとは思えない。『知らなかった』というのは本当だと思います。ただ、安倍氏銃撃事件から1週間以上たって関連団体についても多数の報道がされている時期に参加したとなると、さすがに脇が甘すぎるし、党の支持者としても恥ずかしいです」

■地方政治への浸透にも「力」

 WFWPやその他の旧統一教会関連団体はこれまで、その正体を巧妙に偽装してきた。盛月県議が参加したイベントは、県の外郭団体である静岡県国際交流協会が後援。朝日新聞記事によると、同協会はイベント終了後まで旧統一教会関連団体と認識していなかったという。

「世界平和」や「日韓友好」を掲げる自転車イベント「ピースロード」(天宙平和連合などの旧統一教会系組織が共催に名を連ね、実行委員会形式で運営)も、多数の議員の関与や公共団体の後援が明らかになった。

 ただ、いずれも団体名で検索すれば旧統一教会系の団体であることはすぐにわかる。

 山口弁護士は言う。

「統一教会は国政だけでなく地方政治への浸透にも力を入れていますが、事件後に明るみに出た一連の事例を見ると私たちの想像以上でした。イベントに参加するなど知らない団体と何らかの形で関与するときは、どんな背景や規約を持った団体なのか、最低限調べてから参加してほしいと思っています」

(編集部・川口穣)

※AERAオンライン限定記事